県産食材で「フクイシウマイ」 お味は?

この記事をシェア

  • LINE
福井 2023.01.25 18:36

「シウマイ弁当」でおなじみの崎陽軒(横浜市)の協力のもと、県産食材を使ったシューマイの開発を進める県は25日、福井市内で試食会を開き、県内8店舗が手掛けた自慢の一品の出来栄えを確かめた。(1月25日)


大野のサトイモや九頭竜まいたけなどを具材として用いたものをはじめ、山うにを薬味としてのせたものも用意された。県は「フクイシウマイ」としてPRする予定で、3月には取り扱い店舗を県のホームページで紹介することになっている。

試食会に参加した中華料理店(鯖江市)の人は「自分は中華料理しか作れないので、和食の作り方や発想を聞いて本当にためになった」と話した。

崎陽軒開発本部の津久井瞳室長は「皆さん独自の思いと食材の使い方で取り組まれていて、すごくおいしかった。シウマイを使って(福井の食材を)広めてもらえればうれしい」と話した。

崎陽軒では3月に首都圏で福井県産の食材を使ったシウマイ弁当を販売する予定で、新幹線開業を前に売り込みを強める。