527日 ()

福井市
  • あわら市
  • 越前町
  • 越前市
  • 永平寺町
  • 福井市
  • 池田町
  • 勝山市
  • 美浜町
  • 南越前町
  • 小浜市
  • おおい町
  • 大野市
  • 鯖江市
  • 坂井市
  • 高浜町
  • 敦賀市
  • 若狭町

-/---%

アナウンサー&パーソナリティ

ホーム★ですって!嬉しい★

2016.05.30 Monday
福井県を『ホーム』と感じてくれる人を増やすぞ〜!!
そして、ホームに感じてくださった方には、より心地よく思ってもらえるように頑張るぞ〜!!


これは、ずーーーっと思っている私の気持ちです。


競技かるたを題材にした映画『ちはやふる』
小泉徳宏(のりひろ)監督
が福井にいらっしゃいました。
とってもとっても気さくで、優しい監督です。



映画『ちはやふる』の上の句と下の句が大ヒット上映中〜!
青春、恋、スポーツ根性、絆、葛藤、かけがえのない仲間。
様々なジャンルに心が揺さぶられます。


鍵となる登場人物の一人、新(あらた)が福井県出身なので
実際に福井県でもロケをして、下の句では県内の景色やスポットが出てきます。


小泉監督は、撮影でエキストラとして協力してもらったりおいしい食事を用意してくれた
福井のみなさんに感謝されていたほか
『福井県のお米が本当においしい、感動した!!』とおっしゃっていました。

映画化にあたって、下見をしたり撮影やイベントなどで福井県を度々訪れ
『ホームのように感じる』とも話してくださいました。



福井県は、学校の授業でカルタを学ぶほか
競技かるたが盛んでかるた王国とも言われています。

今年の1月嬉しいニュースが入ってきました。
競技かるたの世界で性のトップ!つまり、名人が福井県から誕生しました!!
川﨑文義さん(写真・右側の男性です)

イベントに来てくれた女の子から、名人になるためにはどうしたら良いか質問があり
『人よりもとにかく練習をすること。あとお母さんの言う事を聞いてくださいね』とおっしゃっていました。


左にいらっしゃるのは福井県かるた協会会長の山﨑みゆきさん
以前、競技かるたで、女性のトップ『クイーン』になった経験をお持ちです。


映画『ちはやふる』の続編の制作が決定しています。
福井で、また撮影をしてほしいです〜ねっ。



移動します〜★

2016.05.25 Wednesday
出会いが嬉しい!!
だから、仕事っておもしろい!!


そう思える御縁が数多くあります。

山本麻衣さん(33歳)との出会いも、そのひとつです。

先日、『キラリ情熱人』というコーナーで取材をさせて頂きました。
(放送は5月16日でした)

福井市に在住の山本さんは、飲食店の店先やイベント会場で
本を販売している移動本屋さんです。
店名は『meruhon(メルホン)』


棚を組み立てて、その棚に山本さんが厳選した絵本や小説
暮らしや食に関する本を並べています。
並べる本は、地域やイベント内容を想像しながら、その都度変えているそうです。


本の事を勉強するために絵本が充実している京都の書店でも働いた経験があります。
月に1回敦賀市立図書館で絵本の読み聞かせもされています。
店に来た子どもたちにも、絵本を読んであげています。


とっても柔らかくて優しいお声にうっとりします。心地が良いです。
山本さんのお人柄が声にあらわれているのだと思います。

自然体でとにかくチャーミングで、スカっと爽やかな方です!

初めてお会いした時から、勝手ながら、近い存在に感じました。
親しい友人と再会したような、、、しっくり感がありました。


山本さんが小さい頃に母親に読んでもらったという絵本を手に
こう話してくださいました。

『絵本を広げると小さい頃の記憶がよみがえってくる。
だから絵本の力ってすごいなと思う。
今の子どもたちも大人になった時に、よみがえってくるような本と
ここで出会えたら良いな〜って。それが願いです。』



子どもたちは将来、店先で絵本を読んでくれた優しいお姉さんのことも
きっと思い出すことでしょうね★★



袖から耳へ★

2016.05.11 Wednesday
この2つ、、どうしよう。

ということでピアスにした3セット。


付ける時に思うのは祖父のこと。

『おじいちゃん、今日も宜しくねっ!』


元々は祖父のカフスボタンでした。

私が小学校3年生の時に亡くなった祖父。

そこからしばらく祖母の元にあり、
祖母が亡くなる前に、譲ってもらいました。

祖父が現役で仕事をしていた時の物なので計算すると、
もう50年以上前の物になります。


しばらく宝石箱で眠っていたカフスボタンたちが目を覚まし、
これからは私の耳で活躍してくれることでしょう。

朝、耳につける時、祖父と対話をしているようです。



顔 顔 顔

2016.05.02 Monday
様々ながありました。

京都府舞鶴市です。
福井県高浜町と隣接している街ですね。


『近い!!!大きい!!!!!!!』

訪れた日は、日本に6隻ありうちの2隻のイージス艦が停泊していました。
国家機密で情報公開できないため、どの艦船が停泊しているかは
行ってみてからのお楽しみです。
【海軍ゆかりの港めぐり遊覧船(30分)・・・土日祝日とお盆のみ運行】

レーダーやミサイルを搭載したイージス艦を見て、
心が引き締まるような緊張を感じる一方で、
乗組員のみなさんが遊覧船に乗っている私たちに手を振ってくれる
和やかな交流もあり、心の緩急を味わうことが出来ます。


護衛艦が停泊している自衛隊桟橋は、劇場版名探偵コナンの17作目『絶海のプライベート・アイ』
舞台にもなったんです。

コナン君ファンの私としては、『コナン君が来た場所だ!!!』とテンションが上がりました。


『赤レンガパーク』


明治時代からの建物で12棟が残っています。
カフェや博物館、イベントスペースとなっています。

シーズンになると毎週、結婚式が行われているとのことです。
赤レンガに純白のウエディングドレスが映えるでしょうね。
レトロでおしゃれな空間です。



海軍ゆかりの地・舞鶴の名物料理が『海軍肉じゃが丼』

肉じゃがは、舞鶴発祥の料理だったんですね〜
濃いめの味付けでおいしかったです。
赤レンガ2号棟『cafe jazz』で頂きました。


『五老スカイタワー』

海抜347メートル。

リアス式海岸特有の入り組んだ海岸線や舞鶴市内を一望できます。
360度の大パノラマ!

穏やかな水面を眺めていると心がフラットになるようでした。


タワーに併設しているカフェで頂いたのは、舞鶴の空と海をイメージしたスカイクリームソーダ
鮮やかなブルーに心奪われます。




戦後、舞鶴は引揚港として、長年にわたり、引揚者を迎え入れた地でもあります。

去年リニューアルされた『舞鶴引揚記念館』では、引揚の歴史を紹介しているほか、
過酷なシベリア抑留の時に使っていた衣類や生活用具などを展示しています。

中には、ユネスコの世界記憶遺産に登録された貴重な資料もあります。
尊い平和を後世に語り継ぐ記念館。



様々な表情を持つ舞鶴。
また訪れたい地です。




最近のエントリー
月次アーカイブ
最近のエントリー
かれこれ。30年ほど前★(2020.05.22)
月次アーカイブ