1018日 ()

福井市
  • あわら市
  • 越前町
  • 越前市
  • 永平寺町
  • 福井市
  • 池田町
  • 勝山市
  • 美浜町
  • 南越前町
  • 小浜市
  • おおい町
  • 大野市
  • 鯖江市
  • 坂井市
  • 高浜町
  • 敦賀市
  • 若狭町

-/---%

アナウンサー&パーソナリティ

憧れの人との出会い

2009.10.21 Wednesday
 局アナの仕事をさせていただいて、とても幸せに感じる瞬間があります。
それは、様々な分野で一時代を築いた方々とお会いできることです。

 先週末にお会いしたのが シャンソン歌手の井関真人さん。
大野市旧和泉村の名物「サンソンでしゃんそん」を長年地元の人たちと一緒に盛り上げてくださっています。

その素晴らしい歌声、ステージでの楽しいトーク、そして和泉への深い愛情・・・昭和62年の「シャンソン村」設立以来、何度も和泉地区へ足を運び、常に和泉の人たちを元気づける姿には、本当に頭が下がります。

 大学の大先輩でもある井関さんと話をしていると「いつか こんな人になりたいなぁ」と心から思える方です。
実は今週土曜日のイケてる福井(24日 午後4時30分から放送)の取材でもインタビューさせて頂いております。ぜひご覧ください。

                                                                                   


そして、きのうお会いしたのが、西田敏行さんです。

ご存知、国民的人気の映画シリーズ「釣りバカ日誌」では、ハマちゃん役で日本中を笑いの渦に巻き込んでいる大俳優です。

その「釣りバカ日誌」は、ついにファイナルを迎えることになり、西田さんの舞台挨拶とトークショーのお手伝いをさせていただきました。

 15年前の福井ロケでの思い出話やシリーズ22作への感謝の気持ちを心をこめて話してくださいました。

 ちなみに私は、大学時代に西田さんが所属していた劇団「青年座」の研究所にお世話になっていましたが、
当時から若い役者やスタッフへ気さくに声をかけてくださる優しさが とても嬉しかったことを覚えています。

 今回久しぶりに「ハマちゃん」そのものの温かい人柄にあふれ またまた大ファンになってしまいました。

「釣りバカ日誌20ファイナル」は、福井シネマ1で 12月26日(土)からお正月ロードショーです。
本当に面白いです。ぜひ家族みんなで大笑いしてください。



     

俺たちがついている!

2009.10.05 Monday
  穏やかな秋晴れの日曜日 野球とふるさと関西を愛する人たちが、大阪の万博記念公園野球場に集まっていました。 
 今年、誕生したばかり関西独立リーグのオールスター戦です。

「大阪・紀州」対「明石・神戸」のスター選手の競演!!といっても 実際の中身は、ファンへの感謝をこめたお祭りです。

 一方で、同じ独立リーグのわが福井ミラクルエレファンツは、今年も悔しい最下位・・・
私もこのオールスター戦を通して、ささやかながら 来季のBCリーグとエレファンツ浮揚のヒントがないか!という想いでスタンドへ駆けつけた次第です。


 この日は、日本初の女子プロ野球選手・吉田えり投手が、神戸のユニフォームを着ての「ラスト登板」ということで、多くのメディアが、ナックル姫に熱い視線を送っていました。


そんな中 私は、スタンドの応援席へ!
そこで、改めて「厳しい経営の独立リーグを支えているのはファン」だということを実感しました。


 関西独立リーグの場合 本拠地の比較的近くに、阪神・オリックスといったNPBチームがありますが、それでも各チームには、
「でっかい夢を追う選手たちを心から応援したい」という熱いファンがたくさんいました。

 
 
その応援に少し耳を傾けてみると・・・試合中に少しでも気を抜いたプレイには「おーい ワシは、子どもの運動会を断ってきてるんやで!」(*^_^*)と一撃!

投手が大きなピンチを迎えると「おーい もっと楽しめ!」と温かい言葉・・・

打てない?打者が、登場すると
♪「お前は、出来る子、 頑張る子 ここで打てたら男前!・・・」♪ファンの大合唱!

 案の定?凡打すると 指揮を執っていたファンの一人が、
「スマセン!おじゃましましたぁ・・・(*^_^*)」と明るく挨拶して、スタンドが 笑いの渦に・・・

 もちろんこれは、公式戦ではない「お祭り」だからこその一コマですが、さすが関西人!と思わせるような鋭く楽しい応援が展開されていました。
 そして応援席には「俺たちがついている」の力強い文字が、選手たちを優しく見守っていました。


 わがBCリーグも 選手たちの「ひたむきプレイ」と「熱いファン」によって
スタンド全体で、こんな「温かさ」が広がってくれればと願っています。



 
最近のエントリー
月次アーカイブ
最近のエントリー
卒業&再スタート(2021.10.01)
月次アーカイブ