930日 ()

福井市
  • あわら市
  • 越前町
  • 越前市
  • 永平寺町
  • 福井市
  • 池田町
  • 勝山市
  • 美浜町
  • 南越前町
  • 小浜市
  • おおい町
  • 大野市
  • 鯖江市
  • 坂井市
  • 高浜町
  • 敦賀市
  • 若狭町

-/---%

アナウンサー&パーソナリティ

3連投!

2013.01.30 Wednesday
金曜の「ここが知りたい」、月曜「広瀬哲朗のスポーツ万歳」、火曜が「健康いちばん」。

企画コーナーの制作を、続けて担当しました。(3連投はなかなか無いことなんですよ)


初めて担当した「ここ知り」は、センバツの24年ぶりダブル出場がテーマ。

名物「デカフリップ」(写真中央)の構成に意外と時間がかかりました。
春江工業と敦賀気比の横顔や24年前の資料を調べたり…
「メクリ」といって、どの言葉を紙で隠して、川島アナにめくってもらうか考えたり・・・

それにしても県勢が出場できない年もあるのに、この春は楽しみが倍増ですね!
例年、どこのチームも完成されていないといわれるセンバツ。
福井の2校が県大会決勝、北信越大会決勝に続き、甲子園でも決勝対決だ!!


「スポーツ万歳」は、フットサル日本一の「丸岡RUCKレディース」。

女子中学生たちのパワーに驚き、広瀬さんのフェイントプレーに笑いました。
日本代表のキャンプに呼ばれた北川夏奈選手は大注目!
広瀬さんも言っていたんですが、すでに大物感を「持っている」選手でした。
ケガでプレーは見られませんでしたが、将来が楽しみです。


そして「健いち」は、手術室での取材も。

「五十肩」と間違えやすい「腱板断裂」がテーマでした。
福井総合病院が全国トップクラスの治療実績なんですよ。
モニターを見ながら、細い糸で腱板を縫う医師の技は凄かった!
それと、肩の内部が意外と美しくて、驚きでした。


3つのコーナーを制作する中で、多くの感動が味わえました。
福井ってスゴイ!
視聴者の皆さんにも伝わったでしょうか?

JAZZの夜

2013.01.21 Monday
     


山田アナと中山アナを誘って、ジャズのライブに行ってきました。

場所は三国町の「ハウス・アム・メーア」。



メンバーの行本清喜(ゆきもと・せいき)君とは小学校と高校が同じという幼なじみ。

若い頃、単身でニューヨークに渡り、音楽修行したプロのトランペッターです。


他に、ニューヨークから参加のピアノの「ロッド・ウイリアムス」さん。

同じくニューヨークで長年活躍したベースの「谷中秀治さん」など。

「ハウス・アム・メーア」のオーナー森岡雅男さんも、プロ級のドラマーです。



近くで聞いていたジャズ通の人は「日本で最高レベルのメンバーですよ」と言ってました。

MCで行本君が「同級生で福井放送の伊藤裕樹君が来てます」と言ってくれて、鼻高々でした(笑)。


曲はジョン・コルトレーン、マイルス・デイヴィス、それにシンディーローパーも。

リラックスした雰囲気の中で、ニューヨークの香り漂うセッションを楽しみました。

本物に触れるというのはいいですね。


その後、一枚しか持っていないジャズのCDをipodに入れ、楽しんでいます。

ツインタワー兄弟!?

2013.01.10 Thursday


エレファンツの新入団選手の会見に行ってきました。

「行った」といっても、徒歩1分の福井新聞社ですが(笑)


9人の新戦力のうち、目立っていたのが、関口将平投手。

なんと身長2メートル!

2階から投げ下ろすような感じになるのでは・・・

名前が「ショウヘイ」さんでもあり、元巨人の馬場正平投手を思い出しました。
(後のジャイアント馬場さんです。2メートル9センチでしたね)

この関口投手はアメリカのルーキーリーグに在籍した経験もある実力派。

しかも去年入団した関口貴之投手の弟だそうですよ。

兄の貴之投手も190センチの長身!

エレファンツの「ツインタワー兄弟」として売り出してはどうでしょう。




また田中裕太郎内野手は、立教大学出身。

東京六大学を卒業した選手は、エレファンツ初だそうです。

子供の頃にはリトルリーグで世界一になったと話していました。

エレファンツでも頂点を目指してほしいですね。


9人の中に福井県出身がいないのが残念。

でも「福井は意外と寒くなくてよかった」「子どもに夢を与えたい」という言葉が聞かれ、嬉しく思いました。


新生エレファンツに、初のリーグ制覇の夢を託したいですね。

「女子アナ7」とおめでとう

2013.01.01 Tuesday


新年あけましておめでとうございます!

上の写真は、年賀状に使った「女子アナ7」と一緒のもの。

全女子アナから慕われている、頼りになる先輩を演じてみました(笑)


年末の「おじゃまっテレSP」には、勝山高校の日本文化部と仁愛女子高校の書道部の皆さんが出演。

勝山左義長の動きを取り入れた太鼓は、迫力と、妖艶さが表現された見事な演奏でしたね。


そして、ぶっつけ本番で仕上げてくれた書道パフォーマンスの作品はこちら!



生放送で出題されたテーマは・・・「ジャンプ」

考え抜いた末に力作を仕上げてくれました。

力強い「乱舞」の文字に、「ジャンプする人」の下の方には、裸足で着けたピンク色の小さな足がいくつも!

ナイス・アイデア!でしたね〜


ほかに解説の田崎史郎さん、フェンシングの中野希望選手、バドミントンの山口茜選手などが出演してくれました。

いずれも福井出身で、各分野で日本を代表する豪華なみなさんが番組を彩ってくれました。 感謝です!


「おじゃまっテレ」は新年7日からのスタート!

今年もよろしくお願いします!!
最近のエントリー
月次アーカイブ
最近のエントリー
おNEWな眼鏡(2020.09.25)
月次アーカイブ