713日 ()

福井市
  • あわら市
  • 越前町
  • 越前市
  • 永平寺町
  • 福井市
  • 池田町
  • 勝山市
  • 美浜町
  • 南越前町
  • 小浜市
  • おおい町
  • 大野市
  • 鯖江市
  • 坂井市
  • 高浜町
  • 敦賀市
  • 若狭町

-/---%

アナウンサー&パーソナリティ

クリスマスのサプライズ

2016.12.27 Tuesday
     

クリスマスの日、サッカー少年に嬉しいサプライズ!
プロ入りする下口稚葉(わかば)選手が福井中央FCの練習に参加しました。

ボールが脚に吸い付くようなタッチは、凄い技術だと思いました。
「わかば選手みたいになりたい」と、子ども達にとって憧れの下口選手。
来年はファジアーノ岡山(J2)から目が離せませんね。

さて今年も「おじゃまっテレ」をご覧頂きありがとうございました。
今年の通常放送はあす28日水曜日まで。

そして木曜日は年末特別番組をお送りします。
バレーボールの清水邦広選手(パナソニック・パンサーズ)などのゲストがご出演。
ハピリンからの中継を交えて内容も盛りだくさんでお送りしますよ。

     

お買い物ゲームにもたくさんの応募をいただいています。
僕は毎年、オロオロと電卓を押す店員さんについつい目がいきます。
協力して頂いていて申し訳ないんですが、笑っちゃいます(笑)
間違って「C」ボタンを押さないのかなあと心配にもなります。

皆さんも番組を楽しみながら、今年1年を振り返ってみて下さいね。
「ふくいこの1年」は29日(木)15時55分から3時間の放送〜

それでは、良いお年をお迎えください!

おっかさん大臣

2016.12.21 Wednesday
     

以前ここで触れた新しいメガネが出来上がりました。
形はウェリントンタイプ。
フレームはチタン製で、表面は黒(手塗りだそうです)。

よーく見ると外側は1ミリ程削ってあってシルバーなんですよ。
鯖江にあるボストンクラブさんのジャポニズムというブランドです。

     

これを購入した田中眼鏡本舗さんに出演してもらったのが次回の「FBCスペシャル」。
稲田朋美防衛大臣の素顔に迫る番組です。
要職の傍ら、メガネなど故郷のPRをしていらっしゃいますよね。

今回、稲田大臣にインタビューさせていただきました。
メガネの話のほか、故郷の今立の思い出や親子関係のお話は興味深かったですよ。
22日(木)15時55分からの放送です。



そして23日(祝)は、国体に向けたトークショーの司会をします。
徳南堅太選手、脇本雄太選手、西島美保子選手のリオ3戦士がゲスト。
ここでもどんな話が聞けるのかとても楽しみです。
サンドーム福井の「スポーツフェスタ」に足をお運びください〜!

ハワイアンと永ちゃんと

2016.12.16 Friday


先週末は「音楽」に触れた2日間でした♪

土曜日は福井市のハワイアンバンドの取材。
メンバー4人は70代から80代!

その名も「ザ インキョーズ」 ← 「隠居」から名付けたそうです(笑)
近いうちに「おじゃまっテレ」で紹介します。



日曜日は息子と矢沢永吉さんのコンサートへ。
福井公演の日は仕事だったので、大阪へ。

ファンの中にもいっぱい「永ちゃん」がいました(笑)



歌った曲の中には1973年発表のものも。
僕が10歳の時の曲です!(当時は知りませんでしたけど)

小学生の時からのスターが、今も現役バリバリでシャウト!!
凄すぎます!
動きのキレと張りのある声は、日頃の努力や節制の賜物でしょうね。

それと、超大型ビジョンの鮮明さにも驚きました!
後ろの方の席でも気にならない程の、瑞々しい美しさでしたよ。

僕も67歳の熱いステージからエネルギーをもらいました。

これからも「おじゃまっテレ」を「ヨロシク〜!」

ポキッ!

2016.12.09 Friday
     

番組の収録の前にちょっとメガネを外そうとしたら、ポキッ!
なぜか折れました…つるの部分が真っ二つです!

接着剤やマッチ棒などを使って…修理!
見た目はともかく、何とかなりましたー(右の写真)

なんとその番組のゲストがメガネ屋さん!
でも「マッチ棒の添え木」は、ばれませんでした(笑)

     

さっそく御出演のお礼も兼ねて、田中眼鏡本舗さんにメガネを買いに行きました。
田中さんが「似合う!」と言ってくれたメガネ(もちろん福井産)の出来上がりが楽しみ!
もうすぐ気分一新で、「顔面も一新」します!



田中さんが折れたメガネも見栄え良くなおしてくれました〜
ありがとうございました!

読み聞かせ

2016.12.02 Friday


本の読み聞かせで大野市の乾側小学校へ。
4年生から6年生の約15人が集まってくれました。



まずは、戦争がテーマの「火の壁をくぐったヤギ」(岩崎京子)
ノンフィクション短編集で、その中から「防空壕」を読みました。

「防空壕」にもいろいろあって「階段」があったり、10畳位の広さがあったり。
立派な防空壕を隣組で見学にまわる人たちもいたと書かれていました。

ドラマで見るような質素な穴倉のようなものだけじゃなかったんですね。
しかし庶民が羨む防空壕も、雨で大浸水することもありました。

僕自身も子ども達と一緒に戦争を知る良い機会になりました。
他にも「風船爆弾」「コックリさん」なども興味深い内容でした。



2冊目は「海のいのち」(立松和平・伊勢英子)という絵本。
漁師の父親をもつ息子が、海で成長していく姿が描かれています。

青い海の絵がとてもきれいな作品でした。
登場人物や魚の「命」と、それぞれの「心情」が大きなテーマ。

父親の命を奪ったクエと少年が遭遇するシーンがクライマックスです。
銛を手にした少年とクエが取ったそれぞれの行動が印象的でした。

読みながら自分で感動していましたが(笑)、児童たちの心に響いたかなあ?
子供向けの本でも大人も感動するし、すぐに読み終えるところも魅力。
ぜひご家庭でもお子さんに読んであげてほしい2冊でしたよ。
最近のエントリー
月次アーカイブ
最近のエントリー
自宅の危険度を(2020.07.10)
月次アーカイブ