930日 ()

福井市
  • あわら市
  • 越前町
  • 越前市
  • 永平寺町
  • 福井市
  • 池田町
  • 勝山市
  • 美浜町
  • 南越前町
  • 小浜市
  • おおい町
  • 大野市
  • 鯖江市
  • 坂井市
  • 高浜町
  • 敦賀市
  • 若狭町

-/---%

アナウンサー&パーソナリティ

金曜ロードSHOW!

2013.10.24 Thursday
映画「サクラサク」の県内ロケが終わったそうですね〜
昔から藤竜也さんのファンなので、完成が楽しみです。
(藤さんの本名は「伊藤さん」なんですよ)

映画というと、「謝罪の王様」と「そして父になる」を観てきました。
コメディーと感動作でしたが、どちらも楽しめました〜



「謝罪の王様」主演の阿部サダヲさんの代表作は「舞妓Haaaan!!!」。
先日、FBCテレビ「金曜ロードSHOW!」で放送されていました。
副音声が番組初の「コメンタリー放送」で、これがとって面白かったんです。
阿部サダヲさんと水田伸生監督のおしゃべりに引き込まれました。

* 大物俳優の伊東四朗さんへの遠慮(笑)
* 京都でなく金沢市内で撮っていたシーン
* 野球選手に見えるように太腿に綿を入れていたウラ話
* 長回しの場面で特殊な撮影用レールを敷いて部屋の隅々まで見せた苦労
* 数百人の修学旅行のエキストラは自前の制服を着ていた・・・ 
* 阿部さんが着けていたカツラは「謝罪の王様」でも使っている などなど

映画を観ているだけでは分からない撮影秘話が満載でした!

主演俳優、監督と一緒に映画を観ているような贅沢気分も味わえましたよ。


なお、あすの「金曜ロードSHOW!」は「ハリーポッターと謎のプリンス」。
コメンタリー放送ではないようですが、超人気作なので楽しみですね!

江ノ電紀行

2013.10.10 Thursday
えちぜん鉄道がまもなく開業10周年だそうです。
ローカル電車は旅人にとっても、魅力的ですよね。

先月、江ノ電(江ノ島電鉄・神奈川県)に乗ってきました。
藤沢駅から緑色の車両に乗車し、出発〜!



住宅街をくねくねと曲がりながらゆっくり進みます。

「江ノ島駅」を過ぎると路面電車になるんですね。

そして「腰越駅」を通過後、海に躍り出るのです! 感動しました!!
 

↓ こちらは「鎌倉高校前駅」(右側の大逆光は駅舎です…)

     

ホームの前が「湘南海岸」という素晴らしいロケーションです。
徒歩5分の県立鎌倉高校は女優の鈴木保奈美さんの母校だそうです。(FBCの伊藤未奈アナも!)



このロケーションの高校なら「ラブストーリー」がたくさん生まれそう(笑)

隣の「七里ヶ浜駅」でも下車して、自画撮りしたものの失敗(笑)
初秋のビーチは閑散としていましたが、やはり絶景でした!



サザンの桑田佳祐監督の映画「稲村ジェーン」を見たのは20年以上前。
その舞台「稲村ヶ崎駅」の次は、「極楽寺駅」です。



テレビドラマ「俺たちの朝」の舞台でしたよね〜
緑に囲まれて、赤いポストがあって…昔のままの良い風情です。

わずか10キロなのに、実にいろいろな風景に出会える江ノ電。
終点の鎌倉までは行けなかったので、いつかもう一度乗りたいローカル電車です。

おもしろそう? おもしろいです!

2013.10.03 Thursday
 

かとうかずおさんの立体漫画展を見て、笑ってきました。
(面白かったのですぐ取材にも行き、放送しました)

鯖江在住のかとうさんは、紙粘土の人形作家。
中でもクスッと笑える「立体漫画」は、得意とする分野です。

会場には、「仏壇」を模した小さな木箱が50個以上。
木箱にはそれぞれ五十音が書かれています。
ひとつずつ扉を開いて、中の人形を楽しむようになっています。

人形はすべて「お坊さん(僧)」。
「あ〇〇〇〇〇僧」、「い××××僧」、「う△△△僧」…
それぞれ、名前にあった仕草と表情をしていて、笑えるんです。

「と」の「とびだし僧」は、思わず吹き出しました〜
「よ」の「よい僧」は、僕も酔いそうでした〜

『「か」なら「かゆそう(僧)」かな〜?』なんて想像するんですね〜。
でもだいたい外れて、かとうさんのユーモアの発想に驚かされます。
あちこちから「ハハハ〜」「なるほど〜」などと笑い声が聞こえましたよ。

かとうさんに聞くと、構想10年だ「そう」です。
面白かったので、また行き「そう」です(笑)

かとうかずおさんの「あいうえ おもしろそう(僧)展」は11月4日まで。
鯖江市 まなべの館で開催中です。(観覧料500円・中学生以下無料)

最近のエントリー
月次アーカイブ
最近のエントリー
おNEWな眼鏡(2020.09.25)
月次アーカイブ