930日 ()

福井市
  • あわら市
  • 越前町
  • 越前市
  • 永平寺町
  • 福井市
  • 池田町
  • 勝山市
  • 美浜町
  • 南越前町
  • 小浜市
  • おおい町
  • 大野市
  • 鯖江市
  • 坂井市
  • 高浜町
  • 敦賀市
  • 若狭町

-/---%

アナウンサー&パーソナリティ

MAIWAKA DRIVE

2014.07.29 Tuesday
金曜日、北陸道の福井インターを、11時に出発!

     


そして開通したばかりの舞若道の小浜インターに到着したのは、12時10分!

     

ほんとに1時間10分で小浜に着いちゃうんですね〜
かつての夏の27号線の大渋滞を知っているので、隔世の感を禁じえません。


近くなった小浜では、「すし政本店」で絶品のお寿司を堪能!
少しサービスしてもらいました…大将に感謝!

     


海を見たり、三丁町を歩いたり…

     


美しい田烏(たがらす)の棚田へも足を延ばしました。




インター近くの道の駅には、スターのサインがいっぱい!
おお!FBC女子アナ7も発見!

     


それにしても、舞若道の走行は快適でしたよ。
新しい路面は轍(わだち)がなく滑らかで、トンネル内は明るくスッキリ!

それに、敦賀市の全景と三方湖の景色には目を奪われます。

ただ、対面通行なのでドライバーは要注意!
脇見をせず十分に車間距離をとって、安全運転を心掛けましょう。

舞若道が「○○○」に見えた!

2014.07.22 Tuesday
     

舞鶴若狭自動車道が全線開通し、連休中の観光地は大賑わいでしたね〜
早く利用したいです。

開通前のある日、舞若道の地図を見ていたら…「ウナギ」に見えてきました(笑)
そこで、若狭町の専門店「淡水」に行ってきました!

     

三方湖産のウナギがふっくらと焼かれた香ばしい鰻丼。
旨さに感激し、たっぷりスタミナを蓄えました!
三方五湖インターチェンジから行くと、便利です。

もう一度、地図を見ていたら…今度は「ラーメン」に見えてきました(笑)
そこで、敦賀市の「一力」にも行ってきました!

     

行列に並ぶこと15分。
とんこつ醤油の「敦賀ラーメン」は絶品でした!
全線開通で敦賀が近くなった嶺南の人もたくさんいますよねぇ。
北陸自動車道敦賀インターチェンジから行くと便利です。

ほかにも嶺南には、フグ、浜焼きサバ、へしこ、くずまんじゅう…
なかなか強力なラインナップ!
近くなった「嶺南グルメ」は、食べる人も地元も元気にしてくれそうです!

ビッグニュース

2014.07.14 Monday
     
ピッカピカのアスファルト、輝く白線!
開通直前の舞鶴若狭自動車道(敦賀―小浜間39キロ)を見てきました。

ネクスコ中日本による報道陣向けの見学会に参加。
北陸自動車道とつながる「敦賀ジャンクション」が東の起点です。
嶺北と嶺南がやーーーーっと高速道路でつながる!と実感しました。



バスに乗って小浜方面に向かうと、すぐにビューポイントが!
衣掛(きぬかけ)大橋の上から右手に広がる「敦賀の町と日本海」です。
高速で走るとあっという間でしょうが、バスから降りたのでじっくり楽しめました。
(このほかにも道路の高さがある分、あちこちの嶺南の風景が新鮮でしたよ)



衣掛大橋は高さが70メートル(20階のビルと同じ位)。
下には、JRの線路、国道、高圧送電線もあって、大変な難工事だったとか。
どれどれ〜と下を覗くと、気絶しそうになりました(笑)



このあと開通区間の間に14本もあるトンネルのうちのひとつも見学。
笹子トンネルの事故以降、安全性向上に徹底的に取り組んでいるということでした。
LED照明の明るさと、外が猛暑とは思えないほど別世界の涼しさを感じました〜

     

開通前なのに車で走ったり、降りて歩いたりと貴重な経験をしました。
そういえば三方五湖パーキングエリアの豪華な女子トイレもリポートしました。

     

嶺北と嶺南の一体化、観光、産業振興など福井の命運を握る舞鶴若狭自動車道。
今年のビッグニュースである全線開通は、今月20日(日曜日)の午後3時です。
FBCでは午後4時から特別番組を放送しますのでぜひご覧ください。

あの場所

2014.07.08 Tuesday
      

甲子園を目指す「春江工業・坂井」の練習に行ってきました。
学校再編による連合チームで、2・3年生は春江工業、1年生は坂井高校。
選手たちがしてくれる元気の良い挨拶が、気持ちいい!
「機材を持ちます!」とまで言ってくれた部員も。(もちろん遠慮しましたが)

川村忠義監督は「こいつらの笑顔がいいでしょう!」。
僕が野球をやっていたころは、練習中に歯を見せると怒られたものです。
今や、時には笑顔で楽しく野球をする学校が甲子園に行く時代。

春江工業は去年の春甲子園に出場したあと、その後2回のチャンスは逃しました。
1年生の時からプロが注目する栗原 陵矢君は3年生でキャプテン。
「大観衆の中で興奮したし、素晴らしい場所でした。もう1回あの場所に戻りたい」

     

とはいえ第1シード「春江工業・坂井」も、楽には勝てそうにありません。
工大福井、高志、敦賀気比の各シード校に加えて、連覇を狙う福井商業。
さらに啓新も力をつけているようですし、今年は多くの学校にチャンスがありそう。

憧れの「あの場所」を目指す夏の高校野球福井大会は今月19日に開幕。
「春江工業・坂井」の横顔は、9日(水)の「おじゃまっテレ ワイド&ニュース」で紹介します!

ボルガライスと池上遼一さん

2014.07.01 Tuesday
     

越前市新保の「伊万里」は、2つの理由で有名なお店。
ひとつは、越前市の名物「ボルガライス」がおいしいこと。
カツが大きくて、デミグラスソースのオムライスが絶品です!

     

もうひとつは、劇画家・池上遼一さんの妹さんのお店であること。
店内には、越前市出身の池上さんの画がいくつも飾られています。

店の本棚から池上作品を手に取ると、少年時代の記憶もよみがえりました。

     

代表作のひとつ「男組」。
70年代に大ヒットし、その時に池上遼一さんという名前を知りました。
当時はまだ子どもでしたが、池上さんが描く人物には憧れました。
主人公「流 全二郎」は非の打ちどころのないイケメンで、「山際涼子」は超美人!
当時のマンガの中でも、池上さんの画のインパクトは際立っていました。

今回初めて読んだ「サンクチュアリ」は、大都会東京の政治や闇社会がテーマ。
バイオレンス感たっぷりのオトナの漫画でした。

凄いなあと思うのは画がとても丁寧なことと、どこを探しても「越前市」を感じないというか(笑)

ボルガライスとともに池上遼一さんの世界をたっぷりと味わいました〜
最近のエントリー
月次アーカイブ
最近のエントリー
おNEWな眼鏡(2020.09.25)
月次アーカイブ