コロナ入院中の80代2人死亡 第4波で初

この記事をシェア

  • LINE
福井 2021.04.07 15:15

新型コロナウイルスに、県内で新たに経路が分かっていない2人の感染が確認されたほか、いわゆる第4波で初めて、入院していた80代の男女2人が死亡した。(4月7日)


新型コロナウイルスに感染したのは、福井市の40代の会社員女性と敦賀市の20代の会社員男性で、いずれも感染経路は分かっていない。

また、県内が感染拡大のいわゆる第4波に入ってから初めて、入院していた80代の男女2人が死亡した。

県内の感染者の累計は628人で、このうち65人が入院していて、重症患者は1人。亡くなった人の累計は27人となった。

県は今月16日まで感染拡大警報を発令し、予防の徹底を呼びかけている。