410日 ()

福井市
  • あわら市
  • 越前町
  • 越前市
  • 永平寺町
  • 福井市
  • 池田町
  • 勝山市
  • 美浜町
  • 南越前町
  • 小浜市
  • おおい町
  • 大野市
  • 鯖江市
  • 坂井市
  • 高浜町
  • 敦賀市
  • 若狭町

-/---%

番組審議会だより

第622回 『福井放送番組審議会議事概要』
2020年2月28日 開催

2020年2月28日 開催
第622回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

令和2年2月28日(金)午後4時~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

野村直之/清水葉子/渡邉徹也/岩野麻貴子/遠藤富美夫/髙見和宏

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • ラジオ番組
    「放課後☆LIVE」

【5】審議概要

  • ラジオを聴いたことがない若者へ向けてSNSと連携させた新しい試みもしており、学生を対象にした内容になっていた。
  • 連携しているツイッターを見ながら聴くと、次も聴きたくなる仕掛けになっていて興味がわいた。
  • 女性パーソナリティーのキャラクターが明るく、好感が持てた。
  • 二人のトークのテンポが早く感じたが、若者にはちょうど良い。
  • 番組中にツイッターをどう活用しているのかがわかりにくかった。
  • パーソナリティーが「ラジオの前に集合」と言いながら、対象の学生リスナーが帰宅途中で、部活帰りで、自宅で、と、どのようなシチュエーションで聴いていることを想定して喋っているのか見えてこなかった。
  • リスナーとの直接的な交流も無く、誰に聞かせているのかわからなかった。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第621回 『福井放送番組審議会議事概要』
2020年1月31日 開催

2020年1月31日 開催
第621回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

令和2年1月31日(金)午後4時~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

野村直之/清水葉子/登谷大修/小林真由美
吉川雄二/安田年博/遠藤富美夫/髙見和宏

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組
    日本のチカラ「海をわたる農業~土でつながる世界の輪~」

【5】審議概要

  • 野菜の色がとても綺麗に映しだされていた。「見せる農園」を目指したいという取材対象者の思いを丁寧に映像化することで「綺麗」に映っており効果的だった。音楽の選曲も、テーマである「農業」に合っていてよかった。
  • 「農業」がメインなのか、農業を通した「国際協力」がメインなのか、不十分だった。インドネシア実習生を中心にもっと描いても良かった。
  • 「ビジネスプラン」という言葉がしきりに出てきたが、農業も当然ビジネスにつなげなければいけないという現実的な問題であることを改めて感じた。
  • 実習生たちはインドネシアで農業で裕福な生活ができるのか、卒業後に暮らしが成り立つのか、そもそもなぜ農業を実習しにきているのか、その背景を知りたかった。
  • タイトルの「日本のチカラ」から、いわゆる「国力」とは何かを考えた。「技術力」だけでなく「農業」も「日本のチカラ」であることを改めて感じた。
  • 番組を通じて日本の若者に農業を知ってもらえると良い。
  • 全国向けの番組なのでもっと福井らしさが出ているとよかった。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第620回 『福井放送番組審議会議事概要』
2019年12月6日 開催

2019年12月6日 開催
第620回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

令和元年12月6日(金)午後4時~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

野村直之/渡邉徹也/登谷大修/宮﨑和彦
小林真由美/岩野麻貴子/安田年博/遠藤富美夫

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組
    「お散歩かーしぃ」(おじゃまっテレワイド&ニュース内コーナー)

【5】審議概要

  • 川島アナの巧みな話術とカメラマンの技量で、6分から7分のコーナーの中で、しっかりと起承転結があり、上手にまとめられていて面白く見られた。
  • 何気ないことを「アポなし」で取材しているのがよくわかった。取材対象者の笑顔など、自然体を引き出していて好感が持てた。
  • NHKとのコラボは新鮮で面白かった。
  • 多くの県民をテレビに出演させるというコンセプトの番組としてひきつけられた。
    アナウンサーの技量も高く、どんな取材対象であっても話題に昇華できるのは素晴らしい。
    5分という時間もコーナーとして丁度いい長さで、色んな情報が織り込まれていて良かった。
  • タイトル「お散歩かーしぃ」のかーしぃが川島アナの事だとわからなかった。常連の視聴者にはわかるだろうが、新しいファンをつかむためにも、どこかで説明を入れるとより親切だと感じた。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第619回 『福井放送番組審議会議事概要』
2019年10月25日 開催

2019年10月25日 開催
第619回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

令和元年10月25日(金)午後4時~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

野村直之/清水葉子/渡邉徹也/岩野麻貴子/安田年博/遠藤富美夫

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組
    日本の祭り「神に捧げる太鼓の音~高浜七年祭~」

【5】審議概要

  • とても大作で力作だった。「高浜七年祭」のことがよく分かった。
    躍動的な、迫力のある良いお祭りだと実感できた。
  • 「高浜の青葉山」「地域を染める夕やけの空」「若い男たちの太鼓のバチさばき」など、
    印象に残るカットを効果的に組合せ、良い映像を丁寧に構成しており見応えがあった。
  • 長期にわたる取材で祭り本番に向けて盛り上がっていく構成が良かった。
    一つの祭りを集中してみることができた。見ていて祭り本番への期待感が高まった。
  • 記録映像としても価値がある。特に今年は「令和元年」の祭りだったため、
    その映像価値も高いと思う。
  • 地域の人たちの熱意は伝わったが、番組タイトルにある「神に捧げる」という部分が伝わらず
    違和感を持った。
  • 昭和時代の写真だけでなくもっと以前の資料など、時代と共に祭りがどう変化してきたのかが
    わかると更によかった。450年続く祭りの歴史と伝統をもっと知りたくなった。
  • 3地区の中で、なぜその1地区に焦点を当てたのかがわからなかった。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第618回 『福井放送番組審議会議事概要』
2019年9月27日 開催

2019年9月27日 開催
第618回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

令和元年9月27日(金)午後4時~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

野村直之/清水葉子/渡邉徹也/宮﨑和彦
小林真由美/永井侯/安田年博/遠藤富美夫

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組
    FBCスペシャル「城勝湯 きょうも沸いてます!」

【5】審議概要

  • 工夫された映像を駆使していて変化かあった。
    冒頭やエンディングの場面は映画を見ているような映像だった。
  • ほのぼのとした感じで、BGMの音楽もコミカルで楽しかった。気軽に面白く見られた。
  • そもそも大学生たちが銭湯を復活して地域を活性化させたいという思いに至ったのかが伝わってこなかった。具体的なプロジェクトのビジョンが見えるとよかった。
  • 今後はテーマを絞り込んで何を伝えたいのかを明確にし、長い期間の取材を経て季節感を出していくとよいと思う。
  • 主役は誰なのか番組の焦点が定まっていなかった。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第617回 『福井放送番組審議会議事概要』
2019年8月30日 開催

2019年8月30日 開催
第617回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

令和元年8月30日(金)午後4時~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

野村直之/渡邉徹也/宮﨑和彦/小林真由美
永井侯/岩野麻貴子/吉川雄二/安田年博

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • ラジオ番組 
    午後はとことん よろず屋ラジオ「思わず人に話したくなる 元号スペシャル!」

【5】審議概要

  • 「令和」になったばかりのタイムリーな番組で関心を持った。
  • 「思わず人に話したくなる」のタイトル通り、雑学の本やコラムなどを読んでいるような感覚になり楽しかった。福井ならではの身近な元号の情報もあり勉強になった。
  • 全部で4時間の長時間ワイド番組だが、パートごとの部分を聞いてもそれぞれ面白く飽きずに聴けた。
  • 改元について分かり易く解説しながら、一方で福井の街中でも元号を探すという2つの柱がしっかりしていて聴き応えがあった。
  • ゲストの作家、藤井青銅さんとの掛け合いがリズム良くて聴きやすかった。テンポも良く、元号のことがよくわかり参考になった。
  • 元号の文字など漢字をラジオで伝えるのは難しい。ラジオならではの伝え方、内容で引き付ける工夫があるかが勝負だと感じた。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第616回 『福井放送番組審議会議事概要』
2019年7月26日 開催

2019年7月26日 開催
第616回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

令和元年7月26日(金)午後4時~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

野村直之/清水葉子/渡邉徹也/登谷大修/宮﨑和彦
永井侯/安田年博/遠藤富美夫

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組
    FBCスペシャル2019
    「“まちクラブ”の挑戦~福井丸岡RUCK イタリアの強豪に挑む~」

【5】審議概要

  • 試合の模様だけでなくイタリア選手が丸岡城の見学のほか、浴衣や足湯など日本を感じる体験で交流を深めているシーンがよかった。
  • 女子選手はみないきいきと、よい顔をしていた。若い選手たちの笑顔は見ていて励みにもなった。
  • 選手だけでなく、家族や仲間などが一丸となって取り組み、地域の活性化に貢献していることが伝わった。
  • エンディングで小さい子供がボールを追って楽しんでいる姿は「丸岡RUCK」の明るい未来を表現していてよかった。
  • イタリア選手のインタビューが少なく感想のコメントが聞けなかったのが残念だった。
  • もう少し「丸岡RUCK」と「イタリアチーム」の情報や、フットサルというスポーツの基本情報も入れて欲しかった。
  • 現場の音、BGM、ナレーションで聞きづらい箇所があった。
  • タイトルの「挑戦」という感じが足りなかった。もっと挑む姿を追って欲しかった。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第615回 『福井放送番組審議会議事概要』
2019年5月31日 開催

2019年5月31日 開催
第615回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

令和元年5月31日(金)午後4時~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

清水葉子/渡邉徹也/宮﨑和彦/安達洋一郎/小林真由美/吉川雄二/安田年博

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組
    FBC大人プロジェクト 今だって、青春~第二の人生を彩る~

【5】審議概要

  • 「定年後にブレイクダンスを始めた男性」「バンドでドラムを叩く女性」「ピザ店を開業した夫婦」「山登りに挑戦し続ける女性」と、4組のエピソードがしっかりまとめられていて、それぞれの熱意と行動力に驚いた。
  • 進行役の日野陽仁さんが福井弁でコメントしており、親近感があって良かった。
  • どれもが理想的な「第二の人生」で参考になった。いまの自分が定年後に何が出来るのかを考えるきっかけになった。
  • 定年後に限らず、どの世代でも「自分の居場所」を見つけて夢中になることで、いきいきした表情で人生を過ごせると感じた。
  • 自分自身、実際にこのような生活が出来るかというと理想が高いと感じた。
  • 番組で紹介する順番に違和感があった。最初に心をつかむインパクトのあるエピソードを持ってくるなど飽きさせない工夫が必要だ。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第614回 『福井放送番組審議会議事概要』
2019年4月26日 開催

2019年4月26日 開催
第614回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成31年4月26日(金)午後3時45分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

野村直之/清水葉子/渡邉徹也/登谷大修/宮﨑和彦/安達洋一郎
吉川雄二/安田年博

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • 番組種別放送時間について
  • テレビ番組
    魅力満載!福井VS高知 とことんお国自慢スペシャル

【5】審議概要

  • 福井と高知の対決の構図が明確で、楽しい番組に仕上がっていた。
  • 地方創生として、ローカル局同士が共同制作し発信することは意義のある取組みだ。
  • 福井の再発見もあり、一方で高知へも行きたくなった。
  • 高知の廃校になった校舎を水族館にして活用しているアイデアには驚いた。町おこしの参考になる紹介だった。
  • 福井と高知の歴史的な繋がりだけではなく、現代の繋がりや交流の様子も取り上げてほしかった。
  • お互いの県のイメージを、現地のインタビューで知りたかった。
  • 取り上げていた場所の地理的な距離感がわかりづらかった。移動時間や地図テロップで具体的な位置を示すなど工夫が必要だ。
  • 番組の視聴対象が明確でなかった。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第613回 『福井放送番組審議会議事概要』
2019年3月22日 開催

2019年3月22日 開催
第613回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成31年3月22日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

野村直之/渡邉徹也/登谷大修/安達洋一郎/永井侯/吉川雄二

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組 日本のチカラ まち・ひと・医者~福井発!赤ふん坊やと地域医療~

【5】審議概要

  • 主人公であるお医者さんの行動力や人間的な魅力に感銘を受けた。
  • 町が活気づき高齢化社会を明るく捉えることで、健康寿命を延ばすことにつながる。
  • 地域医療のこれからの在り方を知るいい機会になった。
  • 「心の距離が近くないと、どんなに病院が近くてもだめ」という言葉は印象的だった。
  • 地域医療のネガティブなイメージが、地域医療は楽しいというポジティブに映り、力強く感じた。
  • ボランティアの活動が明確でなかった。ボランティは何人いるのかなど、具体的なことも知りたかった。
  • 医師の原動力となる思いをもう少し浮き彫りにしてほしかった。
  • 地域医療は一人の努力だけでは続かない。多くのマンパワーが集結することに期待したい。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第612回 『福井放送番組審議会議事概要』
2019年2月22日 開催

2019年2月22日 開催
第612回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成31年2月22日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

野村直之/清水葉子/渡邉徹也/安達洋一郎/小林真由美/永井侯

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • ラジオ番組 田中編集長のサントラ大作戦・坂本龍一特集(1)

【5】審議概要

  • 素敵な映画サントラ曲が多く聴けて楽しかった。
  • 一人の作曲者に焦点をあてて多くの作品の音楽を聴けるのは有意義で楽しい。解説もちょうどよい具合に入って聴きやすかった。
  • 音楽を聴いてその時代を振り返ることができた。リスナーは自分なりのそれぞれの聴き方で楽しめる番組だと思う。
  • 音楽を流す前に、制作された年代など時代背景を紹介して欲しかった。
  • 映画を観ていない人にも、曲の使われたシーンや映画全体の解説が入るともっとイメージしやすく聴き応えが増すと思う。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第611回 『福井放送番組審議会議事概要』
2019年1月25日 開催

2019年1月25日 開催
第611回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成31年1月25日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

野村直之/上田孝典/清水葉子/渡邉徹也/登谷大修/宮﨑和彦/
安達洋一郎/小林真由美/永井侯/吉川雄二

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組 FBCスペシャル2018
    「第12回全国高校生食育王選手権大会~食に青春をかけた熱い戦い~」

【5】審議概要

  • 「食育王選手権大会」が福井で12回も行われていて、全国から高校生が出場するのは面白い。素晴らしい取り組みだ。
  • 「食育」の由来などの説明を番組内で入れて欲しかった。
  • イベントをそのまま放送するのではなく、料理に対する熱い思いなど、高校生の生の声をもっと聞きたかった。
  • 調理方法や審査のポイントを詳しく説明することで高校生たちの「食」に対する意識がもっと高まるのではないか。
  • 当日のイベントをメインにしていて審査員の声ばかりが目立った。
  • 開会式から表彰式までイベント順にするのではなく、番組自体の構成で料理やコンセプトをしっかり伝えて欲しかった。
  • 10チームをまんべんなく取り上げるのではなく、もう少しスポットを絞ったほうが見やすい。出場チームの事前取材があってもよかった。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第610回 『福井放送番組審議会議事概要』
2018年12月7日 開催

2018年12月7日 開催
第610回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成30年12月7日(金)午後3時45分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

野村直之/上田孝典/清水葉子/渡邉徹也/登谷大修/安達洋一郎/永井侯/岩野麻貴子

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組
    FBCスペシャル「Dream歓喜の先へ~福井国体総集編~」

【5】審議概要

  • 地元選手の家庭の様子を取材し、家族の応援コメントを織り交ぜた構成はストーリー性があってよかった。
  • 勝った選手だけでなく負けた選手たちの悔しさをしっかりとフォローしていた。
  • 普段なじみのない競技でも素晴らしい試合場面を観て感動した。実際に試合を観に行きたくなった。
  • 福井県が天皇杯・皇后杯を獲得できたのは選手たちが頑張ったからだけでなく、応援する人の力があってのことと再認識した。
  • 国体以降の次代を見据えた展開がしっかりと描けていた。これからも応援したくなった。
  • 小型カメラを使って競技者の目線でとらえた映像は新鮮だったが、もうすこし長く観ていたかった。
  • 国体を陰で支えるボランティアやスタッフなどにスポットをあてる場面も欲しかった。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第609回 『福井放送番組審議会議事概要』
2018年10月26日 開催

2018年10月26日 開催
第609回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成30年10月26日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

野村直之/上田孝典/清水葉子/渡邉徹也/宮﨑和彦/小林真由美/吉川雄二

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組
    おじゃまっテレ18時台 水曜日放送のシリーズ(隔週)
    「平成のキオク」
    1)ロシアタンカー重油流出事故
    2)北朝鮮拉致問題
    3)変わるエキマエ
    4)進化したケータイ

【5】審議概要

  • 重油流出事故、拉致問題、福井駅前の変遷は、まさに「福井の平成」としてわかりやすく描かれていた。
  • 平成が終わる前に時代を総括するのはたいへん意義深い。
  • 時代を振り返るだけでなく、後継者不足など次代への問題提起を示すなど深く掘り下げていた。
  • 福井駅前の変遷がわかる映像は懐かしく心が揺さぶられた。
  • 年数が経つほどに値打ちがある映像だ。
  • 時代を振り返ることで、新しい次の時代に向けたヒントが得られる番組だった。
  • 30分や1時間番組にまとめて放送してもらいたい。
  • 平成を振り返るだけでなく新たな時代には生活がどう変化するのか、この先の予見的な具体例を提示して欲しかった。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第608回 『福井放送番組審議会議事概要』
2018年9月21日 開催

2018年9月21日 開催
第608回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成30年9月21日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

野村直之/清水葉子/渡邉徹也/登谷大修/宮﨑和彦/安達洋一郎/小林真由美

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • ラジオ番組
    生ワイド番組 午後はとことん よろず屋ラジオ
    「許せない!特殊詐欺 絶対にだまされないぞ スペシャル!」

【5】審議概要

  • 詐欺の様子や事例、予防策など、多面的な要素が組み込まれていた。
  • 特殊詐欺に対する防犯バイブルとしてまとまっており、世の中の役に立つ番組だ。
  • 実際にだましの電話をしている詐欺グループとの会話を聞けたのは貴重だった。卑劣な詐欺の手口の実態がわかる音源だ。
  • 福井で起きた事例を、具体的に身近な地名を出して紹介していたのでリアルさが伝わり他人事ではなかった。
  • タイトルの「絶対にだまされないぞスペシャル」に、番組の意気込みを感じた。啓発番組として有意義な番組だ。
  • 詐欺グループがどうやって電話番号を調べているのかが気になった。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第607回 『福井放送番組審議会議事概要』
2018年8月24日 開催

2018年8月24日 開催
第607回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成30年8月24日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

野村直之/清水葉子/渡邉徹也/小林真由美/永井侯/岩野麻貴子/吉川雄二

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組 「Dream 福井国体 夢宣言」

【5】審議概要

  • 多くの情報が凝縮され見応えがある番組だった。選手の笑顔が素敵で、福井国体を身近に感じて応援したくなった。
  • 障害者のスポーツに取組む意欲が逞しく、ハンディを乗り越える姿に益々応援したくなった。
  • 国体の応援オリジナルソングと夢宣言である「選手の目標」をまとめて、1本の総集編として放送してほしい。
  • 週1回の放送ではなく、もっと多く放送すれば福井国体が盛り上がり、地域の放送局としても意義のある番組となる。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第606回 『福井放送番組審議会議事概要』
2018年7月27日 開催

2018年7月27日 開催
第606回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成30年7月27日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

野村直之/渡邉徹也/宮﨑和彦/安達洋一郎/小林真由美/永井侯

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組 FBCスペシャル2018「いのちのレシピ 次の時代へ残す味」

【5】審議概要

  • 音楽とナレーションが合致していて感動的な番組だった。
  • 「心で作り、心で味わう」「食は生命なり」「手間を惜しまない」など料理の考え方が伝わってきた。
  • 1000枚のレシピをしっかり管理して、番組で語っていたトシさんの語録も含めて、実際のレシピを見てみたくなった。
  • 2年間のドキュメント番組で料理だけでなく老いや家族関係、次の世代への伝承もあり見ている側も考えさせる番組だった。
  • 人生経験のある方の言葉は重みがあり、文字もしっかりしていて90歳を超えているとは思えないくらいのバイタリティーだ。
  • レシピの全体像がわからなかった。しっかり保管されているのか、無造作に置かれているのか、描写して欲しかった。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第605回 『福井放送番組審議会議事概要』
2018年5月25日 開催

2018年5月25日 開催
第605回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成30年5月25日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

野村直之/上田孝典/清水葉子/宮﨑和彦/安達洋一郎/小林真由美
永井侯/吉川雄二

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組 NNNドキュメント‘18「かに一番漁~親子をつなぐ操業日誌」

【5】審議概要

  • 「操業日誌」に焦点をあてたのは興味深かった。
  • 「操業日誌」の内容は場所、潮の流れ、気圧などの気象情報と、一見数字の羅列だが、細かいデータを積み上げて「一番漁」であり続けることに感銘を受けた。
  • 13年間追いかけた重みがあり30分の番組ではもったいないと感じた。
  • 取材スタッフは親子と信頼関係を築き、綺麗ごとだけではない本音の部分をうまく引き出していた。
  • 息子の「父はずっと目標でした」という一言は印象に残った。
  • 海難事故の場面は、船長としての重みを息子があらためて自覚したことが表されており感銘を受けた。
  • 父の跡を継ぐと決意したときの母親の思いや、新しい船長に迎えた時の乗組員たちの思いもあるとよかった。
  • 父から息子への継承が簡単に成功していたようにみえたが、苦労や迷いなどもあったはず。もう少し描いてほしかった。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第604回 『福井放送番組審議会議事概要』
2018年4月27日 開催

2018年4月27日 開催
第604回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成30年4月27日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

野村直之/上田孝典/清水葉子/渡邉徹也/登谷大修
宮﨑和彦/安達洋一郎/永井侯/吉川雄二

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • 番組種別放送時間について
  • テレビ番組
    FBC大人プロジェクト この町で生きていこう~福井で叶える夢~

【5】審議概要

  • Uターン・Iターンの促進になるいい番組だった。
  • 移住者の方々は充実した話しぶりで、笑顔がすごく印象的だった。
  • 福井の良さを再発見できた。県外に出ていった方にも福井の魅力が伝わる番組だった。
  • 移住してきた方々は福井で夢を叶えており、その勇気や決断力の大切さを感じた。
  • 人生の楽しみを見つめ直し、よりよく生きていくためのヒントをもらえた。参考になった。
  • 石塚運昇さんの民話の語りはひき込まれた。
  • 移住してきた方がなぜ福井を選んだのかが明確でなかった。
  • もっと福井の良さを全面に出したほうが良かった。
  • 1時間番組の中でたくさんの移住ケースを取り上げていたが並列的な紹介に終始してしまった。
  • 移住している方々の生活面・経済面の情報を織り込んで欲しかった。
  • 移住者だけでなく地元の人達がどう感じているかわかると番組も多角的となり深みが増した。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第603回 『福井放送番組審議会議事概要』
2018年3月23日 開催

2018年3月23日 開催
第603回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成30年3月23日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

野村直之/上田孝典/清水葉子/渡邉徹也/登谷大修/安達洋一郎/永井侯

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組 FBC報道特別番組「閉ざされたくらし~2018年福井豪雪~」

【5】審議概要

  • 8号線の立ち往生、住宅街の除雪の停滞、燃料不足などに至った原因の解説が丁寧に取材されており、なぜそのような状況になったのかということがよくわかった。
  • 住民による助け合いの場面など、人の温かみを強く感じた。
  • 8号線の立ち往生に特化した番組でなく、それぞれの地域でそれぞれの市民、県民が巻き込まれた大変な大雪だったことが改めて伝わった。
  • 豪雪から3週間という早い段階で特番にまとめたのは記録としても意義深い。
  • 定点カメラでの雪が降り積もっていく様子や、空撮による一面真っ白な町並みは普段の生活ではみられない。テレビならでは手法であり、貴重な記録映像だ。
  • 課題が浮き彫りになる番組だった。今後も課題を検証し、教訓として活かせるような検証番組を期待したい。
  • 歴史に残る30分番組だった。永久保存版として完成された番組だ。
  • 自然の猛威の中、人の温かさ・地域の良さも伝えていた。
  • 行政の動きが少なかった。大雪の対応に行政がどう関与していたのか知りたかった。
  • 孤立集落や高齢者世帯の様子も織り込んだほうがよかった。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第602回 『福井放送番組審議会議事概要』
2018年2月23日 開催

2018年2月23日 開催
第602回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成30年2月23日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

野村直之/清水葉子/渡邉徹也/宮﨑和彦/安達洋一郎/永井侯

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • ラジオ番組 『一日まるごと小浜』

【5】審議概要

  • ワイドFMの音質がよかった。
  • 7時間という長時間ワイドだったが「一日まるごと」企画として、どこから聞いても分かりやすく飽きのこない良い構成だった。
  • 地元の人がたくさん出るラジオ番組は、地域密着メディアならではで楽しく聞けた。
  • ラジオで地域の方に情報を提供することはリスナーにとって大きな支えになる。ラジオでの情報はライフラインなので、いざというときのためにも開局は良いことだ。
  • 焼きサバの食べるシーンは臨場感が伝わって、聴いていて美味しく感じた。
  • トークだけでなく、地元にゆかりのある作家の作品を朗読するなど、ほっと一息つけるパートがあっても良かったのではないか。
  • グルメ情報ではラジオで場所の説明は難しいので、ホームページを連動させるとリスナーも訪れたくなると思う。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第601回 『福井放送番組審議会議事概要』
2018年1月26日 開催

2018年1月26日 開催
第601回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成30年1月26日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

野村直之/上田孝典/清水葉子/渡邉徹也/登谷大修/宮﨑和彦/安達洋一郎
小林真由美/吉川雄二

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組 『日本のチカラ 1500年をつなぐ紙~女神が漉く伝統』

【5】審議概要

  • 女性職人に焦点をあてて現代の職人の志やこだわりが伝わって興味深い番組だった。
  • 「日本のチカラ」というタイトルが、福井の強い女性にぴったりだった。越前和紙を若い世代に引き継いでいく熱い思いを感じた。
  • 伝統産業については産地活性化のためにも継続的に番組で取り上げて応援してもらいたい。
  • 若い人がなぜ越前和紙の職人を目指したのか、そのきっかけをもう少し詳しく知りたかった。
  • 夢に向かって苦労する場面があるとよかった。
  • 日本で有数の産地なのに越前和紙の認知度が低いのが残念。他の和紙との違いについてもクローズアップすると番組に奥行きがでた。
  • 30分の番組で二人の女性の夢を紹介するのは短すぎて物足らなさを感じた。ひとりに焦点をあててまとめても良かったのでは?

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第600回 『福井放送番組審議会議事概要』
2017年12月1日 開催

2017年12月1日 開催
第600回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成29年12月1日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

野村直之/清水葉子/渡邉徹也/登谷大修/安達洋一郎/岩野麻貴子

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組 『FBCスペシャル Dream~福井国体への躍進~』

【5】審議概要

  • 愛媛での国体開催県の受け入れぶりを丁寧に取材しており、来年の福井国体に向けて参考になった番組だった。
  • 競技のほかに、地域ボランティアの「おもてなし」など、福井国体にむけての課題をうまく構成していた。
  • 競技会場のボランティアとは別に、選手が宿泊する民泊地域でも違うサポートがあり、新たな交流が生まれることがわかった。
  • 福井県選手だけでなく他県の選手も取りあげており幅の広い番組だった。
  • 選手の試合前の緊張や決意も取材しており、単に競技の勝敗だけでは表わせない部分もしっかりとフォローしていた。
  • 来年の福井国体もしっかりと「おもてなし」の心で国体にのぞまないといけないと強く感じた。
  • 愛媛県全体での盛り上がりがどうだったのかがわからなかった。
  • 国体やスポーツに関心のない人にも、福井県選手を応援したくなる工夫が欲しかった。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第599回 『福井放送番組審議会議事概要』
2017年10月27日 開催

2017年10月27日 開催
第599回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成29年10月27日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

野村直之/清水葉子/渡邉徹也/安達洋一郎/小林真由美/永井侯/吉川雄二

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組 『福井で夢の9秒台~学生アスリート達の挑戦~』

【5】審議概要

  • オープニングから桐生祥秀選手の10秒をきった「9.98」の映像はあらためて感動し、番組にひき込まれた。
  • 地元福井の陸上競技場の第5レーンが聖地となり、地元の子供達のやる気、目標ができた。今後につながる良い番組だった。
  • 福井国体に向けて、情熱や気力が上げるきっかけとなるよい番組だった。
  • トークショーの部分は陸上選手たちの素の部分がでていたが、番組として見ていて長かった。
  • 10秒の壁を破ったすごさを選手達のインタビューや過去の記録映像などで紹介してほしかった。
  • 記録が達成されるまでの桐生選手の緊張感が伝わるとよかった。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第598回 『福井放送番組審議会議事概要』
2017年9月29日 開催

2017年9月29日 開催
第598回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成29年9月29日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

野村直之/上田孝典/清水葉子/登谷大修/宮﨑和彦/小林真由美/吉川雄二

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • ラジオ番組 防災特別番組『そのとき、命を守るために』

【5】審議概要

  • 毎年、福井震災のあった時期に合わせて防災特番を放送することは意義深い。災害時のラジオの重要性を再認識した。
  • 「そのとき、命を守るために」というタイトルが合っていた。このラジオ番組を聞いたかどうかで「命の分かれ目になる」くらいの情報が含まれていた。
  • 防災と生活を分けず、日頃からの生活が防災につながるという「生活防災」の考え方が「命を守る」ことにつながると心にしみた。
  • 福井は車社会だが『ガソリンは半分以下になったら給油しておく』生活習慣が、いざというときの備えにつながる「生活防災」の提案には納得した。
  • スタジオの会話が大人数だと、誰がしゃべっているのかが判然とせず、やりとりも長く続くと間延びしてしまう。
  • 昨今、各地で豪雨災害や土砂災害などが多発している。地震だけでなく、様々な災害についての内容があるとよかった。
  • 短い番組でよいので今後も定期的に防災をテーマに放送してほしい。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第597回 『福井放送番組審議会議事概要』
2017年8月25日 開催

2017年8月25日 開催
第597回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成29年8月25日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

野村直之/清水葉子/渡邉徹也/宮﨑和彦/小林真由美/永井侯/吉川雄二

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組 FBCスペシャル2017
    「白亜紀にもイクメンがいた!?~恐竜誕生の謎に迫る~」

【5】審議概要

  • 恐竜の化石といえば「骨」と思っていたが「卵」の化石に特化する視点が面白く、最後まで楽しく見ることができた。
  • 子供たちにぜひ見て欲しい内容だった。
  • クイズの豆知識も入っていて、番組を見てから県立恐竜博物館に行くと知識が深まると感じた。
  • キレイな映像にBGMがあっていて引き込まれた。
  • 普段見られない中国取材による化石の発掘現場の場面は貴重だった。
  • 用語ではなく子供が見てわかりやすい映像の工夫があるとよかった。
  • 恐竜が卵を温めていた可能性があるとの説明があったが、タイトルの「イクメン」につながるオスが卵を温めていたのかどうかがわからなかった。
  • 中国の発掘現場で埋もれた骨の化石が恐竜のどこの部位かがわかりにくく、もう少し分かり易く伝えてほしかった。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第596回 『福井放送番組審議会議事概要』
2017年7月28日 開催

2017年7月28日 開催
第596回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成29年7月28日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/清水葉子/登谷大修/宮﨑和彦/安達洋一郎/永井侯

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組 FBCスペシャル2017「5つの食卓 覗いちゃいました!」

【5】審議概要

  • 普段、他人が見ることのない、いわゆる「禁断の場所」ともされる「家族の食卓」を自然に撮影し、各家庭の特長をうまく引き出していた。
  • 「食卓を見る企画」ということで、地元食材の話題か、しつけなどの食育や教育の番組かと思ったが、5組の食卓からは、それぞれの家族の絆が見受けられ、食の多様性を感じることができた。
  • 食事の中身ではなく、食にかける時間・手間・愛情・家族のありかたが良く描けていて楽しい番組だった。
  • それぞれコンセプトが違う5つの家族を、どういう観点で選んだのが知りたくなった。
  • 番組の目的が「食事の大事さを伝える」ことならば、いま問題になっている「個食・孤食」など、現実のマイナス面を伝えながら、この楽しい5つの食卓を示したほうが浮き彫りになったのではないか。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第595回 『福井放送番組審議会議事概要』
2017年5月26日 開催

2017年5月26日 開催
第595回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成29年5月26日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/野村直之/清水葉子/宮﨑和彦/安達洋一郎/小林真由美

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組 「新・にほん風景遺産 越前・九頭竜川120キロ源流を辿る
    ~三国 白山 永平寺 祈りと食の回廊~」

【5】審議概要

  • 「新・にほん風景遺産」の番組タイトル通り、九頭竜川の水の光が綺麗に輝き、全体に緑と川と空の風景映像が美しかった。
  • 一緒に九頭竜川を歩いているような気分にさせてくれる番組だった。
  • 番組の最後に源流の一つがみられ、ゆっくり訪れてみたいと感じた。
  • 出演者の語り口が、非常に穏やかで、BGM音楽も番組とマッチしていた。
  • 川沿いの各地区の映像では、春先や夏場、冬景色など、統一性がなく、季節感にズレがあった。
  • 番組構成は河口から上流へ辿っていたが、ところどころで川上にいったり川下に戻ったり、位置関係が(行ったり来たりして)わかりにくかった。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第594回 『福井放送番組審議会議事概要』
2017年4月28日 開催

2017年4月28日 開催
第594回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成29年4月28日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/野村直之/上田孝典/清水葉子/渡邉徹也/登谷大修/宮﨑和彦/安達洋一郎/岩野麻貴子

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組 「日本のチカラ 未来へ響け!槌の音~若き鍛冶職人の挑戦~」

【5】審議概要

  • 若手職人が作る最新の打ち刃物を美しく丁寧に撮影していて見応えがあった。また音楽も格調が高くてマッチしていた。
  • 「越前打ち刃物」の魅力を再認識した。産地の今後に期待したい。
  • 職人の「物を作っていることが楽しくてしょうがない」という一言が印象的だった。
  • 映像の見せ方、美しい場面、登場人物のコメントなど構成がしっかりしていた。
  • 「これまでの700年の伝統を次の800年にしていくのが若い彼ら」と語る年配の親方に感動した。
  • ニューヨークの展示会で刃物を求める現地の方のコメントから「越前打ち刃物」の品質の高さを感じた。
  • もう少し産地を取り巻く状況や産地の将来ビジョンが伝わるとよかった。
  • 国内や海外の打ち刃物の市場規模など、マーケット情報を知りたかった。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第593回 『福井放送番組審議会議事概要』
2017年3月24日 開催

2017年3月24日 開催
第593回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成29年3月24日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

野村直之/上田孝典/渡邉徹也/登谷大修/宮﨑和彦/安達洋一郎/小林真由美/永井候

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組 FBCスペシャル2017『ガラクタ魂で世界へ~フットサル女子の挑戦~』

【5】審議概要

  • 番組の密着取材でいきいきとした表情が良く捉えられていた。選手たちの若く、人間性豊かな表情が強く印象に残った。
  • これからどのようなチームになっていくのか、関心を持つきっかけになる番組だった。
  • 日本代表がいたとは知らなかった。初心者でもフットサルがわかる番組で楽しめた。
  • 丸岡RUCKというチームを知る良い番組だった。
  • 年齢ごとに発する選手たちの言葉が素晴らしく、その集団だから強くなり日本を代表するチームになるのだと感じた。
  • 試合を観に行って応援したくなった。
  • 女子フットサルの発展と、丸岡でチームを育てる挑戦に期待したい。
  • チーム名の「RUCK」が「ガラクタ」という意味は分かるが、「ガラクタ魂で世界へ出て行く」という選手たちの強い気持ちがもっと出ていれば良かった。
  • 番組からはチームの指導体制がわからなかった。指導者から強さの秘密や苦労話があると、力をつけてきた理由が伝わったのではないか。
  • 坂井市丸岡地区はサッカー文化が根付いているが、地域との関連性があるとよかった。
  • スポーツが題材の番組としては盛り上がりが足りなかった。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第592回 『福井放送番組審議会議事概要』
2017年2月24日 開催

2017年2月24日 開催
第592回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成29年2月24日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/野村直之/上田孝典/清水葉子/宮﨑和彦/安達洋一郎/永井候

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • ラジオ番組 『放課後☆ヒーローズ』

【5】審議概要

  • 出演している高校生のノリもよく、学校の特色を高校生目線でゆっくり紹介していたのがラジオならではでよかった。
  • 全体に面白く、若者言葉は大人世代にも勉強になった。
  • 若者のラジオ離れが言われているが番組を続けることに意義がある。
  • 今は大人が携わってサポートしているが、ゆくゆくは高校生が中心とした番組づくりを期待したい。
  • ターゲットが若者世代なのか、大人世代なのかがわからなかった。
  • ゲストコメンテーターは大人目線の役割を担って欲しかった。
  • クロストークが30分続くが聞いていて長く感じた。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第591回 『福井放送番組審議会議事概要』
2017年1月27日 開催

2017年1月27日 開催
第591回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成29年1月27日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/野村直之/渡邉徹也/宮﨑和彦/安達洋一郎/小林真由美

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組 『料理人・松平健 にっぽん食の道』
    <福井・越前 ズワイガニ~高級ブランド!絶品の越前ガニ~>

【5】審議概要

  • 松平健さんは圧倒的な存在感があり番組に引き込まれた。
  • ゆでたカニを食べるシーンは、見ていて幸せ感に浸れた。
  • 単なるグルメ番組とは違い、多角的な観点からカニを取り上げており、非常に勉強になる良い番組だった。
  • 高級な「極(きわみ)」は調理場で立って食べるのではなく、器にのせてお座敷でじっくりと味わったほうがカニの魅力を引き出せたのではないか。
  • 調理場での試食シーンが長く、見ていてつらかった。
  • アイデア料理では、蒸したカニを梅肉などで仕立てたペーストをつけて食べていたが、本当に美味しいのか想像が出来なかった。
  • 「極」のタグが越前焼と触れていたが、映像では黄色のタグとの違いが出てなくて残念だった。
  • 料理をのせる器に越前焼を使ったり、調理では越前打ち刃物を使って欲しかった。越前ガニを通してさらに福井のPRが出来たのではと感じた。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第590回 『福井放送番組審議会議事概要』
2016年12月2日 開催

2016年12月2日 開催
第590回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成28年12月2日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/野村直之/上田孝典/渡邉徹也/登谷大修/小林真由美/永井侯/岩野麻貴子

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組 おじゃまっテレ「文化財を訪ねて~京都・若狭旅」

【5】審議概要

  • 仏像をきれいに撮影していた。カメラワークなども良かった。
  • 普段仏像を見に行くと寺院の中は暗くてよく見えず、それがかえって神秘的でいいと思っていたが、実際にいっても、ここまで鮮明には見られない。テレビの持つ力だと感じ入った。
  • 京都・小浜編とも完成度が高く、貴重な仏像が見れたのがよかった。
  • 夕方ニュース番組の1コーナーだったが、たっぷり時間をかけた番組としても見てみたい。
  • 解説よりもBGMだけで仏像を見せる部分があってほしかった。
  • 普段見られない初公開の文化財があり良かったが、京都編の和菓子体験や食のリポートはインパクトがなく、長く感じた。
  • 外観や景色も良い場所なのでうまく取り入れてほしかった。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第589回 『福井放送番組審議会議事概要』
2016年10月28日 開催

2016年10月28日 開催
第589回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成28年10月28日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/野村直之/上田孝典/清水葉子/渡邉徹也/宮﨑和彦/安達洋一郎/小林真由美/永井侯/岩野麻貴子

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組 FBCスペシャル2016「私らしくあるために~乳がんと生きる・伝える~」

【5】審議概要

  • 「生と死」という重いテーマだが、高橋さんが終始くじけず頑張っている姿に心打たれた。
  • 自分一人ではなく家族や友達に支えられて私らしく生きられるのだと思った。番組タイトルの「私らしくあるために」と重なって、メッセージが伝わった。
  • 非常に重たいテーマながら、暗くなり過ぎず感動した。高橋さんの前向きな明るさには、強い女性と感心した。
  • 番組全体のナレーションと高橋さんの生の言葉のバランスが的確だった。番組が引き締まった。
  • 同年代のお母さんたちにしこりを触ってもらって少しでも社会に貢献する姿は素晴らしい。すごい精神だと思う。
  • 「がん」の早期発見に役立つよう、定期的な検診の必要性の発信など、もう少し直接的な啓蒙につながる部分があれば良かった。
  • がん患者を取り巻く社会的な厳しさの部分をもう少し描ければ、さらに命の重さとか、人生の生き方について、より深く共感が得られたのではないか。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第588回 『福井放送番組審議会議事概要』
2016年9月30日 開催

2016年9月30日 開催
第588回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成28年9月30日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/野村直之/清水葉子/渡邉徹也/登谷大修/宮﨑和彦/安達洋一郎/永井侯

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組 FBCスペシャル2016「もっと強くなりたい~世界を見た県勢リオ戦士~」

【5】審議概要

  • スポーツは元気と感動と希望を与える、それがしっかり出ていた。
  • 五輪の感動の後に、地元選手に焦点を当て、選手個人の横顔をみられるのは地元番組ならではで良かった。
  • パブリックビューイングなど応援シーンをふんだんに使用して、地元との一体感があって良かった。
  • フェンシングの武生商業の指導法・バドミントンの勝山システムに福井のすごさがあると思うが、そのシステムや方法など、指導者たちの理論や実践法をもう少し深くみせてほしかった。
  • インタビューだけでなく、選手の日頃の練習風景を見てみたかった。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第587回 『福井放送番組審議会議事概要』
2016年8月26日 開催

2016年8月26日 開催
第587回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成28年8月26日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

水葉子/渡邉徹也/宮﨑和彦/安達洋一郎/小林真由美/永井侯

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • ラジオ番組「思わず人に話したくなる ものづくり スペシャル」

【5】審議概要

  • 全体としては長い番組だが1つの話題を10~15分くらいのプロットで分けていた。その部分だけでも面白く聞けた。良い構成だった。
  • 福井の「ものづくり」の知らないことを新発見でき、構成も素晴らしく、聞いていて楽しく勉強になった。
  • ラジオカー中継(エコーメート)の加藤リポーターの相手の会話を引きだす質問の投げ方が非常に上手いと感じた。
  • 出演者の「ものづくり」に対する強い思いが伝わってきた。
  • 番組パーソナリティの岩本アナと、ゲストコメンテータの中村先生の掛け合いがうまく、そのやり取りでも番組に引き込まれた。
  • 中村先生の「世界一受けたい授業」の音楽が入って、淡々と紹介されることが逆に見てみたいと思わせ、好奇心が沸き立たせた。
  • ヒット商品誕生は偶発性の要素も強く「考えていない人は気付かない。常に悩んでいる人間がその偶発性を身につける」というエンディングの言葉があった。質の高い教育番組だった。
  • 最初は地場産業・日本の技術の素晴らしさ・独自産業・製品開発のコツを凝縮していた。この4つの要素だけでもひとつの番組で成り立っていた。ラジオではもったいないと感じた。
  • スタジオに3人以上話す場面は誰が話しているか聞き取りにくく、もう少し役割を整理するなどの工夫が欲しかった。
  • ラジオなので物が見えない。アナウンサーは外形や重さ、サイズや手触りなど、もう少し丁寧に紹介しないと、受け手の納得度は上がらない。描写を丁寧にしてほしかった。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第586回 『福井放送番組審議会議事概要』
2016年7月29日 開催

2016年7月29日 開催
第586回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成28年7月29日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/野村直之/上田孝典/渡邉徹也/登谷大修/宮﨑和彦/安達洋一郎/小林真由美

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組FBCスペシャル「林業女子(ガール)~福井から始まる私の道」

【5】審議概要

  • 苦しみを乗り越えていく林業の話ではなく女性がトライして何でも面白いと思える好奇心を大きく取り上げ、林業の面白さを伝えていたのが良かった。
  • 林業カレッジの開校からの1ヶ月では非常によくできた番組だった。その後の彼女が壁にぶち当たったり山の表情の変化ともに1年後の追跡番組をみたい。
  • 福井の林業はこれからというメッセージとともに希望の光のつながりが福井の林業を応援したくなる番組だった。
  • 現在の福井県が直面している人口減少・Iターン問題、里山など終焉地域の振興、女性の社会的進出問題に答えた優れた番組だと思う。
  • 最後に豊かな自然・豊かな暮らし、夢と可能性という言葉で締めくくられて、考えて作られていると感じた。BGMも良かった。
  • 彼女にとっての林業の魅力というのはよくわかったが、本当に林業で生計が立てていけるのかをプロとしての収入などのデータがあるとよかったのでは?

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第585回 『福井放送番組審議会議事概要』
2016年5月27日 開催

2016年5月27日 開催
第585回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成28年5月27日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/上田孝典/清水葉子/渡邉徹也/登谷大修/安達洋一郎/小林真由美

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組「にぎわい ふれあい Happyハピリン」、おじゃまっテレ第3部(特別編成)」

【5】審議概要

  • オープンの活気や入場の行列が出ていてニュースとしては十分伝わった。今後の展望・活性化にどう繋げるかなど問題提起があるとよかった。
  • ハピリンの全体像をわかりやすく紹介をして欲しかった。ドームシアターは他にはないコンテンツなので施設の様子がわかるように紹介して欲しかった。
  • 生中継番組なのに、要所にVTRが差し込まれていたのが残念。
  • 前半の特別番組はライブ構成、後半のおじゃまっテレは資料映像にこだわった構成で、それぞれ重要なものセレクトしていて迫力があった。
  • 1日のドキュメントの後にその時間のライブ映像が欲しかった。
  • 上から撮った全景映像や、上空からの建物の形やバスターミナルなどの位置関係を観て、テレビならではの映像でわかりやすかった。
  • 昔の映像では駅前の移り変わりが分り関心を持ったが、もう少し時間を多く使ってじっくり見せてほしかった。
  • 14年間かかったという苦労の末にオープンしたが、これからの展望など続報で明らかにしてもらいたい。検証番組を期待したい。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第584回 『福井放送番組審議会議事概要』
2016年4月22日 開催

2016年4月22日 開催
第584回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成28年4月22日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/上田孝典/渡邉徹也/登谷大修/宮﨑和彦/安達洋一郎/小林真由美

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組 新・にほん風景遺産「天空の城と湧水の郷~小京都 越前大野を旅する」

【5】審議概要

  • 映像が美しく風景・名産など大野の魅力が良く出ていた番組だった。詰め込み感もなく、飽きさせないよう映像と音楽で工夫していた。
  • 音が効果的に使われていた。水の流れる音、汽笛の音、BGMのオカリナの音色など、映像が鮮明に残る効果だった。
  • 市民の生活感なども入ってくると50代以上の番組ターゲット層だけでなく若者やリピーターも増えると思う。
  • 地味な印象。春や夏の風景など明るい季節の景色があると魅力が深まった。
  • 「天空の城」の映像を期待したが見られず、写真で終わったのが残念だったが、逆に大野へ行きたくなった。
  • インタビューの時、横顔だったので表情が見えにくかった。
  • 大野の城下町の成り立ちの歴史なども押さえていて勉強になった
  • 一般市民や子どもなど大野の生活感が入っているとよかった。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第583回 『福井放送番組審議会議事概要』
2016年3月25日 開催

2016年3月25日 開催
第583回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成28年3月25日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

脇田典子/渡辺庸子/野村直之/松村仁/北倉和昭/登谷大修/宮﨑和彦

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組 FBCスペシャル2016「唄うお坊さん ~ギターで伝える 幸せのカタチ~」

【5】審議概要

1. FBCスペシャル2016「唄うお坊さん ~ギターで伝える 幸せのカタチ~」について

  • 素晴らしい番組。あきさせない映像が入っていて良かった
  • 起承転結が素晴らしくメリハリが効いてよい番組だった
  • 良い題材で自分を見直す機会を与えてくれるいい番組だった
  • お坊さんの話と寺の衰退の話があり、さらに彼の私生活をフォローしていくと番組として面白く印象に残る番組となる
  • 「寺子屋」は安心して遊んだり学んだりと地域の中で大事な場であり、今の社会の問題解決のヒントを感じさせる、意味のあるいい番組だった。
  • 題名の「幸せのカタチ」がなんとなくしか伝わらなかったのでもっと引きだしてほしかった

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第582回 『福井放送番組審議会議事概要』
2016年2月26日 開催

2016年2月26日 開催
第582回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成28年2月26日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/脇田典子/渡辺庸子/野村直之/北倉和昭/清水葉子/渡邉徹也/宮﨑和彦

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • ラジオ番組:「ふくい私の“音”物語」午後はとことんよろず屋ラジオ内 月~金

【5】審議概要

1. ラジオ番組:「ふくい私の“音”物語」午後はとことんよろず屋ラジオ内 月~金について

  • 音と風景が繋がる着眼点とか懐かしくなる番組
  • 人生の遠い一コマが蘇ってくるような特に懐かしい音が聞けてラジオならではの番組・企画が良かった
  • 音を背景ではなく単独で聞かせて間合いを作ってからナレーションを入れるとより良かったのでは?
  • 読み手、音、間合い、音楽、朗読後のスタジオでの掛け合いで随分印象がかわりラジオならではの広がりがある番組
  • 作文に音だけでなく時代背景なども入れて紹介してもらえるともっと良かった
  • 長さや雰囲気など午後のひとときにちょうど良い番組だった

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第581回 『福井放送番組審議会議事概要』
2016年1月29日 開催

2016年1月29日 開催
第581回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成28年1月29日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/脇田典子/宮﨑和彦/渡辺庸子/野村直之
登谷大修/北倉和昭/清水葉子

【4】議題

  • 放送基準の改正について
  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組 日本のチカラ 未来へはばたけ!僕らのメガネ~日本一の鯖江から世界へ~

【5】審議概要

1. 民放連・日本民間放送連盟はこのほど放送基準149条を改正しました。
この放送基準を準用している福井放送は改正点について番組審議会に諮問しました。
審議会からは「諮問事項は妥当である」との答申が得られました。3月1日から施行されます。

2.テレビ番組「日本のチカラ 未来へはばたけ!僕らのメガネ」について

  • 普段見られない眼鏡の製造工程も視聴できて良かった
  • 夢は叶えられるという気持ちになれる番組だった
  • 芥川賞作家で日本メガネベストドレッサー賞を受賞した又吉さんの映像が加わり、番組が洗練された
  • 産業だけではなく携わっている人となりを出していかないと長時間惹きつけるのは難しいと思う
  • 若者にスポットをあてての活躍ぶり、福井・日本だけではなく世界にまで羽ばたいている夢・希望・未来といううまいこと出ているのが共感をもてたのではと思う。
  • 出演者3人の関係をはじめ、会社設立までの経緯を知りたかった。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第580回 『福井放送番組審議会議事概要』
2015年12月4日 開催

2015年12月4日 開催
第580回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成27年12月4日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/脇田典子/野村有三/渡辺庸子/野村直之
松村 仁/登谷大修/北倉和昭/上田孝典/渡邉徹也

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組 FBCスペシャル2015「ZEN」の心 世界へ

【5】審議概要

  • 福井県民だと再認識できたよろしい番組だったと思う
  • 福井の四季と光のVTRが綺麗で音楽もマッチしていた
  • ミラノ博の福井のイベントに関わっている人が大勢いたと分かる構成が良かった。
  • 観客参加型でミラノへ行った様な感じ、福井にいながら改めて食のことも考えながら私自身も参加型になっているのが心に響いた
  • 食の万博がどんなのものか、丁寧に説明して欲しかった。その中で日本館・福井県の状況の説明があれば良かったのでは

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成28年3月1日施行)

第579回 『福井放送番組審議会議事概要』
2015年10月30日 開催

2015年10月30日 開催
第579回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成27年10月30日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/脇田典子/野村有三/渡辺庸子/清水葉子/渡邉徹也

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組 FBCスペシャル2015
    かがやき新時代~北陸新幹線金沢開業半年の効果と未来~

【5】審議概要

  • 模型の新幹線の映像は良かったが音がうるさくて気になった。
  • 今まで福井県民が新幹線に関心を持っていなかったが北陸新幹線の効果に気づいたと思う。お客さんがすごく増えているのを改めて感じることが出来た。
  • ルート問題や延伸問題の政治的な事が絡み難しい問題と思いました。けど各ルートの比較がもうちょっとあると見応えがありもっと深まったと思う。
  • 4つのルートに関してはパネルを使っての説明が非常に分かりやすかったが、ゲストの解説の際、口頭で紹介していたがパネルを見ながら解説を聞けると理解しやすいのではと思う。
  • 大人の金沢、福井は子供・恐竜博物館やプラネタリウムが駅前に出来るというという事で、福井の子供たちの教育(全国で1位・2位)を売り出すと金沢とは違う色合いが見えてくると思う。
  • 今後県民が関心を持つよう、工夫しながら問題提起をどんどんしていけるような番組作りをしていって欲しい。
  • 観光面の良い面、メリットの部分を放送していたが今後はデメリットの部分が出てくるので定期的に放送して欲しい。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成26年11月1日施行)

第578回 『福井放送番組審議会議事概要』
2015年9月25日 開催

2015年9月25日 開催
第578回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成27年9月25日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/脇田典子/野村有三/渡辺庸子/野村直之/松村仁/田中延善/北倉和昭/上田孝典/渡邉徹也

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組 FBCスペシャル2015
    戦後70年目の証言~小浜湾に沈んだ駆逐艦「榎」~

【5】審議概要

  • 今、福井県にある最良の題材を見事に番組にまとめられていてこれを記録として残すべきもので、この番組は非常に良かった。
  • 戦争から70年という節目の年は大きな意味があったのでその時に記録を作られたのは意味がある。
  • こうやって生き残った人が最後の力を振り絞って伝えたいものを伝えるという番組は非常に良い番組。他の皆さんも見ていただいて平和の意味を考えてもらえればと思う
  • 日本の歴史を考えさせ、これから私たち日本人がどう考えていったらいいのかという問題提起になる、教材として使えるものに残されるのでは。
  • もっと乗組員の体験者の話を聞かせて欲しかった。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成26年11月1日施行)

第577回 『福井放送番組審議会議事概要』
2015年8月28日 開催

2015年8月28日 開催
第577回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成27年8月28日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/脇田典子/渡辺庸子/野村直之/北倉和昭/渡邉徹也

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • ラジオ番組 平成27年4月4日(土)午前5時30分~5時40分
    録音風物詩「ここは無人駅じゃない~理容師夫婦の20年~」
    平成27年7月29日(水)午前7時45分~8時00分「歌のない歌謡曲」

【5】審議概要

■録音風物詩「ここは無人駅じゃない~理容師夫婦の20年~」について

  • 10分間があっという間でもっとこのご夫婦と美容室を絡めてもう少し聞きたいなと名残惜しく思った良い番組だった。
  • 映像としてドラマなどの物語として理容師夫婦の40年間を見て見たいと心を動かされた。
  • もうちょっと駅の情景、理髪店をしながら駅を守っている、そういう音が聞きたかった。
  • 一日100人来る繋がりを大事にしている駅だというのがわずか10分の間に聞いている人に伝わったと思う。

■歌のない歌謡曲について

  • 暑い夏の朝に清々しい音と音楽で心が癒された。もっと鳥のさえずりや川の流れる音などを聞いていたかった。
  • ナレーションの語りが朝ドラ風で良く、朝らしい本当に良い番組だった。
  • 現場でのアナウンサーの質問ではなく吉澤さんとか仲野さんにお任せしたほうが自然に聞こえるのでは?
  • 自然の音を聞いた後に賑やかしい冷蔵庫のCMが雰囲気を壊され、CMと番組・音と曲をつなげるというのは非常に難しいなと感じた。
  • 冷蔵庫のCMは野菜室ではなくおいしい氷・おいしい水での方が自然な感じ・扇風機のCMでもよかったのでと思う。
  • スポンサーの要望を聞きながら番組を作る難しさを感じた。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成26年11月1日施行)

第576回 『福井放送番組審議会議事概要』
2015年7月31日 開催

2015年7月31日 開催
第576回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成27年7月31日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/脇田典子/野村有三/渡辺庸子/野村直之/北倉和昭/上田孝典/清水葉子/渡邉徹也

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組 平成27年7月26日(日)深夜24時55分~25時25分
    NNNドキュメント‘15
    僕らのミーティング『話す・聞く・想う』心の授業

【5】審議概要

  • 教育って何か?人を育てるって何?と問いかけるいい番組だと思う。
  • 子供たちがこの学校という社会の中で、自分達で考えて解決していくのは非常に素晴らしい、それを映像として捉えていていい編成と想う
  • この学校を卒業した子達が本当に自立する力・生きていく力をこの数年年間で身に付けたのかという所をみたかったなと最後思いました。
  • この番組は今の瞬間をこの子がこの子らしく生きていける時間を持てているのが素晴らしく大事なことを気づかせていただきました。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成26年11月1日施行)

第575回 『福井放送番組審議会議事概要』
2015年5月29日 開催

2015年5月29日 開催
第575回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成27年5月29日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

脇田典子/野村有三/渡辺庸子/田中延善/清水葉子/渡邉徹也

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組 にほん風景物語 作家 開高健の愛した冬の越前海岸
    ~「海の宝石箱」究極のカニ料理 喰らう!~

【5】審議概要

  • 映像が美しいため越前海岸って素晴らしい所と実感できるものだった。風景とナレーションでわかりやすく説明してくれた事で改めて越前海岸の良さがわかった。
  • 1時間番組の中で越前ガニにだけではなく東尋坊や丸岡などを含めながらゆったりと見せている非常に番組として良かった。ゆったりとした時間を求めて開高健さんが来たのが解った。
  • 開高さんの文章を上手に使っていて番組にひきつけられ、食や文化の紹介という風に見ても良いし、文学好きな人から見てもとても魅力的で素晴らしかったと思います。
  • そばや越前焼をなくしても、もう少し開高健についての説明やベトナム戦争の作品を引用して紹介してもらえるとよかったと思う。
  • 冬の越前海岸という厳しい寒さが出ていないので、寒さを風の音や海鳴りの音などを使うなど工夫するとよかった。
  • 最後に高橋源一郎さんが開高健さんのことを解き明かしてほしかった。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成26年11月1日施行)

第574回 『福井放送番組審議会議事概要』
2015年4月24日 開催

2015年4月24日 開催
第574回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成27年4月24日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/脇田典子/野村有三/渡辺庸子/北倉和昭/上田孝典/清水葉子/渡邉徹也

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • 番組種別放送時間について
  • 番組の視聴と合評
    テレビ番組:平成27年4月4日(土)午前9時30分~午前10時00分
    FBC緊急特別番組「夢輝く ~敦賀気比 熱闘の軌跡~」

【5】審議概要

  • 構成が良く30分間そのまま引き込まれた、とても良い番組だった。
  • 優勝が決まった直後の番組、勢いのある展開で楽しい感じがとても伝わってきた。試合だけでなく、県民の声や盛り上がりが良いアクセントになっていた。
  • インタビューで上手く選手や監督の言葉を引き出していて、チームの強さも分かり、非常に優れた番組。
  • 今後は優勝を視野に入れてその過程も撮影していくのが大事。
  • 選手の呼び方を統一して方が良いのでは。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成26年11月1日施行)

第573回 『福井放送番組審議会議事概要』
2015年3月20日 開催

2015年3月20日 開催
第573回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成27年3月20日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/脇田典子/野村有三/渡辺庸子/野村直之/田中延善/北倉和昭/上田孝典/渡邉徹也

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組「FBCスペシャル2015」トワイライトの夢~寝台列車を支えた敦賀~

【5】審議概要

  • 敦賀を舞台に鉄道としての関わりを描いている番組、地元の局としてはライブラリーとしてこういうものを残しておく必要は絶対あると思う。
  • トワイライトメインではなくそれを支えた敦賀の鉄道員達の思いが伝わりいい番組だったと思う。
  • 車両基地は中々見る事が出来ない映像・裏側が見られて楽しかった。
  • 五感を使って仕事をするキャリア教育に使えるような番組だった。
  • タイトルの「トワイライトの夢」というところでトワイライトの素晴らしさを期待してしまったが、それを支えた敦賀の熱い思いが伝わるいい番組だったので「列車トワイライトを支えた敦賀」題ぐらいだったら良かったのでは。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成26年11月1日施行)

第572回 『福井放送番組審議会議事概要』
2015年2月27日 開催

2015年2月27日 開催
第572回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成27年2月27日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/脇田典子/野村有三/渡辺庸子/田中延善/清水葉子

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • ラジオ番組 いまどきの大人研究所 「福井の語り部 いきいきガイダンス」

【5】審議概要

  • ボランティアの方が現場とスタジオで解説をして、歴史も分かり、トンネル・蒸気機関車の懐かしさも十分出ていて非常に良い番組だと思った。
  • オーディオライブラリーにあった当時の蒸気機関車の音を、音の資産をつかった所は、地元の放送局ならでは、すごく良かった。
  • 50歳のライフスタイルの提案で、私もやってみたいと思えて、とても興味があったが、途中で観光ボランティアガイドの紹介なのか実際のトンネルの紹介なのか分からなくなった。
  • 聴覚のみのラジオ番組では、視覚のイメージを入れてやると聴きやすくなるので蒸気機関車の音を最初に使用したり、BGMだったり、音を使う工夫しないと難しいと思う。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成26年11月1日施行)

第571回 『福井放送番組審議会議事概要』
2015年1月30日 開催

2015年1月30日 開催
第571回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成27年1月30日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/脇田典子/野村有三/野村直之/松村 仁/田中延善/北倉和昭/上田孝典/清水葉子

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組 いけだ紀行 「いけだの師走」

【5】審議概要

  • 映像がとてもきれい。番組に出ていた池田町の人たちの温かい感じが伝わってきて良かった。
  • 年末の池田町の風物詩をスケッチ風に視聴できて心地良かった。
  • 大根などを凍らないように貯蔵する「つんぼり」が雪の中で埋まっている風景に感動した。
  • 副題は「小さな幸せ、あたりまえの豊かさ」。番組内に「そうだな。便利さよりも、そういう豊かさっていいよね」と実感できる部分があるとさらに良かった。
  • 素晴しい伝統を、若い人を含めてどのように活性化に繋げようとしているのか示してほしかった。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成26年11月1日施行)

第570回 『福井放送番組審議会議事概要』
2014年12月5日 開催

2014年12月5日 開催
第570回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成26年12月5日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/脇田典子/野村有三/渡辺庸子/野村直之/田中延善/北倉和昭/清水葉子/渡邉徹也

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組 おじゃまっテレ毎週火曜日午後4:40「FBC大人プロジェクト悠LIFE」

【5】審議概要

  • 新しい大人世代にマッチした非常にいい企画。「いいな」で終わらず、自分の夢を思い出すきっかけにもなり、背中を押してくれるような番組だ。
  • バイクに乗るだけではなくインカムマイクで運転しながら会話も楽しむ、山に登るだけではなく山頂でランチをするといった、それぞれのプラスアルファの面がとても興味深い。
  • 「子どもの手が離れたから」というだけではなく、「夫婦で楽しむために」や「若い頃の夢を実現させるため」というスタンスにして、間口を広げてはどうか。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成26年11月1日施行)

第569回 『福井放送番組審議会議事概要』
2014年10月31日 開催

2014年10月31日 開催
第569回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成26年10月31日(金)午後4時~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/野村有三/渡辺庸子/野村直之/田中延善/北倉和昭/渡邉徹也

【4】議題

  • テレビ番組FBCスペシャル「夏・夢舞台の記憶」

【5】審議概要

  • 感動した。裏方にスポットを当てた点が良かった。取り上げた3人の時間配分もよく、それぞれのドラマが温かい気持ちにさせてくれる。エピソードをひとつひとつ紹介するのではなく、交互に構成した手法も大変面白い。
  • 勝ち負けだけではなく"一生懸命生きることが美しい"というメッセージがよく伝わるという点、また甲子園のシーズン中にこのような企画の番組を放送した点で大変意義深い。
  • 映像だけでも楽しめるところが多くあった。言葉の編集やカメラワークなど、こだわって制作しているのが伝わる。
  • 女子マネージャーのノックが後輩に受け継がれているシーンは特に良かった。ラストに持ってきたことで爽やかな心地良い余韻が残る。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成26年11月1日施行)

第568回 『福井放送番組審議会議事概要』
2014年9月26日 開催

2014年9月26日 開催
第568回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成26年10月31日(金)午後4時~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/脇田典子/野村有三/渡辺庸子/野村直之/松村 仁/北倉和昭

【4】議題

  • 放送基準の改正について
  • テレビ番組 日本!食紀行「冬だけじゃない!年中美味い 若狭ふぐ」

【5】審議概要

1. 「日本民間放送連盟 放送基準」の改正に伴い福井放送放送基準[付録]の改正について諮問し答申を得た。

2. テレビ番組「日本!食紀行「冬だけじゃない!年中美味い 若狭ふぐ」について

  • 映像が特に美しい。若狭ふぐへの情熱が伝わり、とても勉強になる。教材にもなるのではないかと感じた。
  • 「美味しい」だけでは、なぜ、どう美味しいのかが伝わらない。科学的根拠や表現の工夫がもう少し必要。
  • 養殖と畜養のところはもっと丁寧に説明して欲しかった。夏と冬ではフグの味がどう違うのか分かりにくかった。
  • 賛否あるだろうが、今回の番組には、若狭出身の野球解説者川藤さんのナレーションがマッチしていた。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成26年11月1日施行)

第567回 『福井放送番組審議会議事概要』
2014年8月29日 開催

2014年8月29日 開催
第567回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成26年8月29日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/脇田典子/野村有三/渡辺庸子/野村直之/田中延善/北倉和昭/清水葉子/渡邉徹也

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組「来て見て食べて!ぐるっと若狭~舞鶴若狭道全線開通~」

【5】審議概要

  • 福井県がひとつになるという印象が強く、県民の期待が膨らむ番組だった。
  • 道路の安全対策や地域の経済面といった堅い情報と、グルメなどの楽しい情報、硬軟織り交ぜた構成がとても良かった。
  • 落ち着いたスタジオ、賑やかな現地中継、ヘリコプターからのリポート、3者がいい具合にマッチしていた。ヘリコプターからの映像で全貌を見られたのが特に良かった。
  • インターチェンジを下りたところには何があるのか、ここではこれ、次はこれ、終点の小浜ではこれ、のようにストーリー仕立てにすればもっと分かりやすかったのではないか。
  • 開通後の様子を企業誘致や地元の変化なども合わせて追跡取材して欲しい

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成26年11月1日施行)

第566回 『福井放送番組審議会議事概要』
2014年7月25日 開催

2014年7月25日 開催
第566回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成26年7月25日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/脇田典子/渡辺庸子/田中延善/北倉和昭/清水葉子/渡邉徹也

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • ラジオ番組「幕末の歌人 橘曙覧~「楽しみは…」から始まる独楽吟~」

【5】審議概要

  • 橘曙覧を楽しく理解することができた。知っているようで意外と知らない福井の偉人を学ぶことができ、勉強になる。
  • 冒頭の説明が分かりやすいので、興味を引く。作家の解説も分かりやすく「聞いて良かった」と思える番組だった。
  • タイトルと内容にずれを感じる。幅広く盛りだくさんになってしまい、途中で何の番組だったのか分からなくなった。また、東日本大震災を結びつける必要があったのか疑問だ。
  • 橘曙覧に扮する人物の登場は必要だったのか。想像している人物像と違う声のトーンに違和感があった。また、独楽吟のコンクールが20年続いているならば、歌の変遷にも触れて欲しかった。
  • ワルツのリズムで独楽吟を紹介したことには賛否両論あるだろうが、BGMが合わないと感じる場面があった。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成26年11月1日施行)

第565回 『福井放送番組審議会議事概要』』
2014年5月30日 開催

2014年5月30日 開催
第565回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成26年5月30日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/脇田典子/渡辺庸子/野村直之/北倉和昭/清水葉子

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組 にほん風景物語「水上勉 望郷の 若狭路を行く~叙情派作家が愛した故郷~」

【5】審議概要

  • 単なる紹介ではなく、水上勉の作品表現と繋げることで番組に深みが出た。水上勉の紹介と若狭の紹介のバランスが非常に良い。
  • 重くなく、さらっと見られる点も良かった。全体的に落ち着いていて、安心感のある番組だった。
  • 見る、聞く、味わう、感じる、香るの五感を使いながら見ることができる飽きのこない番組だった。
  • 美しい映像、ナレーション、音楽がマッチしていてとても良かった。
  • まとめ部分で竹の地下茎の生態と、若狭と京都の物理的な繋がりを重ねあわせて話をしていたが、「お水送り」と「お水取り」のような象徴的な繋がりの部分にも触れるともっと納得感が得られたのではないか。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成26年11月1日施行)

第564回 『福井放送番組審議会議事概要』
2014年4月25日 開催

2014年4月25日 開催
第564回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成26年4月25日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/脇田典子/野村有三/渡辺庸子/野村直之/北倉和昭/上田孝典/清水葉子/渡邉徹也

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組 FBCスペシャル「共生の道筋 ~福島第一原発事故から3年~

【5】審議概要

  • 廃炉の現実を教えてもらった。廃棄物処理、廃炉問題が丁寧に分かりやすく説明されているのでとても勉強になった。
  • 賛成、反対という単純なものではなく、今後どう付き合っていくのか、課題を分かりやすく示している。原発立地県の放送局が制作したこの番組を全国放送し、特に大都市圏の人達にも見てもらいたい。
  • 「共生」というタイトルが再稼動を連想してしまうので、廃炉問題としての「共生」だと分かるようなタイトルにした方がいいのではないか。
  • 廃炉問題と原子力発電所の必要性という2つのテーマが混在しているので、廃炉だけに絞った方がいいのではないか。また、外国のケースなども交えるともっと良かったのではないか。
  • 希望が見えにくい内容なので暗い気持ちになる。見ている側にもう少し考えさせるような問題提起をし、希望が見出せる構成だと良かった。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成26年11月1日施行)

第563回 『福井放送番組審議会議事概要』
2014年3月14日 開催

2014年3月14日 開催
第563回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成26年3月14日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/脇田典子/野村有三/渡辺庸子/野村直之/田中延善/清水葉子

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組 おはようふくいセブン「ふるさとの百景をめぐる」

【5】審議概要

  • 地元の人がたくさん出ていて面白いし、地元の美しい風景も散りばめられていてとても良かった。テンポのよい案内も良かった。
  • ゲストのゆっくりしたしゃべり方が番組と合っていた。単にふるさとを懐かしむだけじゃなく、実生活の中に活きている「ふるさと」をうまく映像で表現している。
  • 写真がいいアクセントだったので、もっとたくさん出して欲しかった。
  • 進行やアナウンサーの組み合わせに違和感があった。百景のシリーズならその紹介の仕方にもう少し工夫があると良かった。
  • ゲストについての紹介が足りない。知らない人もいるので、ゲストについては紹介部分があるともっと良かった。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成26年11月1日施行)

第562回 『福井放送番組審議会議事概要』
2014年2月28日 開催

2014年2月28日 開催
第562回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成26年2月28日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/脇田典子/野村有三/渡辺庸子/野村直之/田中延善

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組 ダイドードリンコスペシャル 日本の祭り2013 「神が降り立つ地に生きる~高浜七年祭~」

【5】審議概要

  • 構成、ナレーション、BGM、映像、全てが良かった。祭りにかける思いがひしひしと伝わり、スポットを当てた人達もとても魅力的だった。
  • 活力ある映像で、余韻もちょうど良い。
  • 前半の準備部分が少し長く感じる。美しい景色がもっとあると、より高浜の魅力が伝わるのではないか。
  • なぜ7年に1度なのか、歴史や背景をもう少し詳しく知りたかった。風土と祭りの関係なども合わせて知りたい。
  • 祭りというとどうしても男性が主役だが、女性からの目線も少しあるともっと良かった。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成26年11月1日施行)

第561回 『福井放送番組審議会議事概要』
2014年1月31日 開催

2014年1月31日 開催
第561回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成26年1月31日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/脇田典子/渡辺庸子/田中延善/北倉和昭/上田孝典/清水葉子

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組 FBCスペシャル「おしゃべりな絵 ~心に力をつけていく~」

【5】審議概要

  • 自然の中でのびのび育てる、土に触れさせることの大切さがよく伝わり、これからの幼児教育の指標を見せていただいた。こういう取り組みが地元で発信できるのは素晴らしいことだと思う。
  • 教訓的にならず、経験から出た豊かな実を見せてもらったような感じでさらっと終わった点も良かった。子育てはこういう面も大事だよということをそれとなく伝えられるいい番組。
  • 自然に触れることの大切さと絵を通じての表現活動、両方にスポットが当たっているので、どちらを伝えたいのかが分かりにくかった。シリーズならいいが、これがお手本のように放送されてしまうと誤解が生じるのではないか。
  • 大切なことだと分かっていても、つい忘れがちになってしまうのでこういうスペシャルは今後も是非続けて欲しい。自然が当たり前になりすぎて活用できていない福井の子育て中の人にはいい気付きになったのではないか。
  • ナレーションにもう少し工夫があればもっと内容を的確に伝えられたのではないか。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成26年11月1日施行)

第560回 『福井放送番組審議会議事概要』
2013年12月6日 開催

2013年12月6日 開催
第560回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成25年12月6日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/脇田典子/野村有三/渡辺庸子/野村直之/松村 仁/北倉和昭/上田孝典/清水葉子

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組 FBCスペシャル「教えて、あなたのカワイイ物語」

【5】審議概要

  • 「かわいい」について今までと違った見方ができる番組。テーマが面白い。否定的な意見も取り入れている点が良い。
  • なぜ今「かわいい」が注目なのか、時代背景や世相などの説明が足りない。受け取り方によっては、言葉の使い方に違和感を持つ。
  • 街頭インタビューなどでも当たり前のものばかり出てくるので物足りない。
  • もう少し意外性がある人にも取材して欲しかった。ストレートな「かわいい」とひねる「かわいい」とがある中、ひねる方の「かわいい」についてもう少し知りたかった。
  • かわいいを「文化」とくくってしまうのは違うのではないか。今後文化になり得るが現段階では流行だと思う。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成26年11月1日施行)

第559回 『福井放送番組審議会議事概要』
2013年10月25日 開催

2013年10月25日 開催
第559回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成25年10月25日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/野村有三/渡辺庸子/野村直之/松村 仁/清水葉子/渡邉徹也

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組 FBCスペシャル「白球に込められた夢と友情 ~世界少年野球 福井大会~」

【5】審議概要

  • 大人が忘れかけている素直さや純真さを感じることが出来る。子どもの可能性を再認識できるいい番組だった。
  • いい表情がたくさん見られてとても良かった。伝えたいことがきちんと伝わりうまくまとまっている。
  • 冒頭部分に多少戸惑いを感じる。
  • どういう団体か、どういう趣旨か、どういう歴史があるのかなど、大会についてもう少し詳しく紹介して欲しかった。
  • 表面的な様子だけでなくホームシックになった子やうまく溶け込めなかった子など、舞台裏が見られるともっと良かったのではないか。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成26年11月1日施行)

第558回 『福井放送番組審議会議事概要』
2013年9月27日 開催

2013年9月27日 開催
第558回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成25年9月27日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/脇田典子/野村有三/渡辺庸子/野村直之/田中延善/清水葉子/渡邉徹也

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • ラジオ番組 土曜スペシャル「音をもっと好きになろう!」

【5】審議概要

  • 面白い、心地良い、楽しい、勉強になる。非常に上質な番組だった。
  • 音を多角的に捉え、ラジオらしい面白い企画だった。川の音と楽器(音楽)の融合は特に素晴らしかった。
  • 解説が多く感じる部分もあった。もう少しゆっくり音を味わいたかった。
  • トーク自体ももう少し癒しになるような工夫があると良かった。パーソナリティの声ももっと落ち着いた雰囲気の方が良かったのではないか。
  • 「音」から「音楽」に繋がるような構成があっても面白かったのではないか。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成26年11月1日施行)

第557回 『福井放送番組審議会議事概要』
2013年8月30日 開催

2013年8月30日 開催
第557回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成25年8月30日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/脇田典子/野村有三/渡辺庸子/野村直之/中野多郎右エ門/北倉和昭/清水葉子

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組 日本!食紀行
    「共働き日本一!福井 男の台所~お料理父さんに学ぶ~」

【5】審議概要

  • 切り口が面白い。出演者の個性も微笑ましく、楽しい様子が伝わる温かい番組だった。
  • リタイア世代には励みになる、背中を押してくれるような番組だった。社会問題を含んだテーマだが、さらっと楽しめる軽さが良かった。
  • タイトルに「共働き」とあるのにリタイア後のケースばかりで、もっと若い世代の現状を見たかった。若い男性がどれだけ家庭料理に携わるようになったのか、という部分もあったら良かった。
  • どういう気持ちで参加したのか、入ってみてどうか、今後何を目指すのか、という生の声をもっと聞きたかった。
  • 食生活が乱れている子どもの調査と今回の番組内容とは親和性がないのではないか。調査を出すならば、活動によってこう改善されてきたという結果も出すべきだと思う。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成26年11月1日施行)

第556回 『福井放送番組審議会議事概要』
2013年7月26日 開催

2013年7月26日 開催
第556回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成25年7月26日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/渡辺庸子/野村直之/松村 仁/田中延善/中野多郎右エ門/北倉和昭/清水葉子

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組 FBCスペシャル「夢は"満員御礼"~新生サウルコス福井の挑戦~」

【5】審議概要

  • 厳しい環境の中、諦めない強さをうまく伝えている。いい場面を捉えている。地元に密着したこういう番組は非常に意義深い。
  • 県外から来ている選手の思いをもっと聞きたかった。また、財政状況の厳しさなどはもっと明確に示した方が伝わりやすいのではないか。Jリーグに上がるためにはどういうハードルがあるのかも説明して欲しかった。
  • 「満員御礼」というタイトルが分かりにくい。「サウルコスの夢」ではなく、「福井県全体の夢」というような作り方だともっと良かったのではないか。
  • 結局何を伝えたかったのか分からない。具体的に何が課題なのかが分かりにくかった。
  • 集客に繋がるような情報がもう少しあっても良かったのではないか。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成26年11月1日施行)

第555回 『福井放送番組審議会議事概要』
2013年5月31日 開催

2013年5月31日 開催
第555回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成25年5月31日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

脇田典子/渡辺庸子/野村直之/田中延善/中野多郎右エ門/北倉和昭/上田孝典/清水葉子

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組 FBCスペシャル「土からのごほうび」

【5】審議概要

  • 積極的で前向き、ハツラツとしたおばあちゃん達の姿勢が見ていて嬉しくなる、元気をくれる、心が和む。笑顔が多く癒される。自然体の様子がよく捉えられている。
  • 生き方のひとつの答えが描かれている。池田の生き様、欲張らなければ幸せはそこにあるということを描ききっている素晴らしい番組だった。
  • BGMも良くナレーションも親しみやすく良かった。ひとつの季節だけでなく、一年を通した様子が見られた点も良かった。
  • 合併問題を織り交ぜない方が分かりやすかったのではないか。「合併後不便になった」というデータやインタビューを入れることで、話の軸がぶれてしまうのではないか。
  • 池田町の紹介をもう少し掘り下げても良かった。放送時間が残念だったので、若者が見られる時間帯に再放送して欲しい。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成26年11月1日施行)

第554回 『福井放送番組審議会議事概要』
2013年4月26日 開催

2013年4月26日 開催
第554回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成25年4月26日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

野村有三/渡辺庸子/野村直之/田中延善/北倉和昭/清水葉子

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組「にほん風景遺産 若狭食の回廊を歩く」

【5】審議概要

  • 大人向けの落ち着いた雰囲気で残したい文化もうまく伝えられており非常に綺麗な番組だった。
  • 映像が特に美しく、ナレーションも美しかった。ゆったりと旅をした気分になれる。
  • 内容が盛りだくさんなので、ひとつ減らしてその分ほかの話題の内容を濃くしても良かったのではないか。
  • 過去形ばかりでなく、今も文化が息づいているという部分があったら良かった。
  • お祭りの映像などもう少し流れに変化がないと見ていて疲れてしまう。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成26年11月1日施行)

第553回 『福井放送番組審議会議事概要』
2013年3月22日 開催

2013年3月22日 開催
第553回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成25年3月22日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

脇田典子/寺木令子/渡辺庸子/眞弓光文/野村直之/中野多郎右エ門/北倉和昭

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • ラジオ番組「ラジオがやってくる」

【5】審議概要

  • 子ども達のいきいきとした朗読に加えて、効果音によって随分と番組の印象が変わって驚いた。
  • 効果音の使い方など、音の世界の奥深さが非常によく分かって、その意味ではラジオの魅力が伝わったと思う。
  • 子ども達の朗読に効果音をつけることによる変化はわかったが、番組を聞く側としては練習から3回同じ朗読が続くのはつらい。
  • 短い言葉でも、声の高さやスピードなどで印象が変わることを、番組構成上の工夫で伝えられると良かった。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成26年11月1日施行)

第552回 『福井放送番組審議会議事概要』
2013年2月22日 開催

2013年2月22日 開催
第552回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成25年2月22日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/野村有三/寺木令子/渡辺庸子/北倉和昭

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組 学びEye!「煮崩れ知らずでモッチモチ!~福井・上庄里芋~」

【5】審議概要

  • 30分という番組枠の中で、上庄里芋の特徴をよく捉えていて、うまくまとめられた番組だった。
  • 上庄里芋を使った様々な料理や、煮っころがしの上手な調理法などが紹介されていて、非常に勉強になった。
  • 他の里芋と上庄里芋の違いについて、例えば食べ比べなどの演出があった方が、さらに上庄里芋の特徴が伝わったかもしれない。
  • 上庄里芋を生み出す、気候、土壌、風土など科学的なデータ、根拠があったら、もう少し番組に盛り込めると良かったのではないか。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成26年11月1日施行)

第551回 『福井放送番組審議会議事概要』
2013年1月25日 開催

2013年1月25日 開催
第551回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成25年1月25日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/脇田典子/野村有三/寺木令子/渡辺庸子/田中延善/中野多郎右ェ門/北倉和昭

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組「FBCスペシャル 心ひらく魔法のタクト~ある合唱団30年の軌跡~」

【5】審議概要

  • 子どもとの関わり方だけでなく、人材育成の面でも非常に役立つ番組だった。人を育てるのは人なんだなと改めて感じさせられる。
  • "自己肯定感の育て方"の実践を見たようで、感動の中にも学ぶべきところが多くあり、構成も素晴らしい。
  • 日々の活動や人々の思いがよく捉えられている。必要なところがきちんと映像としてあり、そこから伝わる愛や気持ちの深さに感動する。
  • 後継者についての説明がもう少しあると良かった。
  • 再放送を強く希望したい。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成26年11月1日施行)

第550回 『福井放送番組審議会議事概要』
2012年12月7日 開催

2012年12月7日 開催
第550回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成24年12月7日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/脇田典子/寺木令子/渡辺庸子/眞弓光文/野村直之/松村 仁/中野多郎右ェ門/北倉和昭

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組「おじゃまっテレFRIDAY "旅とも"」

【5】審議概要

  • 遠すぎず「北陸3県」という手軽さも良い。これからも期待したい。料金などの情報も細かく出ていて良かった。
  • 肩の凝らないリラックスした雰囲気がとても良かった。1日の旅が10分に凝縮されていて楽しめる。
  • 3人の仲の良さは伝わるが初めて見る人には馴染みがないので、それぞれの簡単な紹介があるとより親しめるのではないか。
  • 20代、30代、50代のキャスティングだが、20代30代の女性は似通るのでもう少し違う世代でも面白いのではないか。
  • 若狭にはもっと美しいところがあるので、取り上げ方やカメラワークにもう少し工夫が欲しかった。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成26年11月1日施行)

第549回 『福井放送番組審議会議事概要』
2012年10月26日 開催

2012年10月26日 開催
第549回 『福井放送番組審議会議事概要』

【1】開催日時

平成24年10月26日(金)午後4時00分~5時30分

【2】開催場所

福井放送株式会社 5階会議室

【3】出席委員

内田高義/脇田典子/野村有三/寺木令子/渡辺庸子/眞弓光文/野村直之/中野多郎右ェ門/北倉和昭

【4】議題

  • 視聴者からのご意見、苦情などの内容報告
  • テレビ番組「日本の祭り"神に捧げる男米~伝統神事表児の米~"」

【5】審議概要

  • 家族の絆、日本の良さが祭りで表現できている。こういう祭りをこれからも取り上げて欲しい。勉強になった。
  • 映像に力強さがあり、祭りの記録映像としてはとても素晴らしい。
  • 子どもの表情が活き活きと捉えられており、見る側を楽しい気持ちにさせてくれる番組だった。
  • 300年という長い歴史の中で、どう始まってどう受け継がれてきたかというところも知りたかった。また、地域の人達の祭りに対する思いも聞きたかった。
  • タイトルにもある「表児」についての説明が不足していた。また、男性ばかりで女性が出てこない点の説明も必要だったのではないか。

委員からは以上のような意見が出されました。

(平成26年11月1日施行)