929日 ()

福井市
  • あわら市
  • 越前町
  • 越前市
  • 永平寺町
  • 福井市
  • 池田町
  • 勝山市
  • 美浜町
  • 南越前町
  • 小浜市
  • おおい町
  • 大野市
  • 鯖江市
  • 坂井市
  • 高浜町
  • 敦賀市
  • 若狭町

-/---%

アナウンサー&パーソナリティ

窓の向こうは??

2021.06.26 Saturday
福井駅前で可愛らしいイラストを発見しました。
「そこの窓をのぞいてみてね!!」との吹き出しが。

 

「どれどれ…」とのぞいてみると、工事現場が。
まあ、予想は出来たんですけどね(笑)

 

少し離れて現場を見ると、「三角地帯」が広~い更地に。
大名町の新しい「繊協ビル」はもう完成間近!

感染収束を願う佐佳枝廼社の「折り鶴」は、本殿に加えて
新たに(?)社務所の方にもたくさん下がっていました。

 

早くコロナ禍から人々が開放され、賑わいの時代がきますように。
今しか見られない(はずの)エキマエの風景に出会いました。

県の緊急事態宣言が発出中です。
気を紛らすことも取り入れながら、日々の感染対策を行いましょう!


□□□□□□いと!うまし□□□□□□ 

「よくばりセット」 南風(福井市中央)

 

沖縄には行けないので、料理だけでも「南風(ぱいかじ)」で。
テイクアウトでお願いしました。

ラフテー(豚の角煮)2種類に、アグー豚のメンチカツやソーセージ
海ブドウと、定番家庭料理のニンジンしりしり

ごはんも食べたかったので、別におにぎりも買いました。
スパムと卵焼きが入っていて、おいしかったです。

沖縄民謡を聞きながらいただきました。
ごちそうさまでした!

青いバラ

2021.06.19 Saturday
会社の机に咲く「青いバラ」
きれいな上に、いい香りがします。



「越前和紙」でできたアロマディフューザーなんです。
初めは真っ白ですが、少しづつ染まっていきます。

 

作っているのは、鯖江市の「ギャラリィ あいりぃ」
耐久性が強い「雲龍紙」を使い、丁寧に形作ります。

「おじゃまっテレ」の「北陸3県イイトコどり~」で
紹介させてもらいました。

美しく、手作りの温かみがあり、芳しい!
毎日癒されています。

このバラは、すバラしい~(笑)



□□□□□□いと!うまし□□□□□□

「山うにラーメン(塩)」 ほやっ亭(鯖江市莇生田町)

 
 
河和田地区の「山うに」は、伝統の薬味です。
赤ナンバ(トウガラシ)と鷹の爪、ユズなどで作るそうです。

鍋の薬味に使う「山うに」だから、ラーメンにも合いそう。
「塩」と「味噌」があり、「塩ラーメン」を注文。

まず、未完成の「山うに」が運ばれてきます。
ラーメンを待っている間に、自分でおろして仕上げます。



5分ほどおろすと、ユズのいい香りがしてきます。
そしてラーメンが登場し、「山うに」をトッピング!

具は「焼き鳥(ハラミ)」と野菜がたっぷり。
「山うに」を少しづつ溶かしながら、味わいました。

爽やかで辛いという独特の風味の「山うに」はラーメンにも
ピッタリで、熱々の「タコ焼き」が付いてくるのもうれしい。

おいしかったです! ごちそうさまでした。

パレスチナのオリーブオイル

2021.06.12 Saturday
去年の国際コンテストで「金賞」を受賞したオリーブオイル。
「パレスチナ・オリーブ」の名の通り中東産です。

   

パレスチナがオリーブの産地だとは知りませんでした。
生産者支援のために山梨の会社が輸入し、全国で販売しています。

僕は仙台の「ユーラシアストーリー」さんから取り寄せました。
風味豊かで、パンに漬けて食べるととってもおいしい!

他にも石鹸などパレスチナの製品が販売されています。
「ザアタル」という香辛料も初めて知りました。

 

ただ、このハーブの香りには何となく覚えがあるなあ…
オリーブオイルやパスタ、ピザとの相性抜群です。

これらは、戦火が絶えない地域で女性たちが作っているそうです。
イスラエルとガザ地区の戦闘では、多くのパレスチナ人も亡くなりました。

停戦と伝えられたものの、まだまだ心配です。
この食品に出会ってから、パレスチナが身近に感じられます。

リモート会見「福井放送さん!」

2021.06.05 Saturday
パソコン画面の向こうは、ボート競技で東京五輪出場を決めた
県スポーツ協会の冨田千愛(ちあき)選手です。



先月、FBCの会議室から「リモート会見」に出席しました。
同様に多くのマスコミが社内から取材するオンライン形式です。

まず代表質問があり、心境について問われた冨田選手は…
「(自分では)五輪をやるか、やらないかはどうすることも
できないので、複雑な思いがあります」と語りました。



続いて各社からの質問に移り、「まずは東京のテレビ局や
スポーツ紙から指名されるだろうなあ」と思っていたら…

「福井放送さん!どうぞ」、まさかのトップ指名!
ちょっと慌てましたが(笑)、チャンスとばかり3つも質問しました。

Q (関西電力に所属し)福井を拠点に練習したことが
東京五輪につながりましたか?

「リオ五輪が終わったあと調子が悪くなりました。その時に
思い切って福井に来て、3年間良いトレーニングが積めて、
本当に良かったと思っています」

Q (鳥取出身ですが)福井の県民性をどう感じていますか?

「(嶺南は)方言が関西寄りなので最初は怖かったです(笑)
自動車学校では私がどんくさいこともあって、怒られて…
でも接してみると温かく、家族のように思ってくれて
本当は優しいと感じています」

Q 福井の好きな食べ物は?

「へしこが有名で食べてみるとすごくおいしくて
びっくりしました。地元が鳥取なので海のものには
慣れているんですが、福井は違ったおいしさがあります」

およそ1時間に渡った「リモート会見」で冨田選手は
福井への感謝の思いも丁寧に答えてくれました。

パソコン越しの姿や話し方からは想像がつかないパワーと
この状況下で五輪の切符を勝ち取る精神力には、天晴です!


□□□□□□いと!うまし□□□□□□

「熟成牛タン食べ比べステーキ弁当」 刻(福井市若杉)

 

タン元からタン先の熟成ステーキが入っています。
動きが少ないタン元はやわらかで希少、タン先はかため。

そのまま食べてもご飯との間にタレがあって味はバッチリ。
メインのネギ塩ダレは、味も食感も計算され尽くされた印象。

最後に、〆はレモンを搾ってさっぱりといただくのがおススメかも。
とってもおいしかったです。

ごちそうさまでした!
最近のエントリー
月次アーカイブ
最近のエントリー
福井県初!(2021.09.25)
月次アーカイブ