1124日 ()

福井市
  • あわら市
  • 越前町
  • 越前市
  • 永平寺町
  • 福井市
  • 池田町
  • 勝山市
  • 美浜町
  • 南越前町
  • 小浜市
  • おおい町
  • 大野市
  • 鯖江市
  • 坂井市
  • 高浜町
  • 敦賀市
  • 若狭町

-/---%

アナウンサー&パーソナリティ

千昌夫コンサートin永平寺

2009.10.30 Friday
先日、永平寺町の上志比文化会館サンサンホールで
「千昌夫コンサート in 永平寺」が開催されました。
私、岩本が司会進行を務めさせていただきました。


第1部は、福井市出身の南部直登さんのコンサートでした。
昼間は生命保険会社のトップセールスマン、夜はギターを抱えたミュージシャン。
2007年に発売された曲「盛春歌(せいしゅんか)」。

「青い春だけが青春ではない。盛んな春も盛春である。夢を持って働いているうちはずーっと青春だ!」
と歌った、団塊の世代への応援歌は大きな話題となりました。
昨年8月には第2弾の 故郷福井を流れる清流「九頭竜川」をテーマに、川の流れに人生を重ね
人間の生き様を歌った「九頭竜の流れ」をリリースされました。

そして、第2部は千昌夫さんのコンサートでした。
1965年、高校2年生の春に上京し作曲家 遠藤実さんの門下生となり、
内弟子としての修行がはじまり、その年にデビュー。
『星影のワルツ』が大ヒット!ミリオンセラーに!
2年間歌い続けた『北国の春』もミリオンセラーに! まさに、国民的愛唱歌といえます。
その後も数多くのヒット曲を生み出し、時代を築いてこられました。
2005年には歌手生活40周年。
2007年には、ご自身の還暦にあわせ『還暦祝い歌』をリリースされました。


千昌夫さんの楽曲には、皆さんそれぞれ思い出やエピソードがあるのではないでしょうか・・・
曲を聴きながら、故郷の父母や友を思い出し、涙された方も多いはず・・・
私も幼い頃、父親がいつも風呂場で『北国の春』を口ずさんでいたのを覚えています。

『北国の春』『星影のワルツ』『味噌汁の歌』『望郷酒場』『あんた』『夕焼け雲』『君がすべてさ』などなど
数々のヒット曲の熱唱!そして爆笑トークに会場内は大盛り上がりでした。

今回のステージの模様は、FBCラジオで
11月1日(日)16:00〜17:00まで放送します。

是非! お聴き下さい!

最優秀賞は15歳の天才少女に!

2009.10.16 Friday
先日、10月11日(日)に『大和田げんき祭り』の会場にて、
「第1回福井紅白カラオケ歌合戦」が開催されました。

 

83組の皆さんが予選に参加され、
白組(男性10組)・紅組(女性10組)で本選が行われました。
私、岩本は、白組の応援団長を務めさせていただきました。

 
 
参加者の中には、他の大会で優勝経験や上位入賞経験のある方も・・・
大阪や千葉からの参加も・・・
演歌からポップスまで、ジャンルも幅広く、
かなりレベルの高い大会になりました。

EXILEの曲を完璧に歌うイケメンの若者・・・彼女が応援に来ていました・・・
この大会のために赤いジャケットを東京まで行って購入された方・・・
歌う姿が「五木ひろし」にそっくりの方・・・歌声もそっくり・・・
「大漁まつり」をとってもかわいく歌ってくれた小学生の女の子・・・
還暦の記念に出場された方・・・郷ひろみの歌を熱唱されました・・・
サザンが大好きなおじさん・・・会場は大盛り上がり・・・
歌が大好きな皆さんが大集合!

厳正なる審査の結果、総合得点で上回った、紅組が勝利!
そして、最優秀賞に選ばれたのは、
「絢香」の「三日月」を歌った
あわら市在住の中学3年生、森崎穂乃香さん(15歳)でした。
森崎さんには、賞金10万円・表彰状・大きなトロフィーが贈られました。

 
         森崎穂乃香さん

審査員を務めた音楽プロデューサーの恒見コウヘイさんによると、
「彼女は、数千人に一人の逸材。
 歌で人を感動させることの出来る天才!」とのこと。
これからの活躍、期待しています。
ご声援いただいた皆さん、ありがとうございました。

5・7・5日記 9月のMVP作品 決定!

2009.10.02 Friday
月曜日から金曜日まで、朝8時15分から12時20分まで放送の
朝のワイド番組「げんき一番」の中で、
午前11時35分頃から「5・7・5日記」のコーナーがあります。
日常の出来事を「5・7・5の17音」で表現していただいています。
俳句ではなく、川柳でもなく、「5・7・5の日記」です。
9月は、「小さい秋見つけた・・・」にちなんで「小さい」をテーマに、
「5・7・5日記」を作っていただきました。
9月のMVP作品(3作品)が決定しましたのでご紹介します!
偶然にもすべてご夫婦の「5・7・5日記 夫婦3部作」となりました。


「ハンバーグ  お前の方が  でかくない?」

<ラジオネーム:ぼたん さん>

解説:食卓に並んだハンバーグを見て・・・
    ご主人のひとこと。
   

「うるさきは  妻の小言(こごと)に  セミの声」

<ラジオネーム:こうじ さん>
解説:小言も積もればセミの声とでもいいましょうか・・・
    小言って、たいてい耳の痛い話なんです・・・


「小粒でも ダイヤに込めた 俺の愛」

<ラジオネーム:キャプテンさん>
解説:先日、嫁さんの誕生日でした。
    日頃の感謝の気持ちを込めて、光り物を贈りました。


「5・7・5日記」は、月曜から金曜日まで
「げんき一番」の中で、午前11時35分頃から放送。
メール・FAX・ハガキ・封書でお送りください。
なお、10月のテーマは「大きい」です。 
「大きい」をテーマに5・7・5の17音を作ってください!
 
  〒910−8588 FBCラジオ げんき一番
  「5・7・5日記」係
  FAX:0776−57−1930
  メール:genki@fbc.jpまでFBCラジオ



最近のエントリー
最近のエントリー
「元号スペシャル」がギャラクシー賞 選奨 を受賞しました。 (2020.07.09)