1029日 ()

福井市
  • あわら市
  • 越前町
  • 越前市
  • 永平寺町
  • 福井市
  • 池田町
  • 勝山市
  • 美浜町
  • 南越前町
  • 小浜市
  • おおい町
  • 大野市
  • 鯖江市
  • 坂井市
  • 高浜町
  • 敦賀市
  • 若狭町

-/---%

アナウンサー&パーソナリティ

もうすぐ「あんどーなつ」

2008.08.29 Friday
いよいよ24時間テレビが迫ってきましたが、福井でロケが行われたドラマの
放送も迫ってきました。

毎週日曜日に放送している「あんど−なつ」(原作は坂井市出身の西ゆうじさん)
です。

主人公が福井出身という設定で、主演の貫地谷しほりさんが足羽山でお墓参りをしたり
養浩館庭園など思い出の場所を訪れるシーンの撮影が行われました。

リアルタイムふくいの取材で現場に行きましたが、たくさんのスタッフにびっくり!
(ニュースの取材はたいていカメラマンと2人ですからねー)



桜橋のシーンは貫地谷さんが歩くだけの撮影だったので、特に手際が良かったです。

パっとセッティング、パパっとリハーサルして本番、パパパっと撤収〜

テレビの現場を仕切るのは普通ディレクターと呼ばれますが、ドラマは監督。

撤収の指示のあと、カメラマンに足羽川の鳥を探させて、撮影していました。
(放送で映像を使うかどうか注目です)

ちょっと台本を拝見すると 食事のスケジュールや内容も書かれていました。



朝食 8:00  ホテル2F  「ホテルの素敵なバイキング」
昼食 12:30 福井駅前付近 「福井のおいしいお弁当」

こんなところにも福井への心づかいが感じられました。

ドラマではどんな風に福井が描かれるか楽しみです。

8月31日(日)の夜10時30分からの放送です。

24時間テレビが終わった後になります。ぜひご覧下さい!!

新谷選手の五輪みやげ話

2008.08.25 Monday
「もう一度あの舞台に立ってみたい気持ちもある」とは意外な言葉でした。

きのう幕を閉じた北京オリンピックに出場し健闘した重量挙げ(69キロ級)の
新谷義人選手(小浜市出身)が閉会式を前に帰国し
リアルタイムふくいに出演してくれました。


「北京オリンピック出発前の新谷選手」


「年齢(現在26歳)的に次の五輪はない」と以前は話していたのに
夢の舞台に立てた興奮と目標を下回ってしまった結果(10位)との間で
トップアスリートとして揺れ動く心境が感じられました。

オリンピックに出た選手(しかも直後!)に話が聞けるなんて初めての経験で
放送以外でもいろいろと話を聞きました。

まず聞きたかったのが閉会式だけでなく開会式にも出なかった理由。

「試合が近いのに長い時間立って待たされるのがいやだった」そうです。

もったいないような気もしますが、選手にとってはまずコンディション作りですね。

選手村の生活については、他の競技の選手との相部屋だったので生活のリズムが
違って苦労したそうです。(あの北島選手も谷選手も相部屋のはずだとか)

日本の男子重量挙げは3選手だったため、先輩2人が同じ部屋になり、新谷選手は
余ってしまったようです。

その先輩の一人がよく食事に誘ってくれたそうですが、困ったことが。

「とにかくハンバーガーが好きで、朝も夜も食事というとハンバーガーなんですから・・・」

相部屋のもう一人の先輩は逃げちゃったのかもしれませんね。

断ることもできなかったようで、スポーツの世界の上下関係は大変です。

新谷さん!ロンドンでは先輩になれるはずですよ。期待してます!!

簡単に言うな!って怒られそう・・・本当にお疲れ様でした。


五輪づけ&ぬか漬け

2008.08.19 Tuesday
オリンピックの感動が続く毎日・・・

超人的な活躍がある一方で、普段の力が出せない選手も見受けられますが
福井県勢の4選手は立派ですね。

残るはソフトボールの坂井寛子投手の金メダルに期待したいところです。

さてすっかりオリンピック「漬け」の今日このごろですが、もうひとつ
「漬け」ているのが野菜です。

この夏から「ぬか漬け」を始めてみたんですが、毎日食べていても飽きません。

いろんな野菜を試してみましたが もっとも美味しいのがキュウリですね。

金メダル級の美味しさです。ビールと共にポリポリ食べるとあー旨い!



銀メダルはナスかな。漬かり過ぎてたり不十分だったり、色が不気味だったりなかなか難しいんですが。

銅メダルはダイコンかニンジン。


ちなみにピーマンは予選落ちでした・・・

意外と「うどんのぬか漬け」が美味しいという噂がありますが、どうなんでしょう?

男の料理

2008.08.11 Monday
うちの菜園ではナスに代わって トマトやピーマン、シシトウがよく取れるようになってきました。

ある日の成果です!
 



これだけではありません。 見たこともないトマトが!!
 



二つのトマトがくっ付いて生っていたのです。 不思議なことがあるものですねえ。

さっそく会社に持っていったら なんとその日はおじゃまっテレのスタジオで 「珍しい野菜」を紹介する予定だとか。

なんという偶然でしょう! 山田キャスターにもいたく気に入られ我が家のトマトがテレビ出演と相成りました。

(ご覧いただけましたか?)


そしてこの日のピーマンはボクが料理してみました。 「ピーマンとちりめんじゃこの炒め煮」です。



作り方は簡単・・・

「適量」のピーマンを「適量」のごま油で炒めて、ちりめんじゃこ「適量」を加えて、さらに炒めます。

麺つゆを「適量」加えて、水と砂糖も「適量」足して水分がなくなれば出来上がり!!

すべて「適量」なのに、男の料理はなぜか美味しいのです。 


最近のエントリー
月次アーカイブ
最近のエントリー
昭和歌謡をレコードで(2020.10.23)
月次アーカイブ