85日 ()

福井市
  • あわら市
  • 越前町
  • 越前市
  • 永平寺町
  • 福井市
  • 池田町
  • 勝山市
  • 美浜町
  • 南越前町
  • 小浜市
  • おおい町
  • 大野市
  • 鯖江市
  • 坂井市
  • 高浜町
  • 敦賀市
  • 若狭町

-/---%

アナウンサー&パーソナリティ

偉業!ギネス認定の達人

2014.06.24 Tuesday
     

ギネスと聞くと、「ビール?」と連想する私(笑)。
お会いしたのは、ギネス世界記録をもつ森口明利さんです。
「おじゃまっテレ」で紹介したなわとび世界一の会社員。
「4重跳び」1回でもスゴイのに、なんと「連続78回!」。
ケタはずれの大記録ですよね〜

     

見せてもらうと、軽く跳んでいるようなのに高いっ!
「ヒュ ヒュ ヒュ ヒュ」「ヒュ ヒュ ヒュ ヒュ」…
なわが速くてよく見えないんですが、確かに音が4回ずつ鳴ります。

「4重跳び」だけではありません。
このほど森口さんはギネス世界記録の2つめを獲得しました。
それが「6重跳び」2回連続の成功!
「6重跳び」って神業のようですし、それを2回!

ひとりで2つもギネス世界記録というのも偉業です。
ちなみにギネスの認定書って撮影にもルールがあるんですよ。
必ず記録保持者と一緒に撮影しないといけません。

     

森口さんはなわとびのパフォーマンスもスゴイ!
お尻でなわとびをするのって、初めて見ました!

次の目標は、5重跳び21回以上と7重跳び1回のギネス公認を目指すとか。
3つめ、4つめのギネス世界記録獲得に期待したいですね。
それにしても時々福井から、ものスゴ〜イ人が現れますね。

さて、サッカーの世界の舞台も目が離せません。
強いんだろうなあ、コロンビア…
奇跡を起こせ ニッポン!
試合はあす25日水曜日4時40分からFBCテレビで!
あしたは早起きだ!!

感動共有!

2014.06.17 Tuesday
       

日本代表の初戦(コートジボワール戦)は残念でしたね〜
サムライブルーに染まる越前市のパブリックビューイングに行きました。
「蔵の辻」広場には、サポーターが1000人(主催者発表)も集結。
若者だけでなく、サッカー少年、おじいちゃん、おばあちゃんの姿も。



青い必勝ダルマも見つめる中、キックオフ!
本田選手のゴールは素晴らしかったですね〜
点が入った瞬間に爆発的に喜ぶサポーターを見るのは、サッカー取材の醍醐味。
それが日本代表となると、一緒に大きな感動を共有できますから最高です!
石川県の高校出身の本田選手は親近感もあり、感動が倍増しました。

しかしこの得点シーン以外はピンチの連続で、悲鳴やため息が何度も起こりました。
悪夢のような2分間に逆転されてしまい、サッカーの怖さを感じました。

でも老若男女がたくさん集まって、感動の共有をするのはいいものですね。
入場も無料だし、ボルガライスなどのお店が出ていて、とってもいいイベントでした。

会場で解説をしていた元日本代表の中西永輔さんもおっしゃってました。
「負けたのは残念ですが、越前市のサポーターと一緒に見られて良かった」

さあ奇跡を起こせ!ニッポン!!
運命のギリシャ戦は20日金曜日の朝7時キックオフ!
FBCテレビでご覧ください!

胸フクラム体験

2014.06.10 Tuesday


福井鉄道のLRV(超低床車両)『フクラム』が、鉄道友の会のローレル賞を受賞しました。
この賞は優れた性能やデザインの車両に贈られるそうで、県内では初めての受賞!

以前、おじゃまっテレの「ハッピーバースデー」に来てくれた男の子は
「『フクラム』のウンテンチュチャンになりたい」と話していました。

オレンジの車体が目を引くし、「顔」もなかなか強そうで(笑)、かっこいいですよね。

     

先日初めてこの『フクラム』に乗りました。
デビューはから1年ちょっと経ちますが、今もピカピカでした!
広い乗降口は段差がなく楽に乗れますし、真っ青なシートは座り心地も快適。
窓も広くて、車内が明るいですね!

走行中の音が印象的でした。
「ヒューン」という感じの音で、ハイブリッドカーにも似た感じ?
路面からの振動も、普通の電車にはない魅力を感じます。

     

田原町から乗って、福井駅前で降りて160円。
子どもの夢が膨らむフクラムは、大人もかなり楽しめますよ。

路面電車は富山にはあっても、金沢にはない魅力。
みんなで乗って、大事にしたいですね。

イヌの心

2014.06.03 Tuesday
うちのイヌはおとなしいのが取り柄です。(ちょっとおバカですが)
でも先日珍しくクンクンとうるさいなと思ったら、病気でした。

膀胱炎。

動物病院で薬をもらい、すぐに治ったのでほっとしました。

そんなこともあって、以前から気になっていた本を購入。
「犬の気持ち、通訳します。」(アネラ著 東邦出版 1300円)。



著者アネラさんはハワイ在住の日本人です。
特殊能力があり、イヌの写真を見るだけで気持ちが分かるとか。
半信半疑でしたが、すべて実話という内容には説得力がありました。



イヌを飼っていると、何を考えているのかとよく聞きたくなります。
今回のように体調不良の時は、特にそうです。

ただ会話はできなくても、多少は人間の言葉が分かるようです。
「ベランダに行く?」と聞くと、すっと立ち上がり階段を駆け上がったり。

元気を取り戻しとはいえ、もう11歳なので寿命も近づいてきました。
著者によると、イヌは必ず飼い主に「感謝の気持ち」を持っているとか。

これまで以上に犬が好きになり、気持ちが楽〜になる本でしたよ。
最近のエントリー
月次アーカイブ
最近のエントリー
伊藤農園2020(2020.07.31)
月次アーカイブ