1124日 ()

福井市
  • あわら市
  • 越前町
  • 越前市
  • 永平寺町
  • 福井市
  • 池田町
  • 勝山市
  • 美浜町
  • 南越前町
  • 小浜市
  • おおい町
  • 大野市
  • 鯖江市
  • 坂井市
  • 高浜町
  • 敦賀市
  • 若狭町

-/---%

アナウンサー&パーソナリティ

ギター製作職人 平光さん!

2012.04.19 Thursday
 人生最後のギターを製作することになったサウンドプロデューサー 恒見コウヘイさん!
 今回は、製作打ち合わせのため工房を訪れた際の模様をお送りします。

 名古屋市内のとある場所にある「ひらみつギター」の工房。
 (セキュリティー上、詳しい場所はご紹介できません。ひらみつギターHPをご覧ください)
 床や壁はすべて木製で、木の香りに包まれた工房です。
 職人の平光泰典(ひらみつ やすのり)さん。
 あの宮崎駿さんに雰囲気が似ているような・・・
  
     平光泰典さん

 もともとヴァィオリンなどを製作する楽器職人だった平光さん。
 ギターに興味を持ち、師匠に弟子入り。
 現在は、多くのプロミュージシャンのギターを手掛けています。
 手作りのため、通常は2〜3年待ちだそうです。
 この手によってギターが生み出されます。とってもやわらかく繊細な手をされています。
  
 
 側面のくびれの位置が通常より上にあるのが、平光さんが製作するギターの特徴。
 そうすることで、比較的小柄な日本人にも弾き易いギターとなります。
 ちなみにこちらは、恒見さんの友人「丸山ももたろう」さんのギター。
 リペアのため、戻ってきていました。
  

 さてさて打ち合わせが始まり・・・
 マニアックな会話が繰り広げられました・・・
 ギターは主に4つの部位(側面・表・裏・ネック)からなります。
 恒見さんが、発注しているギターは、現在、側面を製作中。
 現時点でおよそ20%が完成。まだまだ製作の初期段階です。
 ギター製作は、木を選んだあと、このような型枠にはめ込んで、
 側面の木を曲げるところから始まります。
  

 こちらが、側面の木を曲げる機械。なんと!平光さん手作りです。
 工作機械まで製作してしまうという、職人の中の職人です。
  

 今回の恒見さんオーダーメイドのギターは、
 側面の木は、インド原産のインディアンローズウッドを使用。
 濃い茶色のローズウッドで、塗装をかけた時に美しい木目が出るようです。

 表面は、ドイツ産のジャーマンスプルース(プロレスの技みたいな名前ですが・・・)
 白系の色になります。ネックの部分は、ホンジュラスマホガニーを使用するそうです。
 私のような素人には分かりませんが、最高級素材なんだそうです。

 こちらは、「ひらみつギター」専属のデザイナー 甕久人(もたい・ひさと)さん。
  
     甕久人さん

 6〜7年前に、自分のギターをオーダーしたのがきっかけで平光さんに出会い、
 専属のデザイナーになりました。材料・色・形など、デザイナーの仕事は多岐にわたります。
 今回は恒見さんから、テーマは「海」、タイトルは「マーメイド」と
 無茶なオーダーが出ています。サウンドホール(穴の開いているところ)はこのようなデザインを検討中・・・
  
 
 海・マーメイドをいったいどのように表現するのか・・・
   

 夜遅くまで打ち合わせが続きました・・・
  「弾き手の質感をギターで出したい」と話す平光さん。
 プロが道具として使うものに妥協は許されません・・・
 プロの厳しい要望を音色にしていくギター職人 平光泰典さん。デザイナーの甕久人さん。
 まさに、プロフェッショナルです。
  

 完成が楽しみです。完成した暁には、番組で音色をお届けさせていただきます。お楽しみに!


 『恒ちゃんとガンちゃんの福井を歌おう』
 よろず屋ラジオ 毎週火曜日 12:15〜放送
 どうぞお聴きください!

恒見さん ギターをオーダーメイド!

2012.04.11 Wednesday
 恒見:「ガンちゃん! 人生最後のギター買うことになったわ!」
 岩本:「前にも そんなこと言ってませんでしたっけ?」
 恒見:「そうやねん。すぐ欲しくなるねん。でも今度は本当に最後やねん!」
 岩本:「いくらするんですか?」
 恒見:「値段はどうでもええねん!買うてええやろう!」
 岩本:「・・・・・・そんなに欲しいんやったら、買ったらどうですか!」
 恒見:「そうやろ!ガンちゃんだけや。僕の思い分かってくれるの。」

 そうなんです。
 恒見コウヘイさんがギターを購入することになりました!
 これまで数々のギターを所有してきた恒見さんが、今回は「人生最後のギターや!」と豪語しています。
 なんとオーダーメイド! 素材となる「木」を選ぶことからはじめて、
 デザインなどもすべて「恒見コウヘイ氏 オリジナルモデル」です。
 といってもノコギリで木を切って・・・からはできません。
 ギター職人さんにお願いすることになりました。

 恒見さんの友人で、現在、松山千春さんなど、
 数多くのミュージシャンのレコーディングやステージのサポートをする、
 ギタリストの「丸山ももたろう」さんがいつも製作を依頼している工房です。
 愛知県名古屋市にある「ひらみつギター」で、
 ギター職人(ルシアと呼ぶそうです)の平光泰典さんが製作を手掛ける工房です。

 本格的な製作にあたって、工房で打ち合わせをすることになりまして・・・
 「ギターってどうやって作るんやろう?」と興味のあった私、岩本も同行することになりました。
 名古屋へ向けて出発です!その前に腹ごしらえ・・・
  

 次回は、製作工房(平光ギター)での打ち合わせの模様をお送りします。

 『恒ちゃんとガンちゃんの福井を歌おう』
 よろず屋ラジオ 毎週火曜日 12:15〜放送
 どうぞお聴きください!

最近のエントリー
最近のエントリー
「元号スペシャル」がギャラクシー賞 選奨 を受賞しました。 (2020.07.09)