新幹線開業ドラマ 今立地区で撮影スタート

この記事をシェア

  • LINE
福井 2022.11.24 17:45

北陸新幹線の県内開業1年前を記念して県とFBCが共同制作するドラマの撮影が24日から始まり、福井ゆかりの俳優らがさっそく熱のこもった演技を見せていた。(11月24日)


ドラマは1話5分のショートドラマで、鉄道職員の道尾ススムが、北陸新幹線の姿をした不思議な少女かがやきとともに県内各地をめぐりながら、人との出会いを通して福井を好きになるというストーリー。

オール県内ロケで行われ、24日は越前市大滝町で、福井出身の俳優津田寛治さん演じる和紙職人と2人が触れ合うシーンなどを撮影した。

道尾ススム役の本田響矢さんは「この作品を見て、福井に来てみたいと思ってくれる人が1人でも2人でも増えたらうれしい」と話し、かがやき役のAKB48チーム8坂川陽香さんは「記念ドラマを通して、福井の魅力をたくさんの方に知っていただきたい」と話した。

津田寛治さんは「このドラマがいろんな人の心に響いて、話題になったらうれしい」と期待を込めた。今後、いずれも福井出身の大和田伸也さんや高橋愛さんなどの参加も予定されていて、撮影は12月上旬まで県内各地で続けられる。

出来上がった作品は、来年3月にFBCテレビ「おじゃまっテレワイド&ニュース」内で放送するほか、動画サイトなどで全国にも配信される。