1020日 ()

福井市
  • あわら市
  • 越前町
  • 越前市
  • 永平寺町
  • 福井市
  • 池田町
  • 勝山市
  • 美浜町
  • 南越前町
  • 小浜市
  • おおい町
  • 大野市
  • 鯖江市
  • 坂井市
  • 高浜町
  • 敦賀市
  • 若狭町

-/---%

アナウンサー&パーソナリティ

年賀状のマナーって

2008.11.26 Wednesday
ニュースでお伝えしたウシとの撮影会。
写真を年賀状用に使いたいと家族連れに人気だったようです。
(その次の干支は撮影会が難しいなー。トラだし。)

行けずに残念・・・と思っていたら
きのう坂井市内でウシを発見!


坂井市の随応寺の交差点にいつ行っても必ずいます! 年賀状にいかがでしょう?

先日はインターネットで年賀状のマナー検定を見つけました。(ソースネクスト)
たとえばこんな問題が・・・

問 目上の人や友人 部下など相手を選ばずに使える賀詞はどれでしょう?
1・寿 2・迎春 3・謹賀新年

問 間違いはどれでしょう?
1・謹んで年頭のご祝詞を申し上げます
2・新年明けましておめでとうございます
3・賀春

分かりますか?
正解は来週ここで発表しますね(必ず更新しないと・・・)

早く知りたい方や検定を受けたい方はこちらまで
           ↓
http://www.fudeoh.com/products/2009/kentei/

発表!福井弁ランキング〜!

2008.11.07 Friday
坂井市にある東十郷小学校であった文化講演会に呼んでいただきました。


<テーマは「自分の言葉で伝えよう〜日本語と方言はおもしろい〜」>


学校の担当者の方に聞くと子ども達の今年の目標が「自分の言葉で伝えよう」と
いうことなのだそうです。

アメリカのオバマさんやマラソンのQちゃんの記者会見などを見て感じた
「自分の言葉で気持ちを伝える大切さ」についてお話をしました。


<600人も集まっていただきました>

そして子ども達に好評だったのが「伊藤裕樹が選んだ福井弁ランキング〜!」

例えば・・・

かわいい福井弁
1位 まんまんちゃん(仏壇)
2位 こべんたま(おでこ)
3位 おちょきん(正座)

県外の人が聞くと怖〜い?福井弁
1位 はよしね(早くしなさい)・・・早く死ね?
2位 あばさける(ふざける)・・・なんだか血が出そう?
3位 おとましい(もったいない)・・・恐ろしい?

ワンワンことばのおもしろ福井弁
1位 ちゃがちゃが(めちゃくちゃ)
2位 ちゅんちゅん(熱い)
3位 じゃみじゃみ(テレビの砂嵐状態)

「まんまんちゃん」や「こべんたま」で笑ってくれたところを見ると
東十郷の子ども達は日頃お年寄りともたくさんお話をしているのかも
しれませんね。 

とても嬉しく、頼もしく思いました。 ずっと福井弁を残していきたいですものね。 


<VTRに合わせてアナウンサー体験!>


お世話になった東十郷幼稚園や小学校の関係者の皆さん、ありがとうございました!



柳川投手「福井で仕事を探そうかと・・・」

2008.11.03 Monday
福井ミラクルエレファンツの柳川洋平投手がプロ野球ドラフト会議で福岡ソフトバンクに指名されました。

先日番組出演のためにFBCに来てくれて、嬉しそうな表情とこれからの決意を聞くことができました。


<おじゃまっテレフライデーの打ち合わせ中>


柳川投手に「もしどこからも声がかからなかったら来年もエレファンツでプレーするつもりでしたか?」と聞いたら
「野球をやめようと思っていました」とのこと。

「故郷の神奈川に帰るつもりだったんですね?」と尋ねると、意外なことばが返ってきました。

「福井で仕事を探そうかと思っていました」

「へー!どうして?」 「(福井の)環境がいいんです」

環境というのは暮らしやすさのようなんですねー

柳川投手はわずか1年しか暮らしていないのに、福井の魅力ってすごいものだなと改めて感じました。

「シーズンオフは絶対福井に帰ってきますよ」とも話していました。 嬉しいですね。


   <顔が似ているような・・・>



ところで、柳川投手は育成枠の指名だっただけに短期間で厳しい競争に勝っていかないと生き残れません。

エレファンツの首脳陣からは「2月に140キロ台後半を出せるように調整しろ」と言われているそうです。

つまりキャンプインと同時に目に留まる選手でないと育成枠からはなかなか残れないそうですよ。


去年、巨人のテストに合格しながらメディカルチェックによりまさかの不採用。


独立リーグのできたばかりの球団にやってきて、がむしゃらにやってきた一年でしたね。

「オリャー」と声を上げながらの力投やグラウンド整備などの裏方作業などを思い出しますが、一番印象的だったのがある負けた試合でのインタビュー。

「もっと打ってくれよと思いませんか?」と聞いたら、質問が終わるか終わらないかのうちに 「思いません!ぼくが0点に抑えれば負けませんから」と言っていました。

右腕一本でよくぞここまで這い上がってきたなと感じます。


失意のどん底から、福井の地でまさに不死鳥のごとくよみがえった柳川投手を今後も応援し続けます!

最近のエントリー
月次アーカイブ
最近のエントリー
NG連発!(2020.10.16)
月次アーカイブ