新規感染者55人 宿泊療養施設で増床へ

この記事をシェア

  • LINE
福井 2022.01.15 18:08

福井県は15日、新型コロナウイルスに県内で新たに10歳未満から70代までの男女あわせて55人が感染したと発表した。

感染の急拡大を受け、宿泊療養施設の約8割のベッドが使用されていて、県は早ければ今月下旬をめどに宿泊療養施設の病床を100床以上増やす方針を示し、「原則、入院に変わりはない」とした。(1月15日)

新規感染者のうち、学校・大学関連では新たに13校あわせて14人の感染が分かった。

福井村田製作所関連では、越前市の工場で従業員や家族など新たに17人が感染し、累計は118人となっている。

県内の感染者の累計は3537人で、1週間の累計は過去最多の360人となった。

指定医療機関に37人が、宿泊療養施設に302人が入り、自宅での経過観察は16人増えて28人となっている。