小浜の飲食店でコロナ感染県が相談窓口設置

この記事をシェア

  • LINE
福井2020.10.16 17:39

新型コロナウイルスに小浜市の飲食店のスタッフ4人が新たに感染し、県はクラスターの可能性もあるとして相談窓口を設置した。(10月16日)


新型コロナウイルスに感染したのは、いずれも小浜市にある飲食店「濱の四季」のスタッフで、50代から70代の女性3人と60代の男性1人の合わせて4人。

このうち50代の女性は10月14日に発熱し感染が分かったもので、濃厚接触者として同僚3人を検査して感染が確認された。

店は御食国若狭おばま食文化館の別館で、4人は調理や接客をしており、16日から2週間程度休業する。

店の運営を業者に任せていた、小浜市の松崎晃治市長は「県が実施致する積極的な疫学調査に協力して、市民の安全を守るために最善を努めていきたい」と話していた。

県ではクラスターが発生した可能性があるとして、若狭健康福祉センターに専用窓口を設置して、今月10日以降の利用客向けに相談を受け付ける。
連絡先:若狭健康福祉センター0770-52-1300