1029日 ()

福井市
  • あわら市
  • 越前町
  • 越前市
  • 永平寺町
  • 福井市
  • 池田町
  • 勝山市
  • 美浜町
  • 南越前町
  • 小浜市
  • おおい町
  • 大野市
  • 鯖江市
  • 坂井市
  • 高浜町
  • 敦賀市
  • 若狭町

-/---%

アナウンサー&パーソナリティ

福井にも球音!

2020.06.25 Thursday
  

福井ワイルドラプターズの坂本竜三郎捕手(鯖江高校出身)。

開幕戦を取材し、月曜日に「おじゃまっテレ」で紹介しました。

福井市生まれですが、専用球場に魅力を感じ鯖江高校に進学。
県大会では2打席連続ホームランを放ち、注目された選手です。

BCリーグは2か月遅れの開幕でしたが、坂本選手は攻守で活躍。
チームは球団初勝利を収め、現在開幕から3勝1敗と好調です。

  


今のところ県内のラプターズの試合は「無観客」で行われています。
我々取材陣は、検温、消毒と連絡先を記入した上で入場しました。

観客がいれば、坂本選手のタイムリーに沸いたでしょうねえ…
今後は少しずつでもお客さんが入れるようになるといいですね。

ところで、ここまでの4試合の相手は「オセアン滋賀ブラックス」。
今季60試合中、ラプターズは滋賀と40試合も戦うそうです。

BCリーグは12球団あるものの、新型コロナの影響で区割り変更。
近隣チームとの対戦が多い日程なんです。

スタートダッシュで弾みをつけ、県勢初の日本一へ!
坂本選手のNPB入りの夢も叶いますように!!



□□□□□□ 今週の「いと!うまし」 □□□□□□

「幕の内弁当」 御殿 當田屋(鯖江市本町)

  

FBCアプリとコラボ中の「おうちdeレストラン」シリーズ
https://www.fbc.jp/info/fukui-uchimeshi_fbcapp

今回は、老舗料亭 御殿當田屋(とうでや)さんです。

お世話になっているので、一番贅沢なお弁当を注文しました。
趣向を凝らした料理を目と舌で楽しみ、堪能!

料亭を切り盛りする栗田もも乃さんは、元鯖江市JK課1期生。
今はJKOG課の代表として、まちづくりをサポートしています。

実家の料亭の女将だった亡き母の後を継いで、日々奮闘中。
先日FBCテレビ「NNNドキュメント」で紹介させてもらいました。

老舗料亭を守るため、ふるさと鯖江のため、頑張って欲しいです。
ランチを始めたそうなので、皆さんも行ってみてはいかがですか?

ごちそうさまでした!

ここはどこでしょう?

2020.06.18 Thursday
  

最近、気に入っている場所。
新型コロナの影響もあってか、週末でも午前中はひっそり…

晴れれば木々の緑が池に映えて、小川が涼しさを演出します。
純白のスイレンや青モミジも美しい。

  


3月にウォーキングに行った時は、もっと感動しました!
まるで「西洋画」のような風景で、気分は欧州の田舎にいるよう。

   


ここはどこかというと…

あわら市の「金津創作の森」!
野外アートを楽しみながら、散歩してみてはいかがですか?


□□□□□□ 今週の「いと!うまし」 □□□□□□

「活〆穴子天丼」   矢車(福井市西方)

  

FBCアプリとコラボ中の「おうち
deレストラン」シリーズ
https://www.fbc.jp/info/fukui-uchimeshi_fbcapp


うなぎの次は、「穴子」です。
大きくてふんわりとやわらかくて、おいしかったです~

さらに、紅ショウガ・ナス・サツマイモ・インゲンかな?
そして、田楽味噌を乗せたコンニャクの天ぷらが珍しかった。

ごちそうさまでした!

蘇る!レコードの音色

2020.06.11 Thursday
   

長年壊れていた「ターンテーブル」を、新品に買い替えました!
福井にも工場がある「オーディオテクニカ製」です。

まず針を落としたのは、「シャーデー」の「プロミス」
1986年、卒業旅行で行ったNYで購入した思い出のレコードです。



ずっとレコードジャケットを、インテリアにして飾っていた一枚。
曲はジャズっぽくて洒落ていて、お酒が飲みたくなる雰囲気です。

当時、同時に買って帰国したのが、「チャックベリー」のアルバム
値札のシールが「2ドル99セント」なので、中古盤ですね。



レコードって、曲が始まる前のノイズがいいですよねー
実は僕はLP盤ってほとんど持っていないんですけど。

学生時代は1枚2500円位でしたが、レンタル店(黎紅堂とか)で
借りては
聴いていました。

レコードはCD登場で衰退したものの、根強いファンは多いですよね。
僕も少しずつ増やしていこうかなーと思っています。


□□□□□□ 今週の「いと!うまし」 □□□□□□

「うなぎせいろ蒸し弁当」  うな信(福井市毛矢)

     

FBCアプリとコラボ中の「おうちdeレストラン」。
https://www.fbc.jp/info/fukui-uchimeshi_fbcapp

今回は、老舗のうなぎ専門店のかば焼きの弁当です。

もう真夏のような日があるし、たまらなく食べたくなりました。
かば焼きとご飯をせいろで蒸しているそうで、ふわっとしてうまい!

ご飯一粒一粒にタレがしみていて、うなぎの旨味を堪能しました。
あ~おいしかった! ごちそうさまでした!

コロナ禍のような「復活の日」

2020.06.04 Thursday
外出禁止が解除されて、映画館も再開しましたね。
「テアトルサンク」ではマスク着用の上、席も制限していました。

   

選んだ作品は、リバイバル上映の「復活の日」(1980年)。
コロナ禍を連想させる内容で、全国的に注目されています。

映画では、世界中に感染性ウイルスが蔓延して猛威を振るいます。
生き残るのは、日本の昭和基地など世界各国の南極隊員だけという話。

「医療崩壊」のシーンでは、医師も看護師も白衣を着ているだけ!
「マスクをしないと感染する!」と、叫びたくなりました。

もっとも小松左京さんが原作を書いたのが1964年(昭和39年)!
「未知のウイルス」「肺炎のような症状」「進まないワクチン開発」…

半世紀以上前の映画が、今の世界的パンデミックと重なるとは驚き。
第二波への予防に身が引き締まる思いでした。

監督は深作欣二さん、主演が草刈正雄さん、撮影は木村大作さん
多くの海外ロケを行っており、邦画史上最大クラスの超大作です。

今だからこそ、多くの人に観て頂きたい作品です。
それと、オリヴィア・ハッセーがとても懐かしくてきれいでした~

□□□□□□ 今週の「いと!うまし」 □□□□□□

「若狭牛ステーキしぐれ焼きしゃぶ食べ比べ膳」 日本料理 やなぎ町(福井市順化)

     
https://www.fbc.jp/info/fukui-uchimeshi_fbcapp
FBCアプリとコラボ中の「おうちdeレストラン」から、今回は和食。
長い名前は、ステーキ+しぐれ煮+焼きしゃぶの若狭牛セットだから。

ステーキは甘辛いタレで食べるミニ丼、焼きしゃぶはさっぱりとおろし醤油、
ゴボウと一緒に炊き上げた「しぐれ煮」は、錦糸卵とご飯との相性もいい。

料亭が作る若狭牛の食べ比べは、贅沢で幸せな気分を運んでくれました。
ごちそうさまでした! ガンバレ片町!
最近のエントリー
月次アーカイブ
最近のエントリー
昭和歌謡をレコードで(2020.10.23)
月次アーカイブ