災害時の情報発信で連携 永平寺町とFBC

この記事をシェア

  • LINE
福井 2022.11.25 16:49

永平寺町とFBCは25日、防災と減災に関するパートナーシップ協定を結び、災害時には協力して町民への情報発信にあたる。(11月25日)


永平寺町役場で締結式が行われ、永平寺町の河合永充町長とFBCの池内昭彦社長が協定書にサインした。

自らも防災士の資格を持ち、町民の防災意識向上に努める河合町長は「住民の防災への関心が高くなるほど求められるのは正確な情報だ」として、FBCのラジオやテレビをはじめ、アプリなどを活用した町の防災情報の発信に期待感を示した。

FBCは今年度中に、県内全ての市町と協定を結ぶことにしている。