122日 ()

福井市
  • あわら市
  • 越前町
  • 越前市
  • 永平寺町
  • 福井市
  • 池田町
  • 勝山市
  • 美浜町
  • 南越前町
  • 小浜市
  • おおい町
  • 大野市
  • 鯖江市
  • 坂井市
  • 高浜町
  • 敦賀市
  • 若狭町

-/---%

アナウンサー&パーソナリティ

隠し味は、波動!

2022.06.29 Wednesday
【サーモンのミ・キュイ】

ミ・キュイとは
フランス語で、「半分火の通った、半生の」という意味。
下味をつけて、低温調理。
絶妙なところまで温めたら、急速冷却。


しっとり~、もっちり~、なめらか~!

私が盛り付けましたよ(^ー^)


こちらは
同僚の、
西田カメラマン恵子ちゃんの合作



先日、みんなで料理をしました。


料理教室を開いてくださったのは
長年、夕方の番組「おじゃまっテレ」の
料理コーナーでお世話になっている
ダンディでソフトな
岡島周二先生です。
(写真 左から2番目)

先生のテクニックを学ぶべく!
ご自宅におじゃましました。



【鶏肉のグリーンカレー】



事前に岡島先生が用意してくださったメニュー
【海の幸と野菜のテリーヌ ゼリー寄せ】

美しい!!



【ビシソワーズ】

冷製スープは、夏にぴったり!


作るのも、食べるのも
食の喜びは
とてつもなく大きな幸せを運んできてくれます。

たくさん
笑った料理教室でした。

リラックスしながら、心軽やかに、楽しく過ごした
私たちの
波動
きっと、料理の
隠し味になっているはず(^0^)
 

季節と遊ぶ★

2022.06.21 Tuesday
から初夏にかけては、
フキノトウ、花見、タケノコ、ヨモギ
つつじ、ホタルを毎年、楽しもう!と決めている。
と話してくれた友人。

「決める」という言葉に、納得。

心に決めて、狙って行動しないと
シーズンを逃してしまうことが、よくあります。

友人は、季節とたわむれるのがとても上手。

友人の見央子さんと娘の紗奈ちゃん

子どもたちと、かまくらを作って
中でぜんざいを食べたり
家の前の桜を愛でながら
外で、手づくりのランチを楽しんだり。

それほど長くはない、それぞれの旬を堪能するって
とてもぜいたくな過ごし方だと思います。

そろそろだな~と思っていたところに
友人から「ホタルが出ているよ!」との連絡が。

行きたい!行こう!行こう!
気持ちが先走ります。

私のこの勢いに乗ってくれた友人。

ホタル観賞の舞台に選んだのは
越前市白山(しらやま)地区

月明りに照らされた田園風景と
漆黒に塗られた山の稜線。
BGMは、カエルたちの歌声。


そこに、ふわりふわりと
やわらかく点滅する蛍光色の光


ぼーっとしているだけで
心が満たされていきます。

友と一緒に過ごしたからこそ十
何十倍も何百倍も味わい深い記憶に(^ー^)


 

ブーム★

2022.06.17 Friday

人気上昇中のインスタ映えスポット

近くを何度も通っていたのに
知りませんでした。

視点を変えたり、視野を広げると、
住んでいる町や身近な場所に
素敵な光景が、たくさんあるかもしれませんね。


パティスリー界の巨匠
福井がコラボレーション

ツートンカラーで
これも、インスタ映えスイーツですね。
酸味と甘みの融合。


恐竜餌やり!?

食べてね~★


恐竜バスに乗って探検だ~

左・黒原ディレクー
右・藤田カメラマン



車内や移動中の仕掛けは
まるでテーマパーク!



恐竜と一緒にお泊り


伝統工芸+α


福井ブランドを磨き
発信する取り組みが進んでいます。

6月19日(日) 朝7時からの
『朝だよ!ハピネスふくい』で!

テーマは
『ふくいブームを起こそう!』です。

私のブームは、
ずっとずっと、福井です(^ー^)

 

あわらパート② V(^ー^)V

2022.06.13 Monday
前回のブログの続きです。

全国女流選手権大会のユーチューブ配信で紹介した
あわら市のスポット特集パート2です。

北陸新幹線 福井敦賀開業まで2年を切りました!

北陸新幹線 芦原温泉駅も着々と工事が進んでいます。
完成は秋ごろ。


ちはやふる聖地になっているあわら市。

イラストにも、芦原温泉駅が登場!

ちはやふるの漫画とアニメにも登場するのが
駅近くの小西食堂です。
(アニメ・漫画では名前が違いますが)

昭和から続くお店の名物が
ソースカツ丼とおろしそばのセット

甘いソースが香るカツは肉厚でやわらかくて
食欲をそそります。

カツとそば!
福井県民にとって定番のコラボですね!

お店の居心地の良さは
スタッフのみなさんによるところが
大きいですよね(^ー^)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

あわら温泉 湯のまち広場にある
芦湯(あしゆ)

5種類の足湯でリラックスできます。
(午前7時~午後11時まで)

福井県産の笏谷石(しゃくだにいし)と
総ひのき造りの上質な空間です。
なんと、無料なんですよ!

大正ロマンをイメージした建物は
ステンドグラスが目を引きます。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

芦湯のすぐ近くには、赤ちょうちんが!

あわら温泉屋台村『湯けむり横丁』
串揚げや鉄板、おでんなど
10軒の飲食店が入っています。

おやじのフレンチてつ


オーナーシェフ・佐藤光浩さん

気さくな佐藤さんとのおしゃべりも大きな楽しみです。
県内外のホテルでシェフをされていました。

地元の食材を使った上品で美味しい料理です。

フレンチもっと身近に感じてほしいとのこと。

本日の魚料理

『近海産マダイとアジのムニエル
地元産甘エビのクリームソースで』


魚はふわふわ!
ソースは甘エビの風味・コクが深くまろやかです!


中継を一緒にしたのは
右・久嶋ディレクター
左・成山カメラマン

ちはやふるのイベントや
女流選手権大会の仕事で、長年ご縁が深いあわら。

通う度に、あわら愛が育まれていきます
(*^ー^*)
 

あわらパート① (^ー^)

2022.06.10 Friday
コロナ禍の影響で出来なかった全国女流選手権大会
3年ぶりに、あわら市の温泉旅館・清風荘で開催されました。

優雅な袴姿ですが
競技かるたは知力・体力を伴うスポーツだ!
私は思います。

今回は、競技の模様をユーチューブでライブ配信をしました。

私は、観光名所やグルメなどを巡り
試合の合間に、あわらの魅力を伝えました。

紹介した場所は、

北潟湖畔にある花菖蒲園
300種類20万本が植えられています!

4分咲きほど(6月5日撮影)


シルク生地のような なめらかな花びら

明日6月11日(土)~19日(日)まで
花菖蒲まつりが開催されます!
ちょうど見ごろの予想です(^ー^)


一緒に中継をしたのは
あわら市観光振興課の浅井美央莉さん

急きょ、出演を依頼したのにも関わらず
快く引き受けてくれて素敵な笑顔で
あわらをPRしてもらいました。

北潟湖を望める展望台からのお花畑も
お楽しみください。

北潟湖にかかるアイリスブリッジを渡った先で


おもしろ自転車に乗れますよ~




続いて、全国女流選手権大会の会場
清風荘の最高峰客室『蘆庵~RO-AN~』
女将・伊藤康代さんに紹介して頂きました。

ユーモアチャーミングを併せ持つ
女将さんにも釘付けです。


北欧と和を融合させた部屋は
温かく、清々しい空気感に包まれています。

外に広がるのは、田んぼビュー!

沈む夕日や、三国花火を観賞できる特等席。

ヒノキと十和田石の湯舟で
美肌の湯を堪能

ラグジュアリ~~★

次回は、ユーチューブで配信した
あわらの魅力パート2をお送ります!
美味しい美味しいグルメ情報もありますよ~
 

嶺南のお楽しみ★

2022.06.07 Tuesday
スケ―トボードに、ずっと憧れています。
だって、、名探偵コナン君
上手にスケートボードを乗りこなしているから(^―^)


長年の思いが通じ、
スケートボード愛好家・知原功久さん
に教えてもらうことに!

ボードに乗って、スーイスイっ、、、!?

おおい町の子ども家族館の横に
今年4月にスポーツ・レクリエーション施設がオープン!

初心者から上級者まで楽しめる
コースデザインになっている
スケートパークができました~


福井県マスコットキャラクター・はぴりゅう
スケートボーダーに


若狭町の熊川宿

左・冨田カメラマン 右・関ディレクター

かつての宿場町の雰囲気、好きです。

歴史ある建物を改修した
一棟貸しの古民家宿・八百熊川(やおくまがわ)ができました。

こちらの宿は、土蔵を改修。

大きな梁を生かし、
昔と今が融合した落ち着いた空間です。

心をほぐしてくれる
上質豊かな時間が流れます。

楽しく料理ができそうな
キッチンがあるのも素敵!

案内してくださったのは
宿のデザインにも携わった堀裕貴さん



6月12日(日)
朝だよ!ハピネスふくいでは
『嶺南の魅力を楽しもう!』というテーマでお送りします。
朝7時からです。


取材の合間のランチタイムでスタミナ補給。

左・県広報広聴課・国際交流員のピエールさん

おおい町に行ったらよく寄る
道の駅 うみんぴあ大飯へ。

食事も美味しいし
地元の食材が購入できるし
海が目の前に広がる景色も良いし

ふくいサーモンユッケ丼 
全国Fish-1グランプリ準優勝したメニューです。
ピリ辛の特性ダレとふくいサーモンのマリアージュ
おいしい!!

地元野菜をお買い物

★パクチー
(味・香りがたまりません!)
★小さいニンジン
(爽やかな風味のニンジンの葉が好き)
★一寸そら豆(大好物です!)

嶺南にもお楽しみがいっぱい(^―^)


 

あっ、雨が降ってきた。

2022.06.02 Thursday
この雨、止むな~。

と思ったのは、、

空の様子からではなく、
根拠のない確信からでした。

これまでも
天気が味方をしてくれる時が多いから。


目的地に着いたら、雨があがり曇り空に。


『恋人に捧げるバラ園』
(坂井市春江町随応寺中央)

地元のボランティア団体
「春江大好きプロジェクト」の代表
木川直美さん(写真・中央)が
1人で手掛けられたバラ園です。

左・心の友の隆子さん


一歩入るとトキメキ別世界★
高貴な香り~マスク越しでもわかります。





ウサギが、おとぎの世界観を演出


幾重にも重なる花びらが美しい!


木川さんとの出会いは14年前。
取材でお世話になりました。

バラ園に着いて電話をしたら
外に出てきてくださいました。

「1人でこれだけのお庭をつくるのは大変ですね」と言うと
「好きだから~」と木川さん。

好きという情熱。
これって、とてつもないパワー。
自分でも止められないくらいに。

『好き』のすごさを改めて感じました。


木川さんは地域の魅力を発掘し磨き
広げる活動をされています。
パワフルで明るくて、さまざまな活動を
いつもしんでいらっしゃるな~と
お会いする度にそう感じます。



雨が止んで良かった~と話をしていたら
雨が降った後や朝露が降りた時は
香りが一層漂って良いということを教えてくれました。

あっ、それなら
来る時に雨が降っていて
逆に良かったんだ~(^0^)

バラ園は6月初旬までです。
入場無料です。

木川さん!
来年もハッピーをもらいにバラ園へ伺いますね!

 
最近のエントリー
月次アーカイブ
最近のエントリー
魔法使いがいたら★(2022.11.28)
月次アーカイブ