1020日 ()

福井市
  • あわら市
  • 越前町
  • 越前市
  • 永平寺町
  • 福井市
  • 池田町
  • 勝山市
  • 美浜町
  • 南越前町
  • 小浜市
  • おおい町
  • 大野市
  • 鯖江市
  • 坂井市
  • 高浜町
  • 敦賀市
  • 若狭町

-/---%

アナウンサー&パーソナリティ

足湯と手湯と…

2015.11.27 Friday
     

芦湯(あしゆ)に行ってきました。
芦湯という名の足湯…

ご存じですよね。
あわら温泉の人気の施設に初めて行きました。

日頃足が冷たくなる方なので、とっても気持ちよかったです。
思わず、全身浸かりたくなりましたが(笑)
リフレッシュして気分よく散策していたところ、次に見つけたのが…

なんと手湯!

     

手も温めたらもう我慢できず、結局セントピアあわらで全身を温泉に浸かりました〜

     

今度はお腹が空いてきたので、あわら湯のまち駅前の「源の屋」さんへ。
こんなに美しいオムライスを作れるシェフは最近は少ないかもしれませんねえ。
さすが老舗の洋食店〜とても美味しかったです!

芦湯だけで帰るつもりが、ついつい足が向くあわらの魅力を実感しました。
次の機会には、屋台村「湯けむり横丁」を訪ねてみよう。

ラグビーから学ぶアナウンス!?

2015.11.20 Friday
     

ラグビーの取材に行ってきました。

ラグビーはパスでボールを繋ぎ、トライを取るのが基本的なルール。
ボールを落とすだけで反則になるので、パスには慎重さが必要です。

しかし楕円球なので、投げるにも、捕るにもコツが要ります。
近くの選手には「無回転」で、遠くの選手には「タテ回転」で投げる。
もちろん目を見て、受け手がキャッチしやすいように。

これはアナウンサーの役割に似ているかもしれないと閃きました!

相手がキャッチしやすいように、丁寧に情報というボールを伝えることが大事。
そのために目を見て、受け取ってもらいやすいよう工夫をする。
こんな事を高校生に話してみました。

     

アナウンスコンクールの審査での挨拶をお願いされた時に使ったネタです。
伝わったかなあ(笑)
コンクールでは上手な生徒が大勢いて、自分も頑張らねばと刺激を受けました。

ところでラグビーの取材は、「おじゃまっテレ」の「悠LIFE」。
シニアチーム「福惑」で活躍する大野市の62歳の男性を中心に紹介します。
12月1日(火)16時40分ごろの放送です!

北のスターへ!平沼選手

2015.11.12 Thursday
     

前回は吉田選手のことを書きましたが、今度は平沼翔太選手です。

今回も会ったときに、「いつも見てます」と言ってくれました。
以前も「おじゃまっテレを見てます」と言ってくれたんです。
でも練習しているはずですよねえ???嬉しいですけど。

そうしたら平沼選手のお父さんも、「『お散歩』が好きですわ〜」
あと、『ミスターQ』もね」と。
「ありがとうございます。2人に伝えておきます!」(笑)

ドラフト会議で北海道日本ハムから4位指名を受けた平沼選手。
敦賀気比高校で入団交渉に臨みました。

両親とともに応接室に入ってから1時間半…
平沼選手は球団スカウトとともに会見場に姿を見せました。

Q仮契約が済んでいかがですか?
「着々とプロ野球選手に近づいていると実感しました」

Q意気込みは?
「プロになる夢がかなったので、次は一流のプロ野球選手になる夢に
向かって日々努力したい」

Qどんな選手になりたい?
「いろんな人を魅了する選手になりたいし、野球をやっている子どもにとって
憧れの選手になれたらと思う」

Qそのために必要なことは?
「内野手は経験が無いので人と同じでは1軍に出られない。
人の何倍も練習するのが最低条件だと思います」

Q契約金については?
「契約金は親に渡して(使い道を)考えたい。お金は興味がない。
多い、少ないという思いはない。これからが大事」

Q今の練習内容は?
「球団からもらったランニングやキャッチボールのメニューを毎日こなしています」

プロでは内野手としてスタートを切るセンバツ優勝投手。

     

学校の玄関には、センバツ優勝を記念した展示コーナーがあります。
その隣には、OBの内海投手と東出選手のコーナーもありました。
いつかここに北海道のスター平沼選手(投手)のコーナーができることを願っています!

ドラフト1位吉田選手

2015.11.05 Thursday
     

福井市出身で敦賀気比から青山学院大学に進学し、プロ野球の道へ。
オリックスから1位指名の吉田正尚選手が「おじゃまっテレ」に来てくれました。

福井県勢の1位指名は久しぶりで、期待も大きいですよね。
日焼けした精悍な顔立ちで、スター性も感じられます。
誰かに似ていると思ったら、目元が俳優の高橋克典さんのよう。

手を見せてもらったら、ちょっと驚きました。
指が太く、手のひらに厚みがあって大きいんです。
小顔と対照的で、さすが大学野球界屈指のスラッガーだと感じました。



吉田選手はスイングスピードがプロでもトップレベルという速さ。
「ブオン!!…ブオン!!…」と音が凄かったですね。

生放送でぶっつけ本番でしたが、受け答えも堂々としたものです。
「3割30本塁打30盗塁」のトリプルスリーを目指してと言ったら
「盗塁30は難しいですが、3割30本100打点」が目標とのことでした。



色紙に書いてくれた言葉が、「頂」。
グローブにも書き入れている文字だそうです。
いつも心にあるのは「一番上を目指したい!」という強い気持ち。

大学日本代表の4番が、プロでも「頂点」を目指します!
最近のエントリー
月次アーカイブ
最近のエントリー
NG連発!(2020.10.16)
月次アーカイブ