1124日 ()

福井市
  • あわら市
  • 越前町
  • 越前市
  • 永平寺町
  • 福井市
  • 池田町
  • 勝山市
  • 美浜町
  • 南越前町
  • 小浜市
  • おおい町
  • 大野市
  • 鯖江市
  • 坂井市
  • 高浜町
  • 敦賀市
  • 若狭町

-/---%

アナウンサー&パーソナリティ

新曲『 私の人生 』

2012.12.28 Friday
「よろず屋ラジオ」の毎週火曜日(12時15分頃〜放送)の
「恒ちゃんとガンちゃんの福井を歌おう!」では、歌詞を募集しています。
その歌詞に、サウンドプロデューサー恒見コウヘイが曲を付けて、
「世界にたったひとつ、あなただけの歌」を完成させるコーナーです。

先日、金沢市にお住いの山田章人(あきと)さん(71歳)から、ご自身の人生を振り返る手記が届きました。
 『喜びと悲しみの繰り返しの人生の中で、自分自身を支えてきたのは、出会いの数々であった。
  周囲の人達の励ましに、どれほど助けられたことか・・・。生まれたその時から始まる出会い。
  その出会いに感謝し喜びを感じて生きることにより、その人は幸せな人生を全うできるのではないだろうか。
  これからも出会いを大切にしたい・・・』

という内容でした。

今回は、この原文をもとに山田さんとお話をさせていただいたうえで、
恒見さんが歌詞を作り、メロディーをのせていきました。
奥様とのエピソードなどが入った素敵な曲に仕上がりました。
タイトルは『私の人生』です。
完成した曲をお聴きください。

↓(再生はこちら)



     『私の人生』
   
   原文:山田 章人
   作詞・作曲・編曲・歌:恒見 コウヘイ

 1)
  今日までの人生 ふと足を止め
  思い深く 振り返る遠い日
  けして平坦では なかったけれど
  私なりに 歩いて来た道

  いろんな人の力や 愛や絆
  友情があった
  出会いこそ 素晴らしいこと
  気づかせてくれた

  人生は 喜びと
  悲しみの くり返し
  傷ついた心も
  やがて時間(とき)が 癒すだろう

 2)
  私の人生で かけがえないもの
  いつも そばで 支えてくれた妻 

  思えばたった一度だけ 照れを隠し
  花束を買った
  よろこんだ あの時の顔
  今も忘れない

  不器用で 正直な
  生き方しか 出来ない
  それでも 同じ歩幅で
  歩いてきてくれた

  私の人生に 心から感謝して
  前を見て あぁ歩いていきたい
  幸福(しあわせ)になる為に


いかがでしょうか。ジーンとくる歌詞にメロディーですよね。
山田さんの人生を歌ったものですが、多くの皆さんにあてはまる部分があるような・・・
人生の応援歌ともいえる曲です。
私もいつか、山田さんのような『人生の振り返り』が出来るように、
悔いのない『生き方』をしていきたいものです。

いつものように完成した曲を引っ提げて、山田さん宅を訪問し、生ギターで披露させていただいたところ、
涙を流して喜んでくださいました。

 

2番の歌詞にある
『思えばたった一度だけ 照れを隠し 花束を買った よろこんだ あの時の顔 今も忘れない』
これは、結婚25周年の記念日に、ご主人が奥様に花束を買ってプレゼントしたという実際のエピソードです。
「お互い健康で、今度は金婚式を迎えたいものです・・・」とご夫妻そろって、笑顔で話してくださいました。

歌おう!音の未来へ 

2012.12.21 Friday
12月8日(土曜日)午後1時〜4時までFBC本社テレビスタジオにて
土曜スペシャル公開生放送「歌おう!音の未来へ」が開催されました。
 

ラジオの公開生番組ですが、セット・照明などを備えたテレビスタジオからの生放送です。
  

メインゲストは、シンガーソングライターのヒナタカコさん。
パーソナリティは、大平まさひこ&野村佳奈子。
前田アナウンサーとともに、私、岩本も手伝わせていただきました。
  
 およそ100人のお客さんとともに、番組スタートです!
 

今回のメイン企画は、FBC創立60周年記念楽曲「音の未来へ」の合唱曲バージョンの初披露です。
この曲は、7月の創立記念特番で、リスナーの皆さんからのメッセージをもとに、
ヒナタカコさんが書き下ろした楽曲です。ヒナさんによる弾き語りとして生まれた「音の未来へ」。
「この曲を一人でも多くの人に届けたい!」という思いから、女声2部合唱曲として編曲されました。
さらに、ヒナさんのふるさとである坂井市の三国中学校合唱部、三国町合唱団、
春江中学校合唱部の皆さんによって「音の未来へ 合唱団」が結成されました。
この日限りの特別合唱団です。なんと贅沢な・・・

また、番組を通して「歌の素晴らしさ」を発信するために、
男性アンサンブルG・G(Gracious Gentlemen)と
ゴスペルグループ「Joyful Embrace」(ジョイフル・エンブレイス)の皆さんにも
花を添えてもらいました。

 
「男性アンサンブルG・G」は、合唱好きの60歳以上の男性で結成されたグループ。
「アンサンブルG・G」のGは、「Gracious Gentlemen」、つまり「優雅な紳士達の集まり」という意味です。
決して「じじー」ではありません。(すみません・・・失礼致しました・・・)
  
滋賀県高島市での「琵琶湖周航の歌」音楽祭合唱コンクールでは銅賞を受賞するなど、
数々のコンテストで受賞し、県内外で活躍されています。
今回は、『いざ起て戦人よ』、童謡の『ふるさと』『夕やけ小やけ』、『見上げてごらん夜の星を』を
披露いただきました。素晴らしいハーモニーとアンサンブル、心にひびく力強い歌声! 
ありがとうございました。

続いて登場したのは『ゴスペルグループ「Joyful Embrace」(ジョイフル・エンブレイス)。
福井市内の社会人や子育てママを中心に集まったゴスペルコーラスチームです。
グループ名「Joyful Embrace」は「喜びを抱きしめ、分かち合う」という意味。
 
クリスマスが近いこともあり、
「Jesus what a wonderful child」(マライヤーキャリーのクリスマスアルバム曲)
「あの鐘を鳴らすのはあなた〜Oh Happy Day」
「Hail Holy Queen〜Joyful,Joyful」(映画:天使にラブソングの挿入歌メドレー)の3曲を披露いただきました。
  
素晴らしい歌声はもちろん、力強い振り付けに、満面の笑みで歌う華やかなステージ!
感動しました。まさに「Joyful Embrace」です!

いよいよ、三国中学校合唱部、三国町合唱団、春江中学校合唱団の皆さんによって結成された
「音の未来へ 合唱団」の登場です。
本番に向けて、ヒナタカコさんにも直接指導いただき、練習を重ねてきました。
ピアノ伴奏は、ヒナタカコさん。指揮は、福井県合唱連盟の小牧伸輔さん。なんと贅沢な・・・
  

   

   

懸命に歌う中学生たち、ハーモニー、楽曲の力強さ・・・など
「歌の力」を感じることができました。
番組のエンディングでは、会場にお越しの皆さん全員で、もう一度「音の未来へ」を歌いました。
  

放送終了後は、皆さんで記念撮影。
  

 

FBC創立60周年記念ソング「音の未来へ 合唱バージョン」は、
ワイド番組内でお送りしています。どうぞお聴きください。
「音の未来へ」プロジェクトは、これで完結となりましたが、しっかりと歌い継いでいきたいものです。

FBCラジオは、これからも「ふるさとの音」をお届けしていきます。
ラジオの向こうのあなたへ。

「音の未来へ 合唱曲バージョン」 初披露!

2012.12.07 Friday
FBC創立記念60周年記念ソング「音の未来へ」が合唱曲になりました!
12月8日(土)13:00〜16:00生放送の土曜スペシャル「歌おう!音の未来へ」で、
初めて披露されます。
この曲は、7月の創立記念特番で、リスナーの皆さんからのメッセージをもとに、
シンガーソングライター ヒナタカコさんが書き下ろした楽曲です。

ヒナさんによる弾き語りとして生まれた「音の未来へ」。
「この曲を一人でも多くの人に届けたい!」という思いから、女声2部合唱曲として編曲されました。
さらに、ヒナさんのふるさとである坂井市の三国中学校合唱部、三国町合唱団、
春江中学校合唱団の皆さんによって「音の未来へ 合唱団」が結成されました。
本番に向けて、ヒナタカコさんにも指導いただき、練習を重ねてきました。
 

今回、指揮を務めるのは、福井県合唱連盟の小牧伸輔さん。
 

  

合唱曲「音の未来へ」。練習会場に素晴らしいハーモニーが響き渡りました。
歌詞もとっても素敵です。こんな歌詞!

  FBC創立60周年記念ソング
     「音の未来へ」 
  作詞・作曲・編曲 ヒナタカコ

  (1C)
   青い空 吹く風は どこへ行くのだろう
   僕らの果てしない 旅路に寄り添うように
   サヨナラの時 きっと新しい何かが始まる
   そう、だから 顔をあげて 一歩を踏み出そう
   めぐりめぐる時を越えて 伝えたい言葉があるよ
   音の波に乗せて 君の明日を迎えに行こう

  (2C)
   ラジオの向こう 聴こえてくる 懐かしい歌は
   忘れていた景色 思い出させてくれるよ
   目にはみえないものの輝き 信じているから
   あきらめたりしないよ 夢語る事を
   はるか遠い空の下で もっと自由に明日を描こう
   音の波は時を越えて 未来につながっているよ

  (3C)
   めぐりめぐる時の中で 変わりゆくものがあっても
   きっとそこで生まれてゆく 僕らのためのストーリー
   めぐりめぐる時を越えて 伝えたい言葉があるよ
   音の波に乗せて君の 明日のために歌を歌おう
   そしてまた笑い合おう


また、番組では、「男性アンサンブルG・G」の皆さんと
ゴスペルグループ「Joyful Embrace」(ジョイフル・エンブレイス)」の皆さんも
歌声を披露してくれます。
  

土曜スペシャル「歌おう!音の未来へ」
12月8日(土曜日)午後1時から、FBC本社テレビスタジオより生放送です。
パーソナリティは、太平マサヒコ&野村佳奈子。
ゲストにヒナタカコさんを迎えてお送りします。どうぞお聴きください。
 
最近のエントリー
最近のエントリー
「元号スペシャル」がギャラクシー賞 選奨 を受賞しました。 (2020.07.09)