621日 ()

福井市
  • あわら市
  • 越前町
  • 越前市
  • 永平寺町
  • 福井市
  • 池田町
  • 勝山市
  • 美浜町
  • 南越前町
  • 小浜市
  • おおい町
  • 大野市
  • 鯖江市
  • 坂井市
  • 高浜町
  • 敦賀市
  • 若狭町

-/---%

あぐラジ あぐラジ
2023.03.14(火)

伝統野菜 菜おけ・越前こまつな

「伝統野菜 菜(な)おけ」
菜おけは、日本古来からある在来の「菜の花」の一種で、100年以上前から岡保地区で     栽培されています。日本在来のものは、茎が細めです。また菜おけは、生食でき、爽やかな苦み、そして甘味も感じられるのが特徴です。菜おけは、伸びた花(はな)芽(め)(茎(トウ)立ちしたもの)を、手で折れるとこらから折って摘み取っていきます。そして摘み取ったものを塩漬けにし、桶に保存したり、その昔は桶に入れ売り歩いていたことから「菜おけ」という名前になったみたいです。ちなみに東藤島地区の岡保に近い人達は、桶に入れることから「おけ菜」という人もいるんです。伝承料理の菜おけの浅漬けと古漬けの炒め煮がおすすめ。岡保小学校の児童の皆さんには、種まきから収穫までの作業を体験してもらったり、 出前授業なども行っています。 菜おけは、JA福井県 農産物直売所の喜ね舎、またはJAの組合マーケットなどでお買い求めいただけます

「越前こまつな」
1年を通して美味しい小松菜ですが、生産者は今の時期が一番甘みが増し、えぐみが少ないのでクセがなく美味しく食べていただけるのとの情報。アクが少ないので、揚げと煮たり、煮びたしにしたり、炒めたり、どんな調理方法でも美味しく食べていただける野菜です。 小松菜はカルシウムなどの栄養価もあり、お肉や油と調理すると脂溶性ビタミンの吸収率も高まります。お子さんからお年寄り、働き盛りの全ての皆様にお勧めの食べ方です。カットネギのように、カット小松菜にして冷凍しておくと、ネギのように何でも使える食材になるんです。生のままの冷凍が良いとのこと。栄養価も鮮度も長持ちし、みずみずしさを長期間キープすることが出来ます。凍ったまま、スープや炒め物などにも使えて とても便利 なんです。県内のAコープや量販店、スーパーでお買い求めいただけます。「越前こまつな」と書かれたパッケージが目印になっています。
2023.03.14(火)

伝統野菜 菜おけ・越前こまつな

「伝統野菜 菜(な)おけ」
菜おけは、日本古来からある在来の「菜の花」の一種で、100年以上前から岡保地区で     栽培されています。日本在来のものは、茎が細めです。また菜おけは、生食でき、爽やかな苦み、そして甘味も感じられるのが特徴です。菜おけは、伸びた花(はな)芽(め)(茎(トウ)立ちしたもの)を、手で折れるとこらから折って摘み取っていきます。そして摘み取ったものを塩漬けにし、桶に保存したり、その昔は桶に入れ売り歩いていたことから「菜おけ」という名前になったみたいです。ちなみに東藤島地区の岡保に近い人達は、桶に入れることから「おけ菜」という人もいるんです。伝承料理の菜おけの浅漬けと古漬けの炒め煮がおすすめ。岡保小学校の児童の皆さんには、種まきから収穫までの作業を体験してもらったり、 出前授業なども行っています。 菜おけは、JA福井県 農産物直売所の喜ね舎、またはJAの組合マーケットなどでお買い求めいただけます

「越前こまつな」
1年を通して美味しい小松菜ですが、生産者は今の時期が一番甘みが増し、えぐみが少ないのでクセがなく美味しく食べていただけるのとの情報。アクが少ないので、揚げと煮たり、煮びたしにしたり、炒めたり、どんな調理方法でも美味しく食べていただける野菜です。 小松菜はカルシウムなどの栄養価もあり、お肉や油と調理すると脂溶性ビタミンの吸収率も高まります。お子さんからお年寄り、働き盛りの全ての皆様にお勧めの食べ方です。カットネギのように、カット小松菜にして冷凍しておくと、ネギのように何でも使える食材になるんです。生のままの冷凍が良いとのこと。栄養価も鮮度も長持ちし、みずみずしさを長期間キープすることが出来ます。凍ったまま、スープや炒め物などにも使えて とても便利 なんです。県内のAコープや量販店、スーパーでお買い求めいただけます。「越前こまつな」と書かれたパッケージが目印になっています。