122日 ()

福井市
  • あわら市
  • 越前町
  • 越前市
  • 永平寺町
  • 福井市
  • 池田町
  • 勝山市
  • 美浜町
  • 南越前町
  • 小浜市
  • おおい町
  • 大野市
  • 鯖江市
  • 坂井市
  • 高浜町
  • 敦賀市
  • 若狭町

-/---%

FBCラジオCMコンテスト/ラジオCM制作のポイント

FBCラジオCMコンテスト/ラジオCM制作のポイント

ラジオCM制作のポイント

大石タケシ さん(電通CMプランナー)に聞いた!
ラジオCM制作のポイントとは?
ポイント① どんな音や、会話が流れてきたら聞く人がハッとするか?
ラジオCMは、聞き流されやすいもの。だからこそ、どんな音や、お話し、会話が流れてきたら、ラジオの前の人たちがハッとして最後まで聴きたくなるか。惹きつけるアイデアを考えてみてください。
ポイント② 最後まで聞いて、商品のことがわかるか?
今回のテーマは「SDGs」なので、最後まで聞いたときに、「SDGsって、なんか素敵だな。」とか「面白いな」
「怖いな」とか、CMを聴いた人がSDGsに興味をもってくれることが大事。
ポイント③ 映像のあるテレビCMとは違い、音だけで表現し、
想像をかきたてるのがラジオCM。

たとえば、「ここはアフリカ。」というナレーションと「パオーン!」という象の鳴き声があれば、アフリカにいることを想像させられます。温暖化の話しをしたいとき、「どうも、太陽です。」と言えば、太陽が主人公の話になります。
ピンポンパンポン〜♪のアナウンスを使ってお知らせのように伝えてもいいですし、排気ガスの話をするなら「ブーン!ブーン!ブーン!」というエンジン音だけで作ってもいい。
SDGsがテーマですが、だからと言ってマジメで、お利口な内容に縛られなくてよいと思います。笑ってしまう内容
だったり、ホラーテイストだったり、ものすごく泣ける話しでも、最後にSDGsが印象に残ればなんでもアリです。
ポイント④ 企画する順番
 まずは最初に、「このCMで自分はSDGsについて、どんなことを伝えたいんだろう。」という、「何を伝えるか(what to say)」を決めたあとに、どんなシチュエーションにするのか?登場人物は何人?主人公は人間、宇宙人、道に咲いてる花?ギャグ、ホラー、泣ける話し?など、「どう伝えるか(How to say)」を考えると企画しやすいかもしれません。
 
「放課後★LIVE CROSS」でもポイントを紹介しています。
パーソナリティ・大川晴菜が考えた「SDGsとわたし」をテーマにしたラジオCMを
CM制作のプロ・電通CMプランナー・大石タケシ氏がチェック !