新たな手土産を発掘 新幹線開業で福井PR

この記事をシェア

  • LINE
福井 2022.06.23 16:43

北陸新幹線の県内開業に向けて、新たな手土産や弁当を発掘する商談会が23日、福井商工会議所で開かれた。福井の魅力発信やブランド力の強化につなげる。商談会の開催はコロナ禍の影響で3年ぶり。(6月23日)


調味料としても使える新商品「へしこ塩」は、これまでは捨てられていた鯖のへしこの製造過程でできるぬか床を加工し、複雑で濃厚なへしこのうま味をそのまま閉じ込めた。

メーカーの担当者は「ここまでへしこの味をダイレクトに気軽に使ってもらえる商品は初めてだと思う。新幹線が来るタイミングで、福井の魅力がしっかり県外の方に伝わるようにみんなで協力してやっていけたら」と話した。

会場には全部で18のブースが設けられ、若狭牛をぜいたくに使った牛めし弁当や県産コシヒカリの米粉を使ったシフォンケーキなど県産品を活用したさまざまな新商品が並んだ。