62日 ()

福井市
  • あわら市
  • 越前町
  • 越前市
  • 永平寺町
  • 福井市
  • 池田町
  • 勝山市
  • 美浜町
  • 南越前町
  • 小浜市
  • おおい町
  • 大野市
  • 鯖江市
  • 坂井市
  • 高浜町
  • 敦賀市
  • 若狭町

-/---%

アナウンサー&パーソナリティ

☆☆THE MAN☆☆

2014.07.31 Thursday
惚れちゃいました♪

東京スカパラダイスオーケストラ
冷牟田竜之さんが率いる8人のスカバンド。


音楽も雰囲気も男臭く、重量感があってかっこいい!!!
色気も漂っています。

サックス、トランペット、トロンボーン、ギター、ベース、キーボード、ドラムが弾ける
極上エンターテインメントです。

バンド名はTHE MAN

先週は、日本最高峰とも言われる野外フェスティバル
『フジロックフェスティバル』にも出演したんですよ〜


THE MANが 福井に来ます♪ 
8月2日(土)FBCサマーフェスタでライブ!!

福井市中央公園で一緒に音の波に身をゆだねて踊りましょっ
THE MANのステージは夜7時からです。


実は、、、私がサックスを始めたきっかけにもなったバンドですふふふ(^−^)


川ガール♪『3・2・1』

2014.07.24 Thursday
2014年夏心も体も弾みました〜


川と友達
  
身をゆだねる。
ゆ〜らゆ〜ら、ゆりかごに揺られているみたい(^ー^)
あ〜癒される〜〜っと、思いきや!!


  
時には激しい流れがある岩肌を滑り降りたり、岩から川に飛び込んだりスリリングな体験も



見るのとするのとでは大違い!!
川に飛び込むまでに少し躊躇しましたが『3、2、1』の掛け声と共に
勇気が湧いてきて、飛び込みました



『キャニオニング』ってご存知ですか?
私は最近、知りました。
さわ下りのことだそうです。


坂井市丸岡町竹田川の上流でキャニオニングを満喫しました。

  
優しくて気さくで頼もしいインストラクターのお兄さんたちと一緒


私は小さい頃から自然の中に身を置くことが大好きで、いろいろな遊びをしてきました。
ケガをして帰ってくると、母親が『かっこいいね〜♪』と褒めてくれたので
私はケガは誇り高き勲章だと思ってきました(笑)
幸い今まで大きなケガをしてないので良かったです。

そんな、わんぱく!?な私でも、これほどまでに川と触れあったのは初めて
爽快です!!


生き物探し
 


川と戯れた後は、竹田地区の温泉に入り、古民家でランチです。
   

家の畑で採れた食材を使っているという田舎料理は私の大好物ばかり
  


このキャニオニングは、越前市にある会社・田中地質コンサルタント田中謙次社長が仕掛け人です。


地質や地盤の調査をしている会社で地元の森、里、川のことを知り尽くしています。
仕事で得たノウハウを地元に還元できたらという思いで17年前から様々な自然体験活動をしています。

キャニオニングは今年始めたばかり
『その地域、地域の人たちと手を組み、キャニオニングを通して多くの人が訪れ
地元の元気につながってほしい』
とおしゃっていました。



川から、たくさんのギフトをもらいました。
 

心地よい疲労感と共にエネルギーチャージができました。
居心地が良い仲間との心地よい体験が、体を通り、ハートに届きました。


川の中で過ごしたあの感覚が、心にも体にもしっかりと刻まれています。

川の水や木々、岩が私たちのことを温かく見守っていてくれるような、そんな気がしました。


魔法☆

2014.07.17 Thursday
小さい頃は、あまり好きではありませんでした。
あのドロっとした食感が苦手でした。

トマトの話です。

しかし、今は大好きな野菜のひとつです。
食べると、体がのがわかります。

トマトカレーを作りました。
野菜を炒めた後に入れる水を、全てトマトジュースにしました。
トマトの果肉感も欲しかったので、ホールトマトも加えました。

カレーの中に、しっかりとトマトの味を感じます
最近、度々作る料理です。

こちらは、 『トマトジュレ』
  


170gという大容量で、27キロカロリーというのも嬉しいっ!

福井県の特産!フルーツトマト『越のルビー』も入っています。
ご当地ジュレ〜〜♪ですねっ
福井市の会社『アコス』の新商品です

かき氷にかけるのも、おすすめ!
お気に入りのスイーツです。
野菜の栄養を色々なカタチで取り込めますね。

********************************************************************************
余談ですが、、、どうしてかは覚えていませんが、小学生の頃、サラダが嫌いでした。

でも、ある時から、サラダを食べられるようになりました。

小学生の私は、思ったのです。
『サラダを、お母さんはおいしそうに食べるな〜』と。

そういえば、私が少し苦手な食べ物があると、
母は、『これ、おいし〜な〜』と言って、笑顔で食べていました。

私は、今、苦手な食べ物は何もありません。

母の思惑通り!?私はすっかり言葉の魔法にかかったようです。
野菜嫌いな子どもも多いですが、この魔法は、もしかしたら効果があるかもしれません


最近のエントリー
月次アーカイブ
最近のエントリー
今年もつくりました★(2020.05.29)
月次アーカイブ