84日 ()

福井市
  • あわら市
  • 越前町
  • 越前市
  • 永平寺町
  • 福井市
  • 池田町
  • 勝山市
  • 美浜町
  • 南越前町
  • 小浜市
  • おおい町
  • 大野市
  • 鯖江市
  • 坂井市
  • 高浜町
  • 敦賀市
  • 若狭町

-/---%

アナウンサー&パーソナリティ

エレファンツ天野新監督インタビュー

2008.10.23 Thursday
プロ野球BCリーグ福井ミラクルエレファンツ天野浩一(あまのこういち)新監督にインタビューしました。 
リアルタイムふくいでは放送しなかった部分もたっぷり紹介します!

ミラクルエレファンツ天野浩一新監督(右)

Q 最近の練習はどのように行っていますか?
「打ち込みや捕り込みを中心に厳しい練習をしています。特にエラーが6球団で一番多かったので治していきたいと思っています。また、選手には社会人として当たり前の行動についても指導しているので、野球や生活態度が変わっていくと思います」

Q 藤田平前監督との大きな違いは?
「練習量です。藤田さんは自主性を大事にして、自分で練習しなさい、自分で考えて取り組みなさいと教えました。僕は自主性を重んじながらも練習を増やし、その中から生まれてくる自主性があればあるほどチームは強くなると信じています」

Q 29歳という年齢からも選手との距離が近いのではないですか?
「年齢が近い分ダラダラするのではという声も聞こえてきますが、厳しく接していきたいと思っています」

Q 芳岡、金輪、本郷、天心選手などと主力選手がたくさん抜けましたね?
「戦力外になったベテランは結果を残さないといけなかったんです。主力打者なら3割の打率が必要だったと思いますが、打てなかったことで優勝争いから遠のいてしまいました。来シーズンは強いチームを作るためにレギュラー陣を総入れ替えで臨みたいです」

Q ドラフト会議(NPB)で柳川投手が指名されることも考えられますね?
「指名があればエレファンツにとっては痛いんですが、彼は一年間上に上がりたいという強い思いでやってきました。NPBの高いレベルと良い環境のもとで結果を残せば、柳川の背中を見て追いかけたいという選手が増えるだろうと思います」

Q 同じ投手として柳川選手を見て 魅力はどんなところにあると思いますか?
「気持ちが強いこととストレートの速さが魅力です。僕も若いころはあれ位投げていたんですけど(笑)。これからの選手なのでうらやましいですね。NPBで35歳40歳まで投げる投手になってほしいです」

Q 来期の抱負を聞かせてください。
「勝っても負けてもファンが納得してくれる試合をしなくてはいけません。優勝を目指すのもありますが、負けても見に来て良かったといわれる試合を選手と一緒にやっていきたいと思います」

福井に来て1年。「魚が美味しいことが一番嬉しいです」とも話した青年監督。
精悍な表情に闘志がみなぎっていました。

今後はトライアウトとドラフトを経て新しい戦力が加わります。
顔なじみになった多くの選手(監督も)がチームを去ったのは寂しいですが、来年はどんなチームになるのか
楽しみですね。

祝!ノーベル賞 南部陽一郎さん

2008.10.14 Tuesday
ノーベル物理学賞 南部陽一郎さん(87歳・アメリカ在住)に電話インタビューしました。
ニュースで放送しましたが 貴重なお話なのでカットした部分も含めて再現します。



(伊藤) 
 この度はおめでとうございます。
(南部)
 『どうもありがとうございます』


(伊藤)
 改めて今のお気持ちを聞かせて下さい。
(南部)
 『一言で言って非常に嬉しく思っております』


(伊藤)素粒子論発表から半世紀近く、文化勲章から30年。今年はどんな気持ちで待っていましたか?
(南部)
 『別に期待はしていなかったですね』


(伊藤)
 2歳から16、7歳まで暮らしていた福井にはどんな思い出がありますか?
(南部)
 『夏、九頭竜川で泳いだこととか友人の父親に鮎釣りに連れて行ってもらったり
 中学・高校時代ですけれども、やはり夏に小舟渡という九頭竜川の上流に
 1週間水泳のために毎日電車に乗って出かけました。
 冬は近くの丘で竹を割ってスキー板を作り遊びました。板の先を暖めて曲げたんですが
 使っているうちにまっすぐに伸びてしまったのが思い出です』


(伊藤)
 科学への興味も福井の時代に培われたものですか?
(南部)
 『それは確かにそうだと思います。父が「子どもの科学」という雑誌を与えてくれて一般的な
 物理への興味を持ちました』


(伊藤)
 今、福井では横断幕が出たり母校の藤島高校も大変盛り上がっていますよ。
(南部)
 『それは嬉しいですね。当時藤島高校(旧制福井中学)では火事があって県庁近くにバラックのような
 教室を作って勉強しました』


(伊藤)
 日本では子どもの理科離れが叫ばれています。福井の子供達に是非メッセージを!
(南部)
 『モノを考えるということと人に頼らないで自分で何か作ってみようとかそういうことを考える習慣を
 つけられると良いですね。
 私が今実際にやっていることは子供時代にやっていたことと全く同じことなんですね。
 そういうことを理解して貰えば有難いと思います』


(伊藤)
 体験することとどうしてなんだろうと思うことが大事なんですね。
(南部)
 『そうだと思います』


(伊藤)
 福井に帰ってくる予定はありますか?
(南部)
 『今のところ日本に帰る予定はないですね』


(伊藤)
 ぜひ健康の秘訣を教えていただきたいのですか?
(南部)
 『何も意識していないですね。父も90過ぎまで生きましたから。いつまでも何かをしたいという
 希望を持つこと!意欲を持つことが大事だと思います!』


(伊藤)
 お疲れのところ、どうもありがとうございました
(南部)
 ありがとうございました



世界最高峰の方から福井の話が聞けるというのはこの上ない幸せでした!
「今やっていることは子どものころと同じ」という言葉が印象的でした。
南部先生 本当におめでとうございます!!



サンマのカツレツ

2008.10.07 Tuesday
サンマが安い!
ただでさえ安いのに、スーパーに行ったら特価で一尾60円!

そこで「愛のもう一品」で紹介していたカツレツに挑戦しました。
チーズ風味というのが魅力的です。



二尾でもサンマとはこれ如何に(笑)

三枚に下ろしますが、刺身と違って皮や骨の処理をしなくて良いので楽チンです。


粉チーズをパン粉に混ぜて…小麦粉・卵・パン粉の順につけます。

オリーブオイルでこんがりと揚げます(焼きます・・・かな)


ものの10分で完成! 


ボクは醤油でいただきました。
作りたては最高に美味しかったです。

安い!早い!美味い!の3拍子そろったサンマのカツレツ ・・・お薦めです!

詳しいレシピはこちらまで→http://www2.fbc.jp/tv/ojama/ainoippin/page61951.html

思い出の清原選手

2008.10.02 Thursday
昭和60年9月 その人と大阪のエスカレーター乗り場で偶然鉢合わせました。

甲子園で優勝した直後のPL学園 清原和博選手。

プロ入りの契約金は1億円と騒がれていましたが ボクは就職活動(アナウンサー試験)に苦戦中の貧乏学生。

自分は果たして給料をもらえる身になれるのかという不安の中で、目の前に立つ高校生には
「もうすぐ1億円!?」と思うと ため息が出ました。(言うまでもなく騒がれるだけの選手でしたよね)

昇りのエスカレーターだったので、清原さんがどんどん大きくなっていくようで忘れられない光景です。



10年ぐらい前…広島球場の外野席で観戦していた時 清原さんの打球がライナーで飛んできました。

打った瞬間は「サードライナー?」と思った打球が・・・ホームラン!

とにかくスゴイ打球で これがプロのスラッガーだと思いました。



清原選手の奥様は福井の方ですよね。 

遠い世界の大選手なのに そんなこんなで親しみがわきます。 23年間お疲れ様でした。



それにしても王さんに清原さん、そして地元のエレファンツ藤田平監督・・・

寂しい秋ですね。




最近のエントリー
月次アーカイブ
最近のエントリー
伊藤農園2020(2020.07.31)
月次アーカイブ