甲子園の切符は敦賀気比 高校野球県大会

この記事をシェア

  • LINE
福井 2021.07.21 19:57

高校野球県大会は21日、福井県営球場で決勝戦が行われ、投打に勝る強豪・敦賀気比が金津を7対0で破り、3大会連続10回目の夏の甲子園出場を決めた。(7月21日)


敦賀気比は2回ウラ、金津の好投手・藤田から下位打線がチャンスをつくると、1番・東がレフト前へ運び1点を先制。5回には7番・森田の痛烈なタイムリーなどでリードを3点に広げた。

投げては先発の本田が打たせて取るピッチングで金津打線を5回までヒット1本に抑えた。

金津は3点を追う6回表、8番・牧田が内野安打で出塁し、バントで2塁へ進み、2番の堀田のセンター前ヒットでホームを狙うが、好返球でタッチアウト。

敦賀気比が7対0で勝ち、3大会連続10回目の夏の甲子園出場を決めた。