84日 ()

福井市
  • あわら市
  • 越前町
  • 越前市
  • 永平寺町
  • 福井市
  • 池田町
  • 勝山市
  • 美浜町
  • 南越前町
  • 小浜市
  • おおい町
  • 大野市
  • 鯖江市
  • 坂井市
  • 高浜町
  • 敦賀市
  • 若狭町

-/---%

アナウンサー&パーソナリティ

キムチラーメン

2014.03.27 Thursday


看板メニューは「キムチラーメン」で、店の名前も「キムチラーメン」。
福井市和田にある小さなお店に行ってきました。

韓国出身の奥さんが1人で切り盛りしています。
キムチラーメンの味の決め手はもちろんキムチ。
あっさりスープとの相性は抜群です。
若い頃は飲み会のあとに行って、ペロリと平らげたものです。



今年は年明けから1カ月ほど店が閉まっていて心配していました。
奥さんはしばらく体調を崩していたそうですが、今は元気いっぱい。
安心しました。

福井なまりの日本語が上手な奥さんとの会話も楽しいですよ。
僕は「オニイチャン」と呼ばれ、いつも若返った気分になります(笑)

夜だけ営業している人情味あふれるラーメン店です。

標的はオリンピック!

2014.03.18 Tuesday


子供の頃大ヒットした「光線銃SP」というおもちゃがありました。
高くて買ってもらえなかったけど、友達が持っていて遊んだなあ。

そんなことを思い出したのが、先日の「ビームライフル」の取材。
県立ライフル射撃場に行ってきました。

小中学生が練習していたビームライフル場は、実に静か。
スポーツの現場としては珍しいですね。



ビームライフルは光線式の銃です。
とはいえ「光線銃SP」よりずっと重くて、小学生用でも3・6キロ。

10メートル先にある小さな的に当たると瞬時に得点が出ます。
10点満点は、中央の直径1ミリの「点」に当てなければいけません。



ここで10点を何度も出していたのが、福井市の大塩勇斗くん6年生。
去年、大塩くんは全日本選手権小学校の部「立射」で優勝。

そして!

JOCエリートアカデミーのライフル競技1期生に合格しました。
4月からは親元を離れて東京の中学校に進学するんです。
オリンピック出場を目指して、英才教育を受ける生活が始まります。

小学校卒業とともに親元を離れるのは、大きな決断ですよね。
でも大塩くんは「寂しいけど、夢に近づけるチャンスですから」とサラリ。



標的はオリンピック!
福井の期待の星である大塩くんを、あす19日(水)のおじゃまっテレで紹介します。

川崎さんの1000日

2014.03.13 Thursday
     

福島から福井に移り住む川崎葉子さんが本を出版しました。
タイトルは「原発3キロメートル圏からの脱出」(到知出版社 1575円)。

川崎さん一家は東日本大震災の地震・津波・原発事故…すべての被災者です。
あの時何が起こったのか、今何が必要とされているのか。
自らの体験を多くの人に教訓にしてもらおうとペンを執ったそうです。

11日にニュースで川崎さんを特集させていただきました。
本のタイトル通り、自宅は福島第一原発から3キロ。
現在も放射線量が高く、自由に立ち入ることができません。

     

一時帰宅の際の映像には、被災してからほぼ手つかずの町や自宅が映っていました。
町には動物すらいなくなり、冷蔵庫の傷んだ食べ物には臭いすらないそうです。

川崎さんは被災者のリーダーとして福井で様々な活動をしてきました。
また各地の講演で被災体験を話したり、塾で子どもに勉強を教えてきました。

     

川崎さんが福井に来て約1000日。
福島に残る義母のことが心配なこともあり、故郷に帰ることを考え始めています。

きっと塾で子どもたちが川崎さんに教わったのは、勉強だけではないはず。
災害の怖さや命の尊さも教わったことでしょう。

以前、川崎さんとお話ししたときに、バイタリティーと睡眠時間の少なさに驚きました。

これからもお体に気を付けて、ご家族や故郷の未来のために活躍して頂きたいですし
本もぜひ読ませていただきたいと思います。

縁があって福井に避難した川崎さんが感じる教訓や願いを受け止めたいものです。

伊達の力はだてじゃない!

2014.03.04 Tuesday


箱いっぱいの野菜と果物が福島県から届きました。
それぞれ生産者の名前が入り、丁寧に新聞紙で包んであるものも。

コマツナ・ナメコ・カブ・コウサイタイ(中国野菜)・チンゲンサイ・レタス・ネギ・ハクサイ・リンゴ。
ネット販売の「福島県伊達の農家 応援セット」という商品です。

 

福島県中通りに位置する伊達市は、特産のモモなど農業が盛んな町です。
しかし大震災と原発事故の影響で、農作物の販売は大きく低迷しました。

風評被害も大きい中、JAと生産者は、果物の木3、7万本すべてを洗浄し除染。
水田や畑の放射性物質を減らす取り組みも、効果をあげているとのことです。
この商品の野菜や果物も、県のモニタリング調査で合格したものだけとのこと。

ネットの写真には「伊達の力はだてじゃない」の看板を囲む農家の皆さん。
全員が力強く拳を突き上げ、復興に向けてがんばっている様子がうかがえます。

品数の多さ、新鮮でみずみずしい美味しさ、丁寧な梱包と宛名の美しい文字に感動しました。

生産者の鈴木さん、小賀坂さん、木戸さん、菊池さん、中島さん。遠藤さん、三浦さん、大槻さん、
そして太くて立派なネギを作った方(お名前不明)に感謝!

まず鍋にして美味しくいただきました。

 (自分でニンジンなどは加えました)

如何ほどの力になれるのか分かりませんが、また注文させていただきます。

3・11からまもなく3年。


JA伊達みらい
www.jadatemirai.or.jp
「福島県伊達の農家 応援セット」 税込みで2500円。

最近のエントリー
月次アーカイブ
最近のエントリー
伊藤農園2020(2020.07.31)
月次アーカイブ