1129日 ()

福井市
  • あわら市
  • 越前町
  • 越前市
  • 永平寺町
  • 福井市
  • 池田町
  • 勝山市
  • 美浜町
  • 南越前町
  • 小浜市
  • おおい町
  • 大野市
  • 鯖江市
  • 坂井市
  • 高浜町
  • 敦賀市
  • 若狭町

-/---%

アナウンサー&パーソナリティ

スイーツギフト券プレゼント☆

2015.09.30 Wednesday
午後はとことんよろず屋ラジオ金曜日

10月からお届けするコーナーが「スイーツミュージックBOX」です。

スイーツにまつわるお便りとともに、スイーツにちなんだ曲をお送りします。

お便りが紹介された方の中からお一人に
1000円分のスイーツギフト券プレゼントもご用意しております。
 ケーキが並ぶショーケース。

キラキラして、どれもおいしそう。
前に立つだけで幸せな気分になりますね。

お使いいただけるのは、
鯖江市 中央中学校 南 菓子工房やまはつと、
鯖江市 丸山町にあります姉妹店の スイーツ&カフェぶらんです。

コーナースタートに先駆けて、ぶらんにお邪魔してきました!!
 
やまはつオーナー 山本初治さんです。 

ハロウィンの商品やディスプレイ 

 カフェスペースです

秋の味覚、栗を使ったスイーツ  定番モンブラン

 いちごのモンブラン

和栗のロール

私は今回、生チョコモンブランをいただきましたーーー。


この時期だけのお楽しみ、栗はもちろん甘くておいしくて、
生チョコは舌触りが滑らか、ほろ苦さがまたバッチリ!!
タルト生地もサクッとしていて、あっという間に食べてしまいました。

皆さんもぜひ、鯖江のやまはつ、またはスイーツ&カフェぶらんで
ひととき、おいしい幸せを。


スイーツにまつわるお便りのあて先は
FAX  0776−57−1930
メール gogo@fbc.jp
はがき 〒910−8588 FBCラジオ よろず屋ラジオ金曜日 スイーツミュージックBOX係
 まで。


例えば、スイーツを楽しみながらおしゃべりした女子会、
     お誕生日の丸いケーキの思い出、
     いつも一人こっそり食べているお菓子、などなど
スイーツに関することならどんなことでもOK。

甘〜いお菓子にまつわるお話、お待ちしております。

次のLIVEは・・・

2015.09.18 Friday
先週金曜日、あの安室奈美恵さんがよろず屋ラジオに出演してくださいました。

姿が見えなくても、声だけでカワイイなんてずる〜い!!と思ってしまうほど、魅力的。
もちろん、姿も、顔がうーーーんと小っちゃくて、目がクリクリしていて、
可愛いなんて言葉じゃ、言い尽くせないほど、可愛かったです。

で、サンドーム福井で行われた週末のLIVEも、
インタビューでお話しいただいた、金色のポンポンを持って出掛けてきました。
 

伝説(?)通り、途中にMC=おしゃべりも挟まず、歌い踊り続けていましたよ。

いやあ、やっぱりLIVEはいいですねえ。

今年5月には大阪・京セラドームで行われたサザンオールスターズのLIVEに行きました。
 

大晦日の年越しLIVEに続き、大盛り上がり。
桑田さんの歌声にしびれました〜〜〜。
今年50代最後の歳とは、とても思えないほどパワフルです。

で、6月にはナゴヤドームでサザンのLIVE。
 

「大阪と名古屋、何か違うの??」と、周りから聞かれましたが、
いいえ、ほぼ同じです。
でも、いいんです、ファン歴35年以上の私、何度だって足を運びたいのです。

そして、8月終わりにはミスチルLIVE。
 ←ツアートラックです。
友人に誘われて行ったのですが、
生の♪Tomorrow Never Knowsは、感激でした。
20年以上、トップを走るバンドの実力を見せつけられた感じです。

さあ、次は・・・年末に一つ、予定しているものがあります。
今からとっても楽しみです。

あ、こんな方のステージも。
9月10日〜15日までボートレース三国で開催されたG1北陸艇王決戦。
期間中、オーシャンホールには多彩なゲストがお越しでした。


私もボートレースをPRするボートレースラジオガールズとしてお邪魔してきました。
その日は・・・

「江頭2:50 笑いの暴走ステージ」開催の日。

タイトルに偽りなし、えがちゃん、暴走してました(苦笑)。
満員のお客様を存分に楽しませていましたよ。
まあ、テレビやラジオの放送にはのせられないギリギリのステージでしたが。
私も涙を流して笑っちゃいました。

生のステージ、LIVEはおもしろいですねえ。

よう来とっけたの〜

2015.09.10 Thursday
今月1日から、福井弁を話す自動販売機が登場しました。

飲料メーカーのダイドードリンコとFBCが協力して開発したものです。

今回は福井市を中心とした嶺北地方で話されている福井弁を用いました。

「いらっしゃいませ」、「ただいまお釣りを切らしています」、「午後も頑張ってください」など、
44の標準語のフレーズが福井弁に変わります。

実は、この声を担当したのが、私、阿部真由美!!
福井市生まれの福井市育ち。
生粋の福井人ですから、当然福井弁に関してはネイティブスピーカーです。

鯖江市生まれの鯖江市育ち、桑原貞己ANと
福井弁が達者な坂井市在住の中川さんが立会いの下、収録を進めたのですが、


これがなかなか大変でした(泣)。

自分ではスラスラと(?)福井弁で話しているつもりが、
「『○○ですって』の最後の『て』がちょっと違う」とか、
「『〜のぅ』の高さが、もう少し上がってる感じかなあ」と、何度もダメだし。
 

さらに録音には音声の情報処理を研究している福井大学の森幹男准教授にも立ち会ってもらい、
福井弁の音響分析をしてもらいました。

昨今は方言を話す人が少なくなり、地元の方言を知らない人が増えたと感じたことや、
地元の人だけでなく、観光客の皆さんにも喜んでもらいたいということで開発された福井弁自動販売機。

私も、お客様に喜んでもらえるよう、愛情込めて福井弁をしゃべりました。

思わずクスッと笑ってしまうようなフレーズもありますよ。
このシールを目印にしてくださいね。 

電車の駅やショッピングセンター、嶺北地方の道の駅などおよそ70台が設置されています。
ダイドードリンコのおいしい飲み物と共に、お待ちしておりまーす。
(後ろから出てはきませんが^^;)
最近のエントリー
月次アーカイブ
最近のエントリー
コオロギは地球をすくう??(2020.10.16)
月次アーカイブ