422日 ()

福井市
  • あわら市
  • 越前町
  • 越前市
  • 永平寺町
  • 福井市
  • 池田町
  • 勝山市
  • 美浜町
  • 南越前町
  • 小浜市
  • おおい町
  • 大野市
  • 鯖江市
  • 坂井市
  • 高浜町
  • 敦賀市
  • 若狭町

-/---%

アナウンサー&パーソナリティ

電車でゴー!恐竜博物館

2024.02.24 Saturday
 
福井駅から「えちぜん鉄道」に乗って県立恐竜博物館へ。
切符売り場で勧められたのが、「恐竜交通セット券」。
 

勝山市内のバスも使える「1日乗車券」
福井駅と恐竜博物館を往復するだけでも、かなりお得!
(他の所もまわればますますお得ですね)
 
恐竜博物館へは去年夏のリニューアル後、初めて訪問!
独断で選んだ「注目ポイント」をご紹介しましょう!

★注目ポイント その1「恐竜ミイラ化石」(アメリカから初上陸)
 

骨よりも筋肉や皮膚?が見える奇跡のような超レア恐竜化石!
砂の中から見つかったそうです。(ギネスブックに登録)

★注目ポイント その2「ダイノシアター」
 

福井駅前でおなじみの恐竜たちが、そのままタイムスリップ!
来場者も恐竜時代に入り込み、迫力と臨場感がたっぷりですよ。

★注目ポイント その3「福井県の恐竜たち」
 

恐竜王国福井で見つかった、たくさんの化石はやっぱり必見!
日本で発見された新種11のうち、福井で6種が見つかっています。

★注目ポイント その4「ダイノラボ」
 

ティラノサウルスの「目」は、正面を向いているんですねえ。
視界の奥行きが判断できて、獲物との距離も分かったとか。

★注目ポイント その5「地球からの贈り物」
 

美しい鉱物がずらーっと並んでいます。
人が吸い寄せられたかのように、賑わっていました。

他にも見どころが多く、テレビだけでは伝わってこない感動も。
多くの人を魅了するはずだなあと、改めて納得!
 

北陸新幹線開業後の賑わいがますます楽しみ。
「えちぜん鉄道」から見える景色も良かったですよ!



□□□□□□いと!うまし□□□□□□

「ザウルスカレー」  ザウルスキッチン(恐竜博物館前)

 ​​​​​​

恐竜がテーマの楽しいカレーライス。
葉っぱのお皿で登場~。

中辛のカレーで、ご飯は噴火した火山のよう。
まず、ティラノサウルスからやっつけましたー!

ローストチキンが特においしかったです。
場所はジオターミナルの中にあるフードコート。

ごちそうさまでした!

映画「罪と悪」

2024.02.17 Saturday
オール福井ロケで話題の映画「罪と悪」(年齢制限PG12)
主演の高良健吾さんが、闇の仕事も請け負う凄みある人物を熱演!

先日FBCにいらっしゃった時の柔和な印象と、全然違いました~。
作品は、福井出身の齊藤勇起監督の初長編で、脚本も担当。
 

俳優陣は、高良健吾さん、大東駿介さん、石田卓也さん、村上淳さん…
そして、佐藤浩市さんと椎名桔平さんの存在感はさすがでした。

次々と身近な場所も出てきて、県外の人には味わえない感覚でした。
8号線の向こうに一瞬だけ映った「FBC」も見逃しませんでしたよ~

高良さんも登場する「オレンジBOX」は、翌日確認へ(笑)
思わず、店内の上の方を見ました!(映画を観た人しか分かりませんね)

県内ロケは2022年夏とのことで、豪雨後の川の映像も。
当時はコロナの猛威もあり、撮影の苦労が偲ばれました。

近年福井ロケの映画が増えましたね(おしょりん、えちてつ物語、旅の贈りもの 明日へ…)
「罪と悪」はそれらとは異なるサスペンス&バイオレンス作品。
 

テアトルサンクで観ましたが、「おしょりん」も上映中でした!



□□□□□□いと!うまし□□□□□□

「ふぐ飯定食」と「てっさ」  建(敦賀市白銀町)

 

季節限定で食べられる敦賀フグの丼。
待っている間に気づいたメニュー「てっさ」も追加。

丼には、ポン酢で漬け込んだり湯引きしたフグの身と皮。
さらに、身のそぼろは甘い味付けで、酢飯の上に。

「てっさ」は、食べるとハッピーな気分が倍増しました。
定食1食分ぐらいの料金でしたが、極めて美味~!

お店の名前は「たけし」と読むそうです。
ごちそうさまでした!

試乗!敦賀発「北陸新幹線」

2024.02.10 Saturday
やっぱり速い~敦賀駅から約20分で福井駅です!
福井駅からも、停車時間を除くと20分ほどで金沢駅!

開業迫る北陸新幹線に一足早く乗ることができました~
4日間行われた試乗会の2日目で、出発は「敦賀駅」

 
新幹線のニュースを伝え続けて、かなり長い年月が経過。
ついに県内で乗ることができ、本当の実感が湧いた気がします。
 

以前に金沢~東京間は乗りましたが、やっぱり感動が違いましたね。
そして、見慣れた福井の景色があっという間に過ぎていくスピード!

それでも揺れが少ないのは、さすがです。
敦賀から1時間弱で、「金沢駅」到着!
 

駅のカフェで別の仕事を済ませて、1時間15分後に帰りの新幹線。
雪を戴いた白山が見え、小松の「木場潟」は意外と大きい!

「新九頭竜橋」は、特徴である車との並走は確認出来ませんでしたが…
「FBC本社」はしっかり見えましたよ~
 

福井市中心部では、歓迎してくれる「恐竜たち」の壁画。(北陸電力福井支店)
福井駅前は、まるで大都会のよう。
 

敦賀市に入ると視界がパッと広がり、港町と日本海の絶景です。
当面の終着駅は、多くの旅人を癒してくれそう。
 

今回は敦賀と金沢の往復でしたが、乗り換えなしの東京行きが楽しみ!
北陸新幹線敦賀開業は3月16日です。



□□□□□□いと!うまし□□□□□□

「このみそば」  中村屋(福井市足羽)

 

足羽山の茶屋に出ていた「十割そば」の幟に誘われて店内へ。
「おろし」「とろろ」「山菜」のセットをお願いしました。

県内産のそば粉を使い、毎朝打つそうです。
水は福井市内の湧き水を使用。

本格そば店のようなこだわりで、三種三様のおいしさ。
あっという間に平らげました~

お店の人は、「コウフクイズ」が大好きだそうです。
ミスターQに伝えたら、「サンQ~」と言ってました(笑)

ごちそうさまでした!

越前町プチ観光

2024.02.03 Saturday
能登半島地震から1か月。
まだまだ問題が多すぎて、日々被災された方々を案じています。

隣県に住む者として息の長い支援が必要ですね。
そして、福井県内でも観光への影響が続いています。

元日は震度4だった越前町は、「越前がに」シーズン真っ只中。
大きな被害はなかったものの、訪れる人が減ってしまいました。

 
応援の気持ちを携えて、プチ観光に行ってきました。
山の上にある「蟹かに亭 水仙ランド店」を初めて訪問。

食べる前に「越前かに」を、窓の向こうの絶景バックにパシャ!

絶妙の塩加減と旨味がジュワ~っと口に広がる…

 
「冬の味覚の王者」に相応しい究極の美味しさ!
食べ終わる頃にはホカホカごはんが登場し、名物「かに味噌丼」に。

 
他にもお刺身やフライなどをいただいて、お腹がパンパン!
「寒ブリ」など冬の日本海の魚も、ぜひ多くの人に味わってほしいです。

 
この日は冬型が緩んで、越前水仙にも日差しが当たっていました。
越前海岸、あわら温泉、東尋坊…福井の観光地は「通常営業中」です!
最近のエントリー
月次アーカイブ
最近のエントリー
♪フロム~「トレタス」グリーンスタジオ!(2024.04.18)
月次アーカイブ