527日 ()

福井市
  • あわら市
  • 越前町
  • 越前市
  • 永平寺町
  • 福井市
  • 池田町
  • 勝山市
  • 美浜町
  • 南越前町
  • 小浜市
  • おおい町
  • 大野市
  • 鯖江市
  • 坂井市
  • 高浜町
  • 敦賀市
  • 若狭町

-/---%

アナウンサー&パーソナリティ

今はこれで、青春してます★

2014.04.22 Tuesday
何かに夢中になるって、苦しく辛い。
でも、だからこそ強烈に輝く。

青春が再び!そんな気持ちになります。




競技かるたを題材にした末次由紀さんの漫画『ちはやふる』

主人公・千早(ちはや)が小学6年の時に転校生の新(あらた)との出会いによって
競技かるたの楽しさを知り夢中になっていきます。

千早と、同級生の太一、そして新(あらた)を軸にした青春物語。

新の故郷は、福井県あわら市!
そして新のアルバイト先である『勝義書店』が今月5日あわら温泉駅近くにオープンしました!


 【ちはやふるギャラリー】 
お店の中では、ちはやふるの漫画やグッズの販売をはじめアニメ絵コンテも展示されています。
オープン前には、ギャラリーの外に、県内外のファンのみなさんの行列ができていました。




すぐそばに新がいるような、、、、
漫画、アニメの世界と現実世界が交差する不思議な空間。


千早、太一、新のパネルと写真撮影もできます
  
   千早と太一            新


6月1日までの期間限定オープン。
そのあと6月7日から再オープンし、さらに漫画複製原画も展示されます。(〜6月22日)

再オープンの期間中は【ちはやふるweek inあわら】と題して
あわら市では、『ちはやふる』にちなんだイベントを開催します


競技かるたが盛んな福井県。
同僚たちと話をしていても百人一首にかなり詳しいです。

畳上の格闘技とも言われる競技かるた。
知力、体力、精神力が必要です。

FBCテレビではアニメ『ちはやふる2』(毎週水曜 深夜1時30分〜)を放送しています。

一緒に青春しませんか〜




点が線に、そして円に☆

2014.04.08 Tuesday

瞳がとても輝いていました。会話を弾ませてくださるチャーミングな南果歩さん
凛とした姿が印象的なジェントルマン緒形直人さん
陽気な会話で場の雰囲気を一気に和らげてくださる笑顔が素敵な田中光敏監督


映画『サクラサク』が4月5日土曜に公開となりましたが
公開の前日に緒形直人さん、南果歩さん、田中監督にインタビューをさせて頂きました。

映画『サクラサク』は、福井県内でも撮影が行われました。
あわら市、勝山市、坂井市、福井市、美浜町など、良く知っている場所がスクリーンに出てくるのは
不思議な嬉しさがあります。


緒形直人さん演じる俊介と、南果歩さん演じる昭子の夫婦関係は冷え切り
2人の子どもとも、心が通い合わない中、父親が認知症に。

初め冷たい印象を与えていたスクリーンが徐々に温度を帯びていきます。
その温度には、福井県が重要な役割を果たしています


また、藤竜也さん演じる認知症を発症した父の言葉は、
人生を大切な人と大事に過ごすための鍵を教えてくれます。
そして、桟橋での、昭子さんと父親とのやりとりが私の一番の涙ポイントでした。

どの役柄に投影するかで見方が変わってきますよね。
映画を見た後に話をしたら、川島アナウンサーと私の涙ウルウルポイント
違っていましたので、また川島アナからもブログで紹介があることでしょう。
(?勝手に書きました。川島さんにバトンタッチ☆)

緒形直人さんは、撮影時の炊き出しがありがたかったとおっしゃっていました。
その中で、へしこ(鯖のぬか漬け)が特にお気に入りだったそうです。

南果歩さんは、毎日のように通った食堂があり、別れの際には涙ぐむほど
地元のみなさんと心の交流をされたそうです。

田中監督は、福井県のみなさんへたくさんの感謝の気持ちを伝えてくださいました。

ひとつの家族の物語。
点が線に、そして円に。



最近のエントリー
月次アーカイブ
最近のエントリー
かれこれ。30年ほど前★(2020.05.22)
月次アーカイブ