527日 ()

福井市
  • あわら市
  • 越前町
  • 越前市
  • 永平寺町
  • 福井市
  • 池田町
  • 勝山市
  • 美浜町
  • 南越前町
  • 小浜市
  • おおい町
  • 大野市
  • 鯖江市
  • 坂井市
  • 高浜町
  • 敦賀市
  • 若狭町

-/---%

アナウンサー&パーソナリティ

トイレ★におじゃまします。

2015.01.30 Friday
前回のブログに掲載した、私の心を穏やかにしてくれる
可愛い彼女が教えてくれた、もうひとつの素敵な話。


彼女:『トイレの神様って歌があるでしょ〜あれってね、本当なんだよ』



彼女の言葉の波動は、いつも私の心を柔らかくしてくれます。



彼女: 『たくさんの神様が、みんなの家にいてくれるんだけど、神様たちが家にたどり着くと
    着いた順で好きな部屋を選ぶんだって』



早い者順ということですね。
どうやら、部屋ごとに神様がいてくれるそうなんです。

彼女:『でね、最後にたどり着いた神様は、トイレしか残ってないから、トイレにいるんだって』


確かに、もし家の中で好きな所を選んで居場所にしてね。と言われたら…
優先順位をつけると、トイレは最後になるかもしれません。


彼女: 『ただね、どうしてその神様は、たどり着くのが最後になってしまったかと言うと、

た〜〜〜っくさんの財や福が詰まった重たい袋を担いでいるから、

ゆ〜〜っくりじゃないと進めないんだって。

だからトイレ掃除をすると良いって言うのは、その豊かな神様が喜んでくれるからだって』



トイレ掃除は、いつも、なるべく早く済まして出たいと、ついつい思ってしまいます。
でも、どなたかが住んでいてくれるなら、心を込めてきれいにしよう
という気持ちになりました。


教えてくれた彼女の心も綺麗です

綺麗な心の人は、見ている物や感じることも綺麗です。

そんな彼女と一緒にいると心が洗われます。

この話を聞いたら、これからお手洗いに入る時には『おじゃま致します。』と言ってしまいそうです(^_^)♪

難★★

2015.01.27 Tuesday
難が有る。。。 

嫌悪感を抱いてしまうような言葉ですが、、、

『ありがとうってことなんだよ』

私の心のモヤモヤが晴れない時に、同僚が可愛い笑顔で教えてくれました。




難が有る。 有難う。

難が無い。 無難。



『ほんとだ〜!!』
私には衝撃でした。

この言葉でどれだけ心が楽になったことか。


困難には、多くの学びや大切な気づきがありますね。

それならやっぱり、った方が良い。
大きく成長できる、変化できる可能性が【難】には秘められているから。



最近読んだ本に書いてあったこと。
心配とは【心を配る】こと。

普段使っている身近な言葉を紐解いてみると、、、これまた気づくことがありました。
言葉を見つめ直すと、そこには先人たちが込めてくれた温もりを感じます。

言霊★
脈々と受け継がれてきた、温かな思いを言葉に乗せて…
発信していきたい。

と、心新たになりました。

まるで春のようでした★

2015.01.15 Thursday
限りなく白に近い、淡い桃色に包まれ

まるで春の柔らかい陽射しが差しこんでいるようでした。



福井市出身の小説家・宮下奈都さんの印象です。

先日、番組で対談をさせて頂きました。

今は、生まれ育った福井で子育てをしながら執筆活動をされています。

小説の中には、福井を舞台にした作品もあり、福井に住んでいる人や福井を知っている人なら
馴染みの光景が広がるはずです。

宮下さんの作品は、働く女性、子育てをしている女性、一生懸命生きる女性に
寄り添いながら背中を優しくポンと押してくれるような、温もりとエールを感じます。


お会いするのを楽しみにしていました。

本を読み進むうちにわかってくる主人公の お人柄から、
『宮下さんも、きっと心優しい方なんだろうな』と、対談前から勝手に思っていました。

でも、、、キツイ人だったらどうしよう。
とは言っても、こんなことを考えたってどうしようもない。
きっと素敵な方だ。。

と、お会いする前は、このように 考えても仕方がないことが頭をぐるぐるを巡っていました。


対談当日、ご挨拶をさせて頂いた時に、一気にホッと私の心が解きほぐされました。

『なんだろ〜このやわらかさ』

物腰柔らかで、ゆったりと穏やかな語り口。

この冬の真っ只中に、春を感じるような、素敵な方でした。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

本とも、出会い。

その時に、ふと手にしたり、目に入ってきた作品には
今の自分に大切なメッセージがあるかもしれませんね。



最近のエントリー
月次アーカイブ
最近のエントリー
かれこれ。30年ほど前★(2020.05.22)
月次アーカイブ