龍馬と福井藩との縁 福井市と高知市が協定

この記事をシェア

  • LINE
福井 2021.07.22 19:08

幕末の志士・坂本龍馬と福井藩との縁で、福井市と高知市が21日、パートナーシップ協定を結び、共同で観光プロモーションを展開する。(7月22日)


福井市が坂本龍馬の生誕の地、高知市と結んだのは「観光プロモーション・パートナーシップ協定」。

福井市郷土歴史博物館で行われた締結式には、東村新一市長と高知市の岡崎誠也市長らが出席し、観光面で連携を強めていくことを確認した。

坂本龍馬はかつて勝海舟の命で海軍操練所の建設資金の援助を福井藩に求めていて、福井藩主の松平春嶽が大金を融通した逸話が残っている。

協定によって今後は龍馬ゆかりの地として、共同の観光PRに取り組む。

なお、福井市郷土歴史博物館は龍馬と福井藩の絆に迫る特別展を8月26日まで開催し、龍馬直筆の書簡などおよそ40点を展示している。