713日 ()

福井市
  • あわら市
  • 越前町
  • 越前市
  • 永平寺町
  • 福井市
  • 池田町
  • 勝山市
  • 美浜町
  • 南越前町
  • 小浜市
  • おおい町
  • 大野市
  • 鯖江市
  • 坂井市
  • 高浜町
  • 敦賀市
  • 若狭町

-/---%

アナウンサー&パーソナリティ

京都グルメ…

2013.06.25 Tuesday
     

高瀬川に祇園…
久しぶりに京都の町を歩きました。
外国人観光客がかなり目立ちましたよ。

京都駅では福井の女性グループに「伊藤さ〜ん」と声をかけてもらいました(照)。

以前から行きたかった蕎麦店を訪ねました。
暑かったので、冷たい蕎麦(1000円以上)を注文。
しかし、これが生温かい!

老舗だったので「昔ながらの冷たさ」ってこんなものなのかなとも思ったんですが。
できれば茹でた後に冷たい水でしめてほしかった。
福井の店ではありえない「温度」でした。

気を取り直し、夜に行ったのが高級ウナギ店。
味は悪くないんですけど、値段の割には小さくて厚みもない。
福井の三方で食べられるウナギの方が、ふっくらとして食べ応えがあって美味です。

2店とも京都ならではの町屋の風情で、他所にない雰囲気でしたけどねぇ。
本当はここに書いてお勧めできればと写真も撮ったんですが、使えません(苦笑)

図らずも福井の蕎麦や三方のウナギはレベルが高いなあ! 
そう思ったのでした。

1万人のスマイル!

2013.06.18 Tuesday


似顔絵を描いてもらいました。 似てますよね〜
画いてくれたのは、石川県の西沢小百合さん。



さらさらさら〜っと筆を進めて、3分ほどで完成!

実は西沢さん、日本一周しながら、出会った人の「笑顔」を画いているんです。



しかも、自ら車を運転しながらたった一人で。
車には、全国の人がメッセージを書いたステッカーがいっぱいでした。
「余市(北海道)」の地名も発見しました。

1年前に「1万人の笑顔」を目標にスタートして、すでに人数は突破したそうです。
スゴイ偉業!!ですよね〜

3日後のゴールを前に坂井市をまわるとのことで、取材もさせてもらいました。
僕もモデルとして笑顔になり、自分の似顔絵を見て再び笑顔になり…
福井でも多くの人が感動体験をしたようです。

絵の横には、『「ひろ」い世界に「き」ぼうをもって…』の文字。
名前を使ったメッセージも添えられています。
西沢さんの行動力を思うと、言葉の重みが増しました。

フェイスブック(「にっ顔絵さゆり」)を見ると、無事故郷にゴールしたようです。
西沢さん、ありがとうございました〜そして、お疲れ様でした!

元メジャーを倒せ!

2013.06.11 Tuesday


県営球場のバックネット裏でエレファンツの試合を観戦しました。
力投する藤井投手…しかしあと1本が出ない打線…
FBCラジオの実況中継を聞きながら応援しましたが、惜敗でした。

解説は、「おじゃまっテレ」の「スポーツ万歳」でおなじみの広瀬哲朗さん(元日本ハム)。
石川の先制点となった場面では…
「2ボール1ストライクでしょ。ここで何か仕掛けてくるよ」
その直後にヒットエンドラン成功! さすがですね。

それにしても、吉川アナが伝える石川の選手の経歴にビックリ!
「4番カーターは元メジャーリーガーで…」
「ピッチャーのマルティネスはマリナーズに入団し…」
「木田投手は巨人からメジャーを経て…」(もちろんこれは知っていましたが)

いずれの選手も全盛期は過ぎているとはいえ体も大きくて、エレファンツの選手が力負けする印象。

でも、そんな投手を打ち崩したり、打者を抑えれば大きな自信になるでしょうね。
実際に、先日は木田投手から、この日はマルティネス投手から得点を挙げました。
そしてきのうは、富山の大家投手(元レッドソックス)からも。

エレファンツはついに7連敗を喫し、前期の優勝は無くなりました。
でも、前期が弱いのはよくあること。
今年もここから「ミラクル」が始まるのです。

がんばれ!エレファンツ!

兄弟そろって晴れ舞台

2013.06.04 Tuesday


男子81キロ級の決勝が始まると、一気に周りの人の数が増えました。
注目の選手は、3月に全国選手権で初優勝した藤島高校3年伊藤祐輝選手。
「全国王者」の試合を間近で見ようと、他の選手たちが集まってきたようです。

県立武道館で行われた柔道の県春季高校総体に行ってきました。
柔道の試合を生で見るのは初めて。
張りつめた空気の中、胴着を着た二人が対峙する姿はカッコイイですね。

優勝すればインターハイ出場が決まる大事な試合。
伊藤選手にとっては、負ければ全国2冠の夢が断たれてしまう一戦です。

相手は北陸高校2年米澤智史選手。
勝負は伊藤選手がこだわる「一本」は取れなかったものの、堂々の優勢勝ち!
なんと1年生の時から優勝し、これで3連覇だそうです。

伊藤選手のことは「おじゃまッテレ」の「スポーツ万歳」で紹介したばかり。
将来は医者を目指し、朝4時半から猛勉強しながらの柔道日本一だそうです。
テレビ出演がプレッシャーになることもなく、落ち着いた試合運びでのV3でした。



実は直前に行われた73キロ級では弟で藤島高校2年伊藤悦輝選手も初優勝!
決勝では、鮮やかな「背負い投げ」を決めました



つまり兄弟そろって夏のインターハイ出場が決定しました!
おめでとうございます!

兄は「このまま勢いに乗ってインターハイも優勝したい」
弟は「兄と一緒にインターハイに行きたいと思っていた」と笑顔で話していました。

夏の福岡でも、兄弟ともに闘志あふれる戦いを期待します。

最近のエントリー
月次アーカイブ
最近のエントリー
自宅の危険度を(2020.07.10)
月次アーカイブ