1127日 ()

福井市
  • あわら市
  • 越前町
  • 越前市
  • 永平寺町
  • 福井市
  • 池田町
  • 勝山市
  • 美浜町
  • 南越前町
  • 小浜市
  • おおい町
  • 大野市
  • 鯖江市
  • 坂井市
  • 高浜町
  • 敦賀市
  • 若狭町

-/---%

アナウンサー&パーソナリティ

さわやかツアー 旅日記 その2 「青空がとってもきれいで・・・」

2009.03.26 Thursday
第35回 FBCさわやかツアー が 2月25日(水)〜3月4日(水)まで行われました。
私、岩本和弘と行く
「南イタリアとパリ・モンサンミッシェル・世界遺産を巡るバストハイライト8日間の旅」です。
(旅行企画・実施:阪急交通社)
私が個人的に書いていた旅日記の一部を公開させていただいています。
今回は、「さわやかツアー 旅日記 その2」です。


2月26日(木) 
 7:30

  まずは「ブルボン王宮」へ
  いよいよ今日から本格的な観光が始まります。
  まずはイタリアのカゼルタの町にある世界遺産「ブルボン王宮」へ。
  ブルボン家のカルロ7世によって、18世紀に建てられました。
  設計の際の手本となったのが、フランスのベルサイユ宮殿です。
  部屋の数が1200室もあるそうです。
  中に入り大階段を上っていくと、ライオンにまたがったカルロ7世の姿にはじまり、
  高い天井に描かれた天井画、調度品、豪華な部屋の連続・・・豪華絢爛・・・
   

  そして、圧倒されるのが、庭園の広さ・・・  王宮側から遠くに見える庭園の端まで、なんと3km。
  そこまで歩いていくのは大変だ・・・と思っていたら・・・
  そこには馬車がスタンバイしていました・・・ バスもあるそうですが・・・ 
  せっかく青空の下なので、馬車で庭園を散策することに・・・
  あまり時間がなく、お馬さんにはかなり頑張ってもらいました。
  
  昼食は本場ナポリのピザ
  今日のお昼ご飯は、カゼルタの町で、ピザです。顔よりも大きいピザを皆さん平らげていました。
   
  
  いよいよポンペイへ
  そして、次はいよいよ「ポンペイ」へ・・・
  旅番組などでよく特集が組まれる、あの世界遺産「ポンペイの遺跡」です。

  ナポリ近郊にあるポンペイ遺跡は、古代ローマの都市や人々の生活をほぼ完全な姿で今に伝える遺跡です。
  
   
    ベスビオ火山(標高:1281m)            ポンペイの遺跡(外観) 
  

  西暦79年8月24日、ベスビオ火山が大噴火。 
  ベスビオ火山の南東10キロに位置したポンペイの町は火山灰に埋もれました。
  その後の発掘によって、住居、パン屋、居酒屋、井戸、整備された大通り、
  劇場、公衆浴場、下水道、壁画モザイク画・・・などなど、
  港町の賑やかな暮らしぶりが手に取るように分ります。
  爆発の際、逃げ遅れた人々は、火砕サージの熱により肺への気道に火傷を負い窒息死したと言われています。
  その後、考古学者により、灰に覆われた遺体に石膏が流し込まれました。
  家族・恋人・兄弟たちがかばい合うように、最期まで生きようとする姿が石膏像として残っています。

  およそ2000年前、ポンペイの人たちは、何に喜び、何に感動し、
  誰を愛し、誰に愛され、どんな夢や希望を持っていたのか・・・
  現代に生きる私たちと、何らかわらないはず・・・
  この日のようなきれいな青空を見て、私たちと同じように感動していたはずです。
  遺跡にたたずんで、目を閉じると・・・ 賑やかな歌声や笑い声がどこからともなく聴こえてくるような気がします・・・


  ナポリの夜景  
  ポンペイに別れを告げ、ナポリの夜景を見に行きます。
  ちょうど夕刻のラッシュ時間帯で、かなり渋滞していました。
  右から左から前から後ろから斜めから・・・車だらけ・・・
  細い隙間をバイクが通っていきます・・・
  それぞれが行きたいところへ向かっているという感じ・・・ 「ナポリ!」って感じがたまりません。
   
  

  いいよいよ世界3大夜景(ナポリ・函館・香港)のひとつに数えられるナポリの夜景観賞です。
  高台にあがり、夜が更けるのを待ちます。
  
   
  遠くには、あの青の洞くつのある「カプリ島」が・・・    ベスビオ火山が・・・

  夕陽の中、ゆっくりと灯りがともっていきます。
   

  この美しさ・・・写真では伝えきれなくてすみません。

  青空がとってもきれいな一日でした。
  明日は世界遺産、アマルフィ海岸へ行きます・・・ 
  
  次回、「さわやかツアー 旅日記 その3」もお楽しみに。続く・・・






さわやかツアー 旅日記 その1 「出発!! ヨーロッパは遠いわけで・・・」

2009.03.16 Monday
第35回 FBCさわやかツアー が 2月25日(水)〜3月4日(水)まで行われました。
今回は、私、岩本和弘と行く
「南イタリアとパリ・モンサンミッシェル・世界遺産を巡るバストハイライト8日間の旅」
(旅行企画・実施:阪急交通社)
私が個人的に書いていた旅日記の一部を公開させていただきます。


2月25日(水) 
 5:10

  JR福井駅前に集合。私が一番早いだろうと思ったら、
  ほとんどのお客様が先に到着され・・・
  「遅れてすみません・・・」という状況でバスに乗ると、
  皆さんぐっすり眠っておられました。
  まだ真っ暗、しかも大雨の中、関西国際空港へ向けてバスが出発です。

  今回、お世話になる添乗員の本多朱里(ほんだ・あかり)さんです。
  添乗からガイドまでこなすスーパー添乗員さんです。
    


 10:00  
  予定より早く関西国際空港へバスが到着。
  早速、全員で集合写真です。(関空のシャトル前)
    
 
 12:35  
  いろいろな手続きを終えて(この時点で皆さんかなり疲れてしまいました・・・)、
  AF−291便で、フランス・パリはシャルル・ド・ゴール空港へ向けて離陸!
  個人的に、飛行機は離陸の時が一番好きです。
  エンジン全開で滑走路を突っ走る、そんな頑張っている姿に心打たれます。
  車輪が地面から離れた瞬間の開放感が何とも言えません。

  旅は出会いも楽しみのひとつです。
  隣り合わせたのは大学生の男の子です。
  アルバイト代をためて、友人と年に1回海外旅行をしてるそうです。
  今回は、イタリア周遊の8日間の旅だそうです。
    

  たぶんロシア上空です。飛行機から見る空も素敵ですね・・・
    

  おそらくロシア上空です。
    

  やっぱりロシア上空です。
    


2月25日(水)
 
 17:25(ここからはフランス時間・イタリア時間です。日本とはマイナス8時間の時差があります)  
  現地時間17:25は、日本時間26日(木)午前1:25です。
  フランス・パリに到着。空港で記念撮影です。
    

  「やっとパリに到着した!」と思ったら、
  実は今回の旅はイタリアからのスタートだったわけで・・・
 
 19:00 
  AF−2304便を乗り継ぎ、イタリア・ローマはレオナルド・ダ・ヴィンチ空港へ!
 21:00 
  イタリア・ローマへ到着。
 

 22:00   
  ようやくホテルへ到着。
  長旅の疲れもなく、ホテルで記念撮影。
     

  福井を出発したのが日本時間25日(水)AM5時でしたので、
  ちょうど24時間後にホテルへ到着ということになります。
  あまり深く考えると眠れなくなるので、ここまでにしておきます・・・
  皆さん、ベッドへ・・・ 明日からの旅へ備えます・・・
  
  次回、「さわやかツアー 旅日記 その2」もお楽しみに。続く・・・
最近のエントリー
最近のエントリー
「元号スペシャル」がギャラクシー賞 選奨 を受賞しました。 (2020.07.09)