コロナ禍の3連休 人の動きも活発に

この記事をシェア

  • LINE
福井2020.11.21 11:44

新型コロナウイルスの感染が全国的に広がる中、21日から3連休が始まり、県内でも人の動きが活発になっている。


このうち、福井市のJR福井駅東口のバスターミナルでは、朝早くから家族連れが県立恐竜博物館行きのバスを待っていた。

バスは10月に登場したラッピングバスで、感染対策として座席の数を27席から15席に減らし運行しているが、3連休では約6割が予約で埋まっている状態。

また、新型コロナウイルスの影響で、8月24日から止まっていたJR福井駅と小松空港を結ぶ路線バスも21日から運行を再開しており、感染対策をとりながらも人の動きが活発になっている。