1124日 ()

福井市
  • あわら市
  • 越前町
  • 越前市
  • 永平寺町
  • 福井市
  • 池田町
  • 勝山市
  • 美浜町
  • 南越前町
  • 小浜市
  • おおい町
  • 大野市
  • 鯖江市
  • 坂井市
  • 高浜町
  • 敦賀市
  • 若狭町

-/---%

アナウンサー&パーソナリティ

こだわりの北海道プレミアム紀行 函館・小樽・登別 最終回 (読売旅行)

2014.10.02 Thursday
8月23日(土)から25日(月)まで、私、岩本和弘がご案内する
「こだわりの北海道プレミアム紀行 函館・小樽・登別」(読売旅行主催)が開催されました。
FBCラジオ「よろず屋ラジオ」の「いこっさ!読売旅くらぶ」
(第2・4火曜13:50〜放送)で企画した「こだわり満載のオリジナルツアー」です。


食・宿・観光・・・すべてにこだわったオリジナルのスペシャルツアー!
48名のお客様とともに過ごした「こだわりの北海道プレミアム紀行!」を
秋の行楽シーズンの参考にいかがでしょうか!
最終回は、3日目(最終日)の模様をご紹介します。

北海道の温泉郷を代表する「登別温泉」。
この登別温泉で最も古い歴史があるのが、「第一滝本館」です。
 

第一滝本館は、滝本金蔵 氏によって立ち上げられました。
1858年、登別に沸く温泉の噂を耳にした滝本氏は、皮膚病に苦しむ妻を連れ山奥へ。
辿り着いた温泉に浸かった妻の皮膚病はすっかり良くなり・・・
そこで温泉への感謝とその効能を広く利用されるようにと、湯守の許可を取り湯宿を創築し温泉経営を始めました。
これが「滝本」の始まり。登別温泉の始まりです。
滝本金蔵氏のおもてなしの精神は、しっかりと今に受け継がれています。

第一滝本館前の泉源公園には、間欠泉があります。
およそ3時間毎に轟音とともに噴出。
活動時間およそ50分、噴出の高さ8m、温度は80度、湯量は2000リットル。
  

「第一滝本館」の目の前が、登別温泉最大の源泉である「地獄谷」。
 

毎分3000リットルもの温泉を湧出します。
噴火活動によりできた爆裂火口跡で、直径はおよそ450m、面積はおよそ11ha。
   
泡を立てて煮えたぎる風景が「鬼の棲む地獄谷」の由来となりました。

最終日は、登別から小樽へ。
 

小樽は、古くはニシン漁の中心地として、また開拓時代以降は札幌の外港として、
北海道でいち早く近代文化が入り発展してきた場所。
  

  
ガラスの町、オルゴール、スィーツ、寿司、石原裕次郎さんのふるさととしても知られています。
食べて・見て・散策して、お土産を買って・・・観光の全てを満たしてくれる場所です。

 「小樽運河」
 
小樽港は北海道開拓の玄関口として発展してきました。
当時は、大きな船を沖に泊め、台船を使って荷揚げしていましたが、
取り扱う荷量が多くなり、そこで台船が直接倉庫の近くまで入って行ける水路を作ることになりました。
これが「小樽運河」の始まりです。
  
戦後、港の整備により、その使命は終わりを告げましたが、現在では北海道を代表する観光スポットになっています。
ガス灯も設置され、夕暮れ時には倉庫群がライトアップされ、昼間とは違った雰囲気になります。

そして、最終日の昼食場所がコチラ!
 
小樽市祝津漁港のすぐ近くにある「民宿 青塚(あおつか)食堂」。
漁師直営の民宿で、とれたて新鮮な海の幸をふんだんに使ったメニューが数多くあります。
私、岩本がなんとしてもお客様をお連れしたかった場所なんです。

10年前、番組の取材で小樽へ来た時に、タクシーの運転手さんに「是非!ここは行っておきなさい!」と
勧められた場所です。その際、お世話になったのが、経営者のおひとり、本間じゅん子さん。
 
当時いただいた海鮮丼の味が忘れられず・・・なかなか小樽に来る機会もなく・・・
本間さんにもう一度、お会いしたい・・・と願い続けて10年、ようやく叶いました。

店内は、お客さんでいっぱい・・・地元の皆さんもよく利用される食堂で、観光客にも口コミで広まっています。
私たちは、2階の大広間を利用させていただきました。
  

店の前には、炭火焼の魚が・・・ お客さんの目の前でホタテやアワビが・・・
  

店の目の前は、祝津海岸が広がります・・・
 

近くには鰊(にしん)御殿が・・・
 

今回は、本間さんのサービスで、スペシャルな特製海鮮丼をご用意いただきました。
  

「こだわりの北海道プレミアム紀行 函館・小樽・登別」
夏の終りに素敵な思い出を作ることができました。
今回の旅日記は完結です。


プレミアムでこだわりいっぱいのオリジナルスペシャルツアー。
番組では、また次のツアーを企画させていただきます。
決まり次第お知らせしますので、どうぞ番組をお聴きください!!

FBCラジオ「よろず屋ラジオ」内
「いこっさ!読売旅くらぶ」
毎週火曜13:50〜放送です。


最近のエントリー
最近のエントリー
「元号スペシャル」がギャラクシー賞 選奨 を受賞しました。 (2020.07.09)