713日 ()

福井市
  • あわら市
  • 越前町
  • 越前市
  • 永平寺町
  • 福井市
  • 池田町
  • 勝山市
  • 美浜町
  • 南越前町
  • 小浜市
  • おおい町
  • 大野市
  • 鯖江市
  • 坂井市
  • 高浜町
  • 敦賀市
  • 若狭町

-/---%

アナウンサー&パーソナリティ

去る人あり 来る人あり

2009.03.30 Monday
一緒に「ニュースリアルタイムふくい」を放送している鈴木沙和子さん が退職することになり
先週木曜日が最後の放送となりました。


    <最後の放送終了後>

おととしの10月から一緒にニュースを担当してきただけにとても残念ですが 
今後のますますの飛躍を期待しています。

鈴木さんは5年前に入社した時から 飛んでいました(笑)

履歴書と一緒に送られてきたスナップ写真が「公園でジャンプしている瞬間!」。

珍しい応募写真だったのでよく覚えています。

そんな話をしたら 「私も入社試験で伊藤さんに自販機でジュースを買ってもらったのをよく覚えています」
と言われ 「???」

まったく記憶にない不可解な行動です。 迷子にでも見えたのでしょうか(笑)

さて「リアルタイムふくい」の新しいパートナーは入社2年目の東海佳奈子さんです。

これまで鈴木さんとは月曜から木曜までの放送でしたが 今週からは金曜日までを担当します。

東海さんの若いパワーに負けぬよう、頑張りますのでよろしくお願いします!

JETSが全米ゲッツ!!

2009.03.17 Tuesday
福井商業チアダンス部の取材が相次ぎました。

全米チアダンス選手権を制覇したあの「JETS(ジェッツ)」です。本当におめでとうございます。

チアダンスはどんなに苦しくても笑っていなければならない競技だけに、つらそうですね。
ある意味アナウンサーにも通じるかもしれません(笑)

それにしても帰国した際のJR福井駅は大変なフィーバー!(表現が古いけど)。



コンコースは出迎えの家族や学校関係者で溢れかえっていて、今まで見たことがない
福井駅の光景でしたヨ。

1年生の多くは福井で「お留守番」だったそうで、偉業を成し遂げた先輩たちと
泣きながら抱き合う姿が印象的でした。

また学校での報告会にもおじゃましました。
いつもチアダンス部に応援してもらっている野球部がお祝いの踊りを披露!



動きが揃っていないところもあったけど、「感謝と祝福」の気持ちがこもった男の舞いでした。
野球部はこれまで裏方だったチアダンス部の快挙に刺激されたでしょうねー。夏の甲子園に期待です。

また報告会ではPTAの会長さんが涙ぐみながら、予選を1位で通過したJETSが、
決勝で演技を変えた勇気を称えていました。

おっしゃる通りですね。もし決勝で振るわなければ「演技を変えなきゃよかった」って
必ず思うだろうから、チェンジした勇気に拍手です。


それにしても、福井商業では廊下を歩いていると運動部に限らずすべての生徒が
元気よく挨拶をしてくれることに驚きました。

小学校や中学校におじゃましたときにはよく経験しますが、高校では初めてでした。

いい生徒たちだなー嬉しいなと思うと同時に、まったくの素人だった部員たちがわずか3年で快挙を
果たしたヒントが、活気ある校内からうかがえた気がしました。

ニンジンの不思議

2009.03.10 Tuesday
東海林さだおさんのエッセイ集「丸かじり」シリーズ」(文春文庫)。

身近な食べ物を取り上げ、鋭い観察力とマンガ家ならではのユーモアあふれる視点から
書かれていて楽しめます。

日頃ぼんやりと感じていることが、実に的確に表現されていて共感します。

今回は「ホットドッグの丸かじり」を購入。
35編書かれている中で「人参の不思議」は、読んで思わず唸りました。


氏曰く、ニンジンという野菜は・・・

地味なものばかりの根菜類にありながら、群を抜く「美しさ」がある上、栄養面も優れ、
和洋中さまざまな料理に使われます。

つまり、美形で、成績優秀で、人柄人気も申し分ない存在なのです。

ところが、不思議なことにクラス会で「主役」になったことがない・・・

つまりニンジンが主役という料理はこの世に存在せず、ニンジンの名が付く料理も
まったくない・・・と東海林さんは指摘します。

ダイコンもゴボウもレンコンもサツマイモだって・・・みんな主役となっている料理が
ありますよね。(ふろふきダイコン、きんぴらゴボウ、からしレンコン、さつまいもごはん等・・・)

でもニンジンが主役だったり名が付く料理ってないんですよねー。
今まで気が付きませんでしたが。

誰もが「漠然と」感じることはいざ言葉にしようとすると難しいんですが、東海林さだおさんはすごい!

ボクも鋭い視点でテレビの前の皆さんを唸らせたい! 今日もがんばろう!っと。


ズームイン30年

2009.03.03 Tuesday
今週の「ズームイン!!SUPER」は30周年のスペシャルウィークですネ。

「ズームイン!!朝!」時代から長年関わってきた番組で、思い出がいっぱいです。

おいしかったなあ! カニ中継!
毎年のように極上の越前ガニを食べました。おそらく福井のアナウンサーの中で最も食べたでしょうね。
まあ、仕事ですから許して下さい(笑)

感動したなあ! 拉致被害者の帰国と帰郷、重油流出事故に来てくれた多数のボランティア、
大長山遭難の全員救助などなど・・・。

驚いたなあ! 福田和子元受刑者の逮捕、白装束集団の福井移住、
福留キャスターが来てくれた時の七間通りの大賑わいなどなど・・・。

怖かったなあ! 阪神大震災。現場の闇、サイレンの音、そしてたくさんの棺が忘れられません。
「物資が届くまで、用水路の水を飲んでいた」と話してくれた被災者もいました。

辛かったなあ! 2度のカニ漁取材。激しい船酔いと狭い漁船に30数時間。(漁師さんたちは本当にスゴイです。)

眠かったなあ! 中継の前の日は興奮と緊張で眠れませんでした。だから、日中は眠いのなんの南野陽子(笑)。

寒かったなあ! 真冬は口が開かなくて、「小浜」が「おばば」になるのよねぇ。

あらあら、思い出を少し書くつもりがいっぱい書いてしまいました・・・

30年前の朝7時といえば民放にとって不毛の地。全国の地方局を結んで生中継するズームインは、
多くの苦労の末にテレビ史に残る人気番組になったんですよね。

番組の末端に携わった一人として歴史を振り返りつつ、今週の放送を楽しんでます!

最近のエントリー
月次アーカイブ
最近のエントリー
自宅の危険度を(2020.07.10)
月次アーカイブ