930日 ()

福井市
  • あわら市
  • 越前町
  • 越前市
  • 永平寺町
  • 福井市
  • 池田町
  • 勝山市
  • 美浜町
  • 南越前町
  • 小浜市
  • おおい町
  • 大野市
  • 鯖江市
  • 坂井市
  • 高浜町
  • 敦賀市
  • 若狭町

-/---%

アナウンサー&パーソナリティ

私のベース★

2014.10.29 Wednesday
   御飯がピンク色におめかし
    
                              茶碗は、福井県が誇る焼物・越前焼です。

11年前に越前陶芸まつりで、この茶碗と出会い、淡い桃色に惹かれて作家さんから購入しました。
あれからずっと食卓を共にしています。

茶碗に入っているのは丹波黒豆御飯です。
知り合いに教えてもらい、お茶用の乾燥黒豆を入れて炊きました。



炊き込み御飯はワクワクがいっぱいです。

材料を入れて炊く時。 うまく出来ますように。

湯気が上がってきた時。 いい香り〜

蓋を開ける時。 出来はどうな〜♪♪ 



大げさかもしれませんが(笑)、陶芸家が窯から作品を取り出す時のような感覚ってこんな感じかしら。
と思いました。

陶芸は、想像しながら作品を窯に入れるものの、窯から出して初めてわかる
釉薬の神秘があるんですよね。


以前、タコの炊き込み御飯を作った時に、蓋を開けてビックリ!!
『あれ!?私、タコを入れ忘れたのかな〜??』と思い、しばらく眺めてしまいました。
入れ忘れたのではなく、タコが縮み、全く存在感がなくなってしまったのです。

まっ、これもひとつの経験と思い、
とってもとっても小さくなってしまったタコを食べながら笑みがこぼれてきました。


先日実家に帰った時に、母親と手分けして夕食の支度をしました。
普段の夕食の準備と何ひとつ変わりはありませんが、なんだか温かい気持ちになりました。

高校を卒業後に、実家を離れたので、いつも料理をする時に思い出すのは母の味
これが私の料理のベースになっています。

一緒に料理をしながら、『高校までに、もっと一緒に料理をすれば良かった』と思いました。
そうしたら、料理のレパートリーがどれだけ広がったことか
それに母の家事も、すこしばかり楽になっただろうに。と

台所に立つのは好きな方です。
料理はアート☆
自分の手から何かを作り出すのは心弾む作業です。


土の衣裳をまとったサツマイモ★
  
                             生のままでも、こんなに黄色いんです。

秋の恵みに感謝してスイートポテトを作りました。


素材の味を生かすために砂糖は少な目にしたのと、サツマイモ感を出したかったので
裏ごしはしないで、身の食感を少し残しました。

秋冬の夜長は、料理!かなっ(^ー^)♪ 


『綺麗になったね☆』

2014.10.15 Wednesday
戦前、祖母の両親が、嫁入り道具として祖母に持たせた桐ダンス




『おばあちゃんは、若い頃、どんな女性だった?』

『何を見つめてきた?』


と、この桐ダンスに問いかけたくなります。

戦火を逃れ祖母と共に歩んできた桐ダンス。

『桐子さん』

これは、祖母が亡くなった後、我が家でつけた桐ダンスの愛称です。

桐子さんって何?っと思われるかもしれませんが、もう『物』という感覚ではないのです。


祖母が亡くなり、桐ダンスを引き取ることにしました。
生前、祖母から、嫁入り道具だという事を聞いていました。
特別な思いがあったに違いありません。

桐子さんも、嫁いでから、かれこれ80年近くなります。

桐ダンスの特徴である密閉性もなくなり、傷みも激しかったので修理に出しました。


今、桐ダンスを修理に出す人が増えているということで、1年ほどかかり、帰ってきました。


『まぁ、綺麗!!!』

ツルツル美白の美肌です。


タンスを全て分解し、カンナで表面を削ったそうです。
新品のよう!

これからも、一緒に時を刻む大切な大切な家族です、桐子さん★★



最近のエントリー
月次アーカイブ
最近のエントリー
箱の中には…(2020.09.29)
月次アーカイブ