福井銀行が福邦銀行を子会社化し経営強化へ

この記事をシェア

  • LINE
福井 2021.01.14 17:13

福井銀行が福邦銀行の株式を取得することで合意し、子会社化を進めるなかで地方銀行の生き残りをかけることになった。(1月14日)


福井銀行と福邦銀行は14日それぞれ取締役会を開き、福井銀行が約50億円を出資して福邦銀行の株式の取得を進めることで合意。

福井銀行は第三者割当によって福邦銀行の株式を取得するもので、議決権を得るのに必要な過半数を取得して子会社化を目指すことに。

一方、福邦銀行は平成21年3月に国から60億円の公的資金を受けていて、来年度中に余剰金を使い全額返済したうえで、福井銀行との交渉に臨むことになる

今後は両行の役員も加わって「Fプロジェクト推進委員会」を新たに立ち上げて、福井銀行が引き受ける株式の単価やエリアで競合する支店をどう整理していくのか調整することに。

両行のブランドは残す方針だが、菅政権が地方銀行の再編を打ち出す中、両行はグループ化を進めることで収益性を高め生き残りにかけることになる。