朝倉氏遺跡に彩り 期間限定の風鈴と和傘

この記事をシェア

  • LINE
福井 2021.07.22 18:58

小浜市で4日連続の猛暑日となるなど、22日の県内も気温が上がる中、福井市の一乗谷朝倉氏遺跡では観光客が日傘をさして竹のベンチに座り水分補給をしていた。(7月22日)


22日の県内は4日連続で熱中症警戒アラートが発表される中、気温が上がり、小浜で35.4度と4日連続の猛暑日になった。

また福井で33.9度、南越前町今庄で33.7度などと小浜以外のすべての観測地点でも真夏日を観測した。

厳しい暑さの中、一乗谷朝倉氏遺跡の復原町並みでは、観光客が日傘をさして竹製のベンチに座り、水分を補給しながら休憩していた。

ここでは300個の風鈴とカラフルな15本の和傘が飾られていて、観光地に彩りを生み出している。

観光客は「すごくきれいで、音も涼やかでいい」や、「カラフルで音もきれいで華やか。インスタグラムはしていないが写真を撮った」と話していた。

涼しげな音色を奏でる風鈴と、さまざまな模様のカラフルな和傘が楽しめる朝倉サマーイベントは9月末まで開かれている。

県内は23日以降も真夏日の予想で、熱中症に十分な警戒が必要。